優くんと納谷くんの劇ジャン

優くんと、高校の同級生の納谷くんがイベントをやるってことで!5月27日の大阪と、6月2日の東京、計4回参加してまいりましたーo(*゚∀゚*)o
私、納谷くんは笛で1回見たことがあるくらいで・・・、ほぼほぼはじめましてかな?納谷くんの人気具合もわからず、チケット取れなかったらどうしよう・・・(ノll゚Д゚llヽ) って思ってたけど、無事に行けてよかったです!めっちゃ!めっちゃ楽しかった(o≧V≦o)!!!! もう、納谷くんめっちゃ大阪人!MCの方(以下ひのけんさん)も大阪の方だったのでお話うまいし、すっごい充実してました。個人的には特に大阪のほうがたっぷりに感じられて、だから大阪まで行ってよかったなー!ってなりました。
大阪の感想を書き終わる前に東京も終わってしまったので、日時ごちゃまぜでざっくばらんに、またレポじゃないけど感想書き残しておきます〆(・u・) あ、私優くんのファンなので・・・、ほとんど優くんの話しかしないと思うけど、ご容赦ください_(:D) ̄|_


まず、まずこれ。まず全力で謝らなくてはならないことが。優くんの、右側の前髪の脇のあたりにある金髪メッシュの部分、あれ優くん染めてるんじゃなくて生まれつきなんですって・・・!特に調べたわけじゃないけど、家族の中では白斑?だろうってことになってるってことで。・・・厨二とか言って全力でごめんなさいm(_ _ )m いや、でもそう思ってしまったのは日頃のあれもあると思ごにょごにょ(=艸= ) でもなんか、いい感じにしゃれた位置にあるよね!だから染めてると思ったんだもん。優くん、自分の好きなところそこのところらしいです。厨二とか言ってごめんなさいm(_ _ )m あとで過去記事も訂正入れておきますね。

さて。今回のイベント、とーっても優くんの印象が変わりました。高校時代からのお友達の納谷くんとってことで、今まで見てきた感じと全然違ってた。優しくて、まじめな印象は変わりないんですよ、全然!むしろ、本当ーーーに優くん優しい人だなーっていう印象はさらに強くなった。ほんと優くん優しすぎて、感動するくらい優しかった(;v;)
でもね、納谷くんがその言葉を使ってたので敢えてそのまま書くけど、ポンコツだった(・。・) ・・・私の人を見る目がなかっただけかな?今までテニミュのイベントとかで見てきて、優くんにポンコツのイメージありました?ドポンコツ言われてて、優くんもそれを受け入れてたけど、ドポンコツの印象ありました?もうめっちゃふわふわしてて、天然で、可愛くて・・・。今まで抱いていたイメージと全然違ってた。だってさ、宇野さん一番優くんがキャラに似てるって言ってたじゃん!いや確かに優しいところとまじめなところはすごく似ていると思うけれども!私は納谷くんが今まで演じられてきたキャラクターの性格を存じ上げないのであれなんですけど、イベントの最初に、お客さんはいろんな作品を見てキャラクターのイメージとかあるかもしれないけど、全然違うから!嫌いにならんでね!(回によっては「イベント見に来た方が悪い!」的な言い方してて笑った)って注意してて、優くんも「キャラ(大石先輩)はね、しっかりしてるんですよ・・・」ってガチ凹みテンションで言ってて、すこぶる可愛かったです。
でね、大阪から帰ってきて翌日にイベントを反芻しながら、でも今までそういう印象じゃなかったってことは、役を演じているときに限らずテニミュの現場やイベントではきっと、副部長でいようって頑張ってくれてたんだな・・・、って思ったら・・・(;ω;) 推せる、って思いました。思って、ああ私優くん推そう、って思いました。前にも書いたんだけど、私の中でテニミュを見ただけで“推し”って言うのはちょっと自分の中では定義と違うなって思ってて、さらにイベントで推すのも違うなって思っててだって彼らの本職はイベントじゃないから。でもさ、演技とかご本人の性格とか見た目とか、そういうの全部ひっくるめて好きになれないと全力で応援できないから私、今回のイベントで知れた優くんの性格の部分が大きすぎました。
だってさ、できる人がポンコツを演じるならできるけど、ポンコツな人がしっかりした人を装うってできないじゃないですか。できないからポンコツなんじゃないですか。でもさ、そうであってくれてたんだよ、優くんは。勝手な想像だけど、すっっっごく頑張ってくれてたんじゃないかなって思って。卒業挨拶のときに、「僕たちは家族だから、相談があったらいつでも僕のところに来てください」って優くん言ってて、絶対優くん相談される側じゃなくてする側でしょって思ってはいたけど(・・・書いてて思ったけど、“ポンコツ”とは思ってなかったけど、改めてそう考えると私も相談される側ではないんだなっていう察しはあったんだなw)(台無し)、青学の中で優くんはそういう副部長ポジション、大石らしい存在であろうってしてくれていた、その表れだよね。そう思ったら、優くんありがとうってなって(;ω;) 今まで抗ってきたけど(笑)、素直に推したいって思いました。だからちゃんと応援していこうって誓いました。

