BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-

結局原作を予習できないままに臨むこととなってしまったのですが、映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』を見てきました!公式ツイッターのテンションが肌に合わなくて(2回目)、作品のテンションも肌に合わないやつだったらどうしよう・・・、って思ってたのですが、全っっっ然!全然おもしろかった!! ふつーに楽しかった!! みんな見てほしい!おもしろいよ!
やくざがヘマして、内臓か足かアイドルになるかって選択を迫られて性転換をしてアイドルになるってお話なんですけど、そのストーリーのトンチキさにふさわしい、かっこいいところはかっこよく!ヤクザ映画っぽさは本気で!可愛いところは可愛く!おもしろさは全力で!ってなにもかも振り切ってて、とっても満足度の高い映画でした(◎`v´◎)!女優さんなんかは、中身男(っていうか漢)なのをすっごく完璧なんだけど“完璧な演技”って意識させないような自然さで演じられてて、ほんとすごいなー!って思いました。しらすさま変身後のアイリちゃんが、元恋人とその子どもを切なげに見ている表情とか、あーしらすさまそういう顔する・・・!って思った!

そしてそして、なによりしらすさまかっこよかったです・・・(ノнヾ〃) 本当ーに1年前の私は、よもやしらすさまのこんなやくざ役を見られるとは想像もしていなかったです。(性格が)悪かったり、かっこよかったり、恋愛ものだったり、刑事だったり、そういうのはもっともっとってたくさん思ってきたけど、こういう方向への悪い、かっこいい役は全然想像していなかった!けど、めちゃくちゃにハマってた・・・!こんなにしらすさまにやくざ役が似合うなんて!本当に芝居の幅の広さが素晴らしいなと、改めて惚れ惚れしましたVv かっこよかったぁー(〃´ x `〃)Vv
お芝居の迫力もそうですし、アクションシーンもすごくかっこよかったですVv 今まで警察官としての立ち回りこそあれど、ここまで殴って蹴っての本格的なアクションは初めてですよ、ね・・・?すっごいかっこよかったんだけど、暗い&早いからDVDでゆっくり再生して堪能したい(笑)。もう本当ーにかっこよかったし、やくざ役って役の幅とともにアクションがこれだけできるっていうのは、また今後のお仕事がすっごく楽しみだなー!って思いました(´后) もっとアクション見たいです!! んでもう、クライマックスシーンでアイリちゃんが日本刀を手にしたとき、あーこれしらすさまでも見たかったなーって思った瞬間!回想シーンになってまさにしらすさまが日本刀でバッサバッサと敵を切っていく様が流れて、監督神かよ・・・(´-人-`) ってなりました。ありがてえ。

そんで、今日は公開記念舞台挨拶でした(もう今って金曜日公開がデフォだから初日舞台挨拶って言わないんだね)。2回目の新宿だけ参加してきました。私、別に本編を見ずに舞台挨拶だけはしごする人の気持ちはめちゃくちゃわかるし、売る側がそういう売り方をしている以上それを否定する気は全然ないんだけど、自分はあんまりやりたくないなーって思ってて(っていうかケチなので払ってるお金分映画ちゃんと見たい・・・)、発表される前3回くらいあるんだろうから1回目と3回目見たいなーって思ってたらいざ出たの1回だけで、それならってそこ取ったのに、チケット抽選終わって買ってしまってから、その前と後の回追加するよ!って発表するものだから、もうどう考えたって本編見ないで回らなきゃだめじゃん!ってなって、悩んだ挙句そのまま素直に真ん中の1回だけ本編ふるふるで見てきました。もう・・・(-_-#)
しらすさまは「山本けんたる・・・」っていきなり役名噛んでて(役名、山本健太郎)、可愛かったです。で、主演なので最初に挨拶されてたんですが、雪のことを話して終わりに「この後、雪の話題禁止ね」って自分がやられたら嫌であろうことを平気でやってのけるそういう性格悪いところがほんと好き・・・(ノнヾ〃) ってなりました。今日もしらすさまがお変わりなく、よしかさんは嬉しいです。
けどね、自分が話を振られたんじゃないタイミングで、ほかのキャストさんのお話を受けて「思ってたんですけど、」って話しはじめてしかも最終的に監督への質問へつなげてて、そのお話っぷりにもうほんとしらすさまお変わりになられたなー!とも思ったのでした。
あとなんか・・・!書こうと思ってたことがあったのに!これはメモらなくても覚えてるだろうなと思ったからメモも取らなかったのに忘れている私の鳥頭ヽ(・∀ .)ノ あ、思い出した!岩城滉一さんについてのお話で、あ、岩城さんは組長だったんですけど、「あんな歳の取り方をしたい」って仰っててほほー!ってなりました。それはそれは楽しみがすぎます。しらすさまがあんな歳の取り方をしてくれたら、私一生しらすさま推していられるよね、まじ70歳とか80歳くらいまで。人生はっぴーすぎる(毎日「死にたい」と唱え続けている情緒がアレなかばさん)。でもきっと、若手3人はいろいろ受け取り成長する場だったんだろうなーっていう、花沢くんも温かく(自分たちの芝居を)受けてくれたって言いつつ「思うことはたくさんあったと思うんですけど」って言葉を加えてたし、しらすさまも優しかったけど「丸くはなってない、圧倒的なつかみどころのなさ」って感じの表現されてて、あーなんかほんとそういう先輩と(しかもやくざものでの岩城滉一・・・!)(だけでなくね!大杉漣さん然り)絡むお仕事があることは、ファンとしてすごく嬉しいなーって思いました。いやー本当にファンとして満たされた作品でした。

で!当作、監督さんもキャストさんもそのままにドラマ版もやります!MBSで2月17日24:50〜、TBSで2月19日25:28〜です!たぶんきっとドラマ版もおもしろいと思うし、しらすさまかっこいいので・・・!ぜひ、見てください(*゚∀゚)

REPAP DIARY

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

others

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.