いやーでもほんとふわっふわでした。全部知ってる納谷くんと一緒だったから、たぶんこれが素に近い状態なんだろうなーって思うんだけど、ほんとすごかった。将さんの影に隠れてたけど、よく隠れてたよ(笑)!
夏と冬どっちが好き?って質問(ちなみに優くんは着込めるから冬)から、納谷くんが虫苦手って話になって、去年の夏に納谷くんの家の前でカブトムシが死んでたって話で、優くんが東京でカブトムシとかめっちゃレアやん!ってテンション上がりながら、突然「なんでカブトムシってメスのほうが力強いんかな・・・?」って呟いたり。“得手不得手”を読んだ納谷くんに対して「得意不得意じゃないの?」ってナチュラルに聞いて、客席からの悲鳴(笑)と納谷くんのリアクションに「えてふえて?えてふえてって言うの?どっち?ほんまにどっち?」って自分が騙されて遊ばれているのではないかと心配になり「えてふえて?」を連発したり。「10年後どうなっていると思いますか?」的な質問に、「考えてもみてください、今生まれた子が10歳になるんですよ」とか意味わからないことをドまじめに言ってみたり。終始そんな感じの優くんに、納谷くんが高いテンションでツッコみ続けるので、疲れて「あ゛ーーー!!」ってなるんだけど、そんな納谷くんに「疲れた?」って優しく聞いちゃう姿も、優しさと天然があいまってもう可愛いし(T_T) 納谷くんが客席に向かって「(優くんのこの感じに)みんな疲れたら1回立ってええで」って言ったら、まず先に立ち上がって「お前じゃない!お前が疲れるな!!」ってツッコまれる優くん可愛いし、ほんといいコンビ。「こんなやつと仲良くなったらあかんで、みんなは友だち選びや!」って言う納谷くんに対して、ボケとかじゃなくて本気のトーンで「大変やと思う」って答える優くんも、「(優くんの)しょーもない話で笑ったらあかんよ!これでええんやと思ったらつけあがるから!こいつが成長せん!!」って言う納谷くんに「よう言うた」って言う優くんも本気だし、納谷くんこれは疲れるだろうなーって思った(笑)。けど、その根っこにあるのは優しさなんだよね。優くん本当ーーーに優しいの(T_T) だから好き。
本当に納谷くんと一緒だったからこそこの優くんは出てきたと思うので、今回納谷くんと一緒でよかったなー!ってすごく思ったし、また一緒にイベントやってほしいなーって思ったし、納谷くんは大変だと思うけどこれからも松村優をよろしくお願いしますって思いました(笑)。


さて質問コーナーから印象に残ったやつを書き残しておきます。
まずは、高校の同級生ってことで高校時代のお話が多かったので、そのあたり。初対面のときの印象の質問があって、納谷くんが話してくれた優くんの姿が衝撃的でした。優くんたち行ってたの芸能系の学校なのかな?卒業公演がーとか言ってたから、そうなのかなって思ったんですけど、学科?のクラスが1クラスしかないからこれから3年間よろしくねーアドレス交換しようーってタイミングで、今みたいに身長が高くなかった優くんは(大阪では144cmって言ってて、東京のときに150cmちょいって訂正していたのですが、「さすがに144cmは盛りすぎた、低すぎる」って言ってしまい、当時138cmだった納谷くんに怒られる^^)、ボーダーのパーカー着て、黒縁のだっさいメガネかけて(大阪ではもうちょっと穏やかな表現だったんですけど、東京でオブラートがなくなってて笑った)、スポーツ刈りで1人座っており、それを見た納谷くんは陰キャなのかなって思った、ってまだそこまではいいんですけど!そんな姿の優くん、ドラムスティックでリズム刻んでたんですって!やばくない?! ・・・やばくない(゚д゚`;)))?! 話聞く限り、高校生活初日だよ?! みんながアドレス交換してる中だよ?! 1人で、教室で、ドラムスティック持ってきて叩いてるんだよ?! ヤバい。ヤバすぎる。十万石饅頭みたいになっちゃう。しかも、ドラムやってないんだって!優くん曰く、これからやりたいと思っていたらしくて、「やってんの?」って声を掛けてもらって「やってないねん、これからやるねーん!」って言いたくて、構ってほしくてそんなことしていたらしくて・・・。やばい(゚д゚`;))) 「それがかっこいいと思ってた時期なんですよ!」って言ってたんだけど、松村優想像以上にやばい人だった( ;´Д`) 優くん、未だにちょっとこじらせてると思ってるんだけど(笑)、当時に比べればうーーーんとよくなってるんだなー!って思いました\(^O^)/ きっともうちょっとで完治できるから頑張ってほしいナ!
でもカラオケのときにちょろっとドラムボーカルやったことあるって言ってたから、今は叩けるのかな?! え、それはそれで別の意味でやばいんですけど。優くんドラムできるの?! ダンスも踊れて、歌も歌えて、ドラム叩けるの?! え、見たい・・・。やばい・・・(*´Д`*)

ちなみに優くんと納谷くんはダンス部だったそうです。優くんダンス踊れるのは高校時代にやってたからなのかー。

これどういう質問のときにそういう話の流れになったのか忘れちゃったんですが、ひのけんさんが「どっちが頭よかった?」って聞いたとき、「俺ちゃう?!」って優くんすくって立ち上がったんだけど、いろいろ話した結果納谷くんのほうが頭よかったの笑いました(○´艸`) 納谷くんはYDK(やればできる子)で、テスト前とか必死に勉強すれば下手すれば1位とか取ることもあったって言ってて、優くんは(何人中だかわからないのですが)35位とかで・・・。そのまんまツッコまれてたんですけど、優くんなんで「俺ちゃう?!」って立ち上がったの?可愛い・・・(ノнヾ〃)
一応優くんの言い分としては、納谷くんが文系で、優くんが理系で、理数科目で勝ってた?から、勘違いしたみたいです。で、納谷くんは数学は好きなんだけど、算数で単純に間違えることが多くて足し算とか掛け算とかが苦手、って言ったら、優くんがとっさに「1×1は?」って聞いて、優くんwww ってなりました(*゚艸゚*) 納谷くんは3桁とか、そういうのがダメって意味で言ったみたいなんだけど、九九にしてもせめて7の段とかにしようよ(できないかばさん^^)って思いました。よりにもよって1×1www はー、飽きないなー。
あとさ、割と不思議だったの「一生」って言葉の使い方なんだけど、優くん「俺、古典の先生に一生職員室に呼ばれてました」って言ってたのね。納谷くんもなんかのときに同じようなニュアンスで「一生○○だった」使ってて、これは方言ですか?それとも世代?? おもしろい「一生」の使い方だなーって思った。

学生時代にした1番悪いことは、打ち上げ花火しちゃいけないところで打ち上げ花火したこと。・・・可愛すぎる(ノнヾ〃) いやほんとはもっとあって、言えるやつがこれだったのかもしれないけれども(まあでも恐らくそう悪いことはしていないだろうなと伝わってくる2人の雰囲気)。これがさっと出てくるのなんなの?計算なの?可愛すぎる。


大阪の夜の回で、好きな女性のタイプ教えてくれました(* ´艸`)Vv めもめも〆(゚▽゚*)!
大人の、お姉さんみたいな優しく包み込んでくれるような、お母さん的な優しさのある人。ですって!! 言葉は定かではないですが、お姉さんともお母さんとも言っていた記憶(*´ρ`*) かばさん高校時代にクラスのおばあちゃんぽい人ランキング1位だったんですけど、おばあちゃんじゃだめですか・・・!必死^^ とりあえずこれから、優しく包み込んでくれそうなお姉さん的なファッションを頑張りたいと思います(`・Σ´・ゞ)
で、この質問は、納谷くんから優くんへの質問だったんだけど、優くんが答える前に「俺は知ってるからな!嘘吐いたらバレるぞ!!」と釘を刺されてたんですね。で、優くんの答えを聞いて納谷くんは「違うと思う」って、そう言いながらおもむろに客席を歩きはじめまして、でそのまま、普通ーにチケットを取って見に来てくれていた当時一緒につるんでいたお友だちのところへ突然「どう思いますか?」って聞きにいってました、笑った。そのお友だちは「半々」ってびみょーな答え方されてたんだけど、納谷くんは「真逆やと思う!!」「客層見て、年上多いなー思って、あわせたやろ!!」って言ってんの大層失礼じゃない?めっちゃ笑ったけど(゜艸゜ ) 納谷くん、敵を作りやすいって自分で言ってたの超理解だわ^^ でもあまりに「真逆」を全力で繰り返していたので、きっと今カノか元カノか優くんの好きな子か、とにかく納谷くんの知っている“存在”が、優くんを振り回す系の年下(ないし同い年)のきゃっきゃした元気っ子なんだろうなーと察しました(´=v=`) 納谷くんよ・・・(´=v=`)
一応その話は、優くんの好みが納谷くんが知っているものから変わった、という方向に落ち着かせていました。今は優しさが欲しい時期だそうです可愛い(〃´v`〃) そう言われて、確かに好みというのは変わるのかもしれないなーと私も思いました。私も元来性格が悪い人が好きだったはずじゃないですか・・・!こんな性格のいい、優しい人とかハマらなくなかったです?! 今は優しさが欲しい時期なのかなー疲れてるのかなー(笑)。

人生で1番テンション上がったのはテニミュのオーディションに受かったときだそうです。手ごたえなくて、受かると思ってなくて、だから連絡来たとき道端で1人で飛び跳ねたそうです可愛い(*´v`*) で、その飛び跳ねについてなんかツッコまれたんだったかな、ちょっと流れ忘れちゃったんですけど、それに対して「こんなに出たかったんだから、こうなりますよ」ってさらっと言っててね、それくらいテニミュに出たかったんだなーっていうのが、嬉しかったなー(○´v`○)

あとこれ!これ可愛かった緊張をほぐす方法!まず最初に話してくれたのが、舞台に立ったときのこと、お客さまのことを考えながら、ずーっとぐるぐる歩き回るやつで、これは普通かなって思ったのですが、そのあとドまじめに「あとは、ベタに人って字を3回書いて飲みます。これほんまに聞きますよ!」って本気の本気で言ってて可愛かったです。そのあと納谷くんが、緊張すると視野が狭くなるから、もっと地球規模、世界規模で考えて、こんな小さいことで緊張してる自分小さいなーって考えるっていう、ちゃんとした(笑)やつを言ってくれたんだけど、それにも負けじと「でも人って字を書くのもほんまに効くから・・・」って言ってて、もう本当に可愛かった(ノvヾ*)Vv でもって、その後、なんかその納谷くんのお話の比較対象として?なんか香川県が出てきたんですよね、香川県くらい小さい、みたいな感じで(その後香川の人に謝ってました)。そしたら突然、優くんが生き生きと「香川のうどんってめっちゃうまいよ!」って香川のうどんについて語りはじめて、1人でめちゃくちゃ語りだしました。暴走してました。可愛かった・・・(ノvヾ*)
そう言えば、最後の晩餐変わってた!テニミュのイベントのときはお好み焼きって言ってたけど、豚汁になってた(○^v^○) 1回豚汁って答えて、それから「あ、豚汁じゃない、待って」「優しい味のものがいいな・・・」って言ったら、納谷くんに「優しい味のものがいいから豚汁って言ったんやろ!」ってツッコまれ「あ、そっか。じゃあ豚汁で」って豚汁に落ち着いてました。ぽわぽわしてるよー可愛いよー(*´v`*) ちなみに、その日のなんかの話で優くんの記憶力が乏しいっていう話になってて、その時に昨日の夕飯も覚えてないってことを言ってたんだけど、ここで「昨日も豚汁食べた・・・、あ!覚えてた昨日の夕飯!」ってなって、納谷くんに「あ゛ーーー!!」ってなられてました(笑)。

それから、優くんから納谷くんへの質問ももちろんあって、大阪の昼の部での質問が、「いろいろな役を演じていますが、似たような役を演じているときはどのように切り替えていますか?」っていう、それ裏ですればいいのでは?っていう質問でした(笑)。私この質問を読んだだけだと、納谷くんと似たような役なのか、納谷くんが演じているキャラクターの中で似たキャラクターなのかわからなかったんだけど、納谷くんは後者として回答していました。そのご回答が、まくしたてるような勢いで「甘いねん!まず、似たような役はあるかもしれないけど、その役がたどってきた道は全然違うから、それを作り上げればおのずと全然違う役になる、切り替えとかじゃないわかっとけ!」っていうもので、一応読みやすいように句読点入れたけど、納谷くんは句読点なんてないような勢いでガー!って言ってて、それはこれがイベントだから敢えてのパフォーマンスとして叱るような勢いで優くんに言ったわけなんだけれども、それを受けて優くんがまじめーに「あーーー、なるほど。勉強になりました」って感心してて、もう優くんのまじめさといい人っぽさが存分に出つつも、納谷くん欲しかったのそういうリアクションじゃなくて、「ちょっとは悔しそうな顔せえ!」ってまたキレられてました。これぞ暖簾に腕押しだなーって思いました。

東京のイベントはどっちかって言うとわちゃわちゃしてる2人を愛でるイベントって感じで、そんなに新たに得られた情報ーって感じはなかったんですけど、これ!優くん、長男だった!聞いた瞬間、頭を抱えた(ノнヾ〃) 私、今まで好きになったキャストさんほぼ長男なんですよ・・・。優くんも例に漏れずだった、やっぱりなーっテユー。しらすさまに続き、優くんもザ・長男って感じではないのに。なんでだ・・・。弟2人いるそうです。

あと東京でお互いの似顔絵を描いてくれました!左が優くんが描いた納谷くん、右が納谷くんが描いた優くんです。・・・これまた頭を抱えた(ノнヾ〃) いやまあ、ああいう字を書かれる優くんですからなんとなく想像はしておりましたが、絵もまた味のあるのを描く人だった。SUKI・・・。私、絵と字が汚い(というか、いかにも男子っぽいやつを書く)男子が好きなんですよ。もうほんと優くん好きになる要素しかない(ノнヾ〃) どうなってるの・・・。しかも「ちゃんとしゃべってるんですよ」「ポイントは髪型です。髪型が1番うまくできました」って、納谷くんの隣に絵を並べてちょー嬉しそうに笑うの。可愛すぎません?可愛すぎる。イベント中ずっと、優くんが嬉しそうに笑う笑顔が好きだなーって思ってました。はー可愛い(*´д`*)Vv
納谷くんはちょーうまいね?うまいけど、優くんの似顔絵かって言われると、違うよね(笑)。
そういえば優くんはサインできたんですね。ジョイサウンドのときは『松村優』って漢字で書いてたけど。

あと優くんやばかったの、「あだ名ってなに?」発言かな(笑)。そこからなぜか優くんの名づけの理由の話になったんだけど(笑)、第一に優しい子になってくれるようにで、第二に呼びやすいから、だそうです。ていうか、優しい子になってほしくて“優”って名付けて、ここまでその通り優しい子になるなんてことある?! ご両親、どんな育て方したんですかすごくないです?! でも『松村優の育て方』出してほしいなーとは思わないけど、優くんの場合は(笑)。ドリライかなんかの感想でも書いたけど、私ここまで名が体を表している人に出会ったことないよ。ほんとーにすごいなーって思う。将来子どもが生まれたら(1ミリもそんな予定はないし、そんなつもりはない)(子どもが嫌い)、“優”って名前を付けようって思いました。

それから優しいエピソードだと、「ここは誰にも負けない、ここは弱いというころを教えてください」という質問で、(まず弱いところとして「俺は頭が弱い」って答えてたw)絶対怒らないって言ってました。これもすごい聞きたかったことだから、聞けてすごく嬉しかった!優くんって怒ることあるのかなーってずっと気になってたんですよね、あまりにいい人だから。で、ご回答、今まで1回だけ怒ったことあるそうです。「しょーもないんですけど、」って前置きしてたんだけどね、まあしょーもないと言えばしょーもないけど、でもしょーもなくないんですよ。
小学生、の頃とかの話だったかな、お母さんに買ってもらったシャーペンを、友達に投げて壊されちゃって、その時だけは怒ったそうです。「買ってもらったんやぞ!!」って。自分で買ったやつだったらいいんだって、せっかく買ってもらったのに、それを壊されちゃったから、それだけは許せなくて怒ったんだって。・・・(;ω;) いい子すぎません?やっぱり出してほしい、『松村優の育て方』。しかもさ、学生時代の話じゃないですか、私の感覚がおかしいのかもだけど、その頃って親に文房具買ってもらうの普通じゃないですか?自分で稼いでるわけでもなし、勉強道具普通買ってもらうじゃないですか。もしかしたらすごい優くんが欲しくて欲しくてねだったやつだったのかもしれないけどさ、それにしても。お母さんに買ってもらったものを、そこまでちゃんと“買ってもらった”っていう感謝の気持ち持って使ってて、自分で買ったならいいけどでも違うからお母さんのために怒れる、って(;ω;) 優しすぎる。出木杉くんだよ。優くんってほんと、人の幸せを喜び、人の不幸を悲しめる人だよね。出木杉くんじゃなかった、のび太くんだ。あーなんか今打っててめっちゃしっくりきた、優くんのび太くんだね!そういえばしらすさまも今演ってる役のび太くんって言ってましたね!私の推し2人はのび太くん(謎)!
本当に今回のイベント見て、優くん優しいなーって思った。とにかく優くんの優しさがこれでもか!ってくらい感じられて、優くんすごいなーって思ったし、尊敬した。私、すぐキレるし、怒るし、イライラしちゃうし。で、イベント翌日から、私のテーマは“頭の中に松村優を飼う”になりました。怒りそうになったら、イライラしちゃったら、優くんならどうするかなーって考えるようにしたいなって。たぶん元々がキレやすいから、すぐ持たなくなると思うけど・・・!今のところ、だいじょぶ(まだ3日である)。もう今更優くんみたいな聖人にはなれないけれども、少しでも好きな人を見習って、好きな人に近付きたいって思った。それくらい優くんは素敵な人だなーって思いました。尊敬する(。-人-。)


それから今回、大阪でイベントコラボのスイーツという初めて見るものがあったので、せっかく行ったしーと思って食べてきました( ´艸`) 見ておわかりの通り、生クリームになにかフルーツのシロップ的なあれがかけられていて、私そういうのとってもダメなので極力使わないように気を付けつつも、頑張って完食しました。
イベント中、宣伝として食べてたんだけど、出てきた瞬間ストローを「ネギかと思った」って言ってました優くん。で、納谷くんもひのけんさんも親切心で同意してあげてたのに、優くんがまじに受け取って「そうやろ?!」って嬉しそうにしてて可愛かったです(〃´v`〃)
で、納谷くんが一生懸命どういった趣旨でこのスイーツを作ってもらったか、どういうところにこだわったか説明してくれてたんだけど、まー絶妙ーな(よくない)タイミングで「コーヒー豆!」って叫んだり、「コーヒー豆じゃなくてチョコレートだったwww」って1人ツボってたりして、ほんと優くん自由人でした。まじほんとテニミュのイベントなりで見ていて優くんがこんな人だなんて誰が想像しました?! なんか、突然カブトムシのオスメスの話しちゃうのとか、突然香川のうどんについて語りだしたりとか、こういう「コーヒー豆!」とか、テンションがハイじゃない一慶たん味があるなーって思いました。


と、イベント後半はカラオケコーナーでした♪ 高校時代、多い時は週6で行ってたらしいです。優くんの歌唱力はここで鍛えられたのですねー。歌が終わると、時間がもったいないから演奏停止押して終わりにする感じとか、めちゃくちゃ普通のカラオケぽかったです(笑)。そうそう、普通のD.A.M的なカラオケだったから、納谷くんが歌ったなんかの曲で平牧さんが映ったんですよ!そしたら、優くん特になにも言わなかったけど画面二三度見して、あれ?あれ?? ってリアクションしてて、大石先輩に反応してるの嬉しかったなー(^v^)
そうそう!カラオケコーナーはじまる時に、音楽は歌がじょうずとかじょうずじゃないとかじゃなくてハートなんですよ!ってことで、優くんが「ここです」ってトントンって胸を叩いてたんだけど、ドリライのときに続いてやっぱり右側の胸部分叩いてて、納谷くんに「こっち(左)な」って指摘され、心臓の位置を把握してました/(^O^)\

で、歌ってくれたお歌、めっちゃ曖昧な記憶の歌手名から無理矢理記憶引きずり出したやつなんで、もしかしたら全然間違ってるかもしれないけど(そして優くんのだけでごめんなさい)!
大阪の昼の部が、優くんの尾.崎.豊『I LOVE YOU』からはじまって、その後納谷くんがク.リ.ス・ハ.ー.トの『I LOVE YOU』歌って、これてっきり納谷くんが『I LOVE YOU』被せしたのかと思ったんだけど、東京で納谷くんがキレ気味に、事前にお互いこういう歌を歌おうと思うーってラインナップは送り合ってて、納谷くんはちゃんとそこにク.リ.ス・ハ.ー.トの『I LOVE YOU』を入れてたのに(東京でも歌ってたし十八番なんじゃないかな^^)、じゃんけんに勝った優くんが先にそのラインナップに入れてなかった尾.崎の『I LOVE YOU』歌っちゃって、「俺が被せたと思われるやん!!」って言ってて、まんまとそう思っちゃってたので、納谷くんごめんwww って思いました。あと、f.l.u.m.p.o.o.l(納谷くんがPVの最初の女の子の顔真似してたから、なんか女の子が泣き顔みたいな顔するやつ(雑))、N.i.s.s.yの冬の歌。この回は1番だけでおしまいにしてたので、たくさん歌ってくれました♪
夜の部が、H.Y『366日』。で、その後歌った納谷くんがキ.ン.キの『Anniversary』でちょっと2人の真似みたいな感じで歌ってて、あそういう(モノマネ系)感じ?って優くんが歌ってくれたのがラ.ル.クの『虹』。これがなかなかに似ててびっくりしたー!あと最後に2人でス.キ.マ.ス.イ.ッ.チの『奏』。
東京昼は、中.西.保.志さん『最後の雨』と、2人でク.マ.ム.シ『あ.ったかいんだからぁ』。
夜の部は、b.a.c.k n.u.m.b.e.r『高.嶺の花.子さん』、斉.藤.和.義『歌.う.た.い.の.バ.ラ.ッ.ド』、最後に2人でA.A.Aの『さ.よならの前に』を歌ってくれました。
もーっと全然知らないお歌ばっかりになっちゃうの覚悟してたので、思いのほか聞いたことある歌手の方のお歌が多くて(歌そのものは全然知らなかったけれども)、あとバラードが多めで!それがなにより嬉しかったです(〃´v`〃) すごいじょうずだったーVv 惚れ惚れしましたVv


そして大阪の夜の部では、優くん納谷くんから、お手紙も読んでくれました。これ、大阪だけだったから、大阪のほうが質問回答とか充実していたのもあって、本当ーーーに大阪行ってよかったって思った(;ω;)
で、もちろんファンにはサプライズってことで2人で書こうって話し合って書いてきてくれたのですが、納谷くんはまず最初に優くんへのお手紙をどっきりで読み上げてくれました。細かい内容はあんまりちゃんと覚えてないんだけど、(イベント中納谷くんはずっとそういうイメージだったけど)結構本音で書いてたんじゃないかな。聞いてて泣きそうになっちゃったんだけど、優くんも泣いてました(;v;) 「えーーー、聞いてない」って泣いてる優くん可愛すぎた(;v;)
で、その仕返し(笑)に、東京の夜の部で優くんは納谷くんにお手紙を書いてきてました。ノートを広げた瞬間、「字、汚っ」って口走ってて笑った(゜艸゜ ) (自分の字です)。「これからも、俺のこと褒めて伸ばしてね」って内容で、終わった瞬間「甘ったれた内容やわー」って納谷くんに言われてるのが(絶対照れ隠しだよね!!)、まじ男子!って感じでちょー可愛かったです(o^v^o)
さらにその後に、優くんはMCのひのけんさんにもお手紙を書いてきていたのが、まじいい人でした。でもね、中身は感動なんですよ、感動の雰囲気の中読んでるんです、読んでるんですけど、途中で入る謎の小声での確認。「・・・ひのけんさん、やよな?」2日間に渡るイベントの最後の最後、しかも感謝のお手紙の最中に名前の確認(笑)。その後もふわふわしながら読み進めてたんだけど、途中で不安がぬぐえなくなったのか納谷くんに確認を取って。読み終えたあと納谷くんが暴露してくれたんだけど、ノートには「ひむけんさん」って書いてあったそうです(゜艸゜ ) 台無しがすぎる。いやーもうほんと優くんポンコツだな!って思いました(*^v^*)

で、本題です、本題。優くんのファンの方へのお手紙。優くんが同じ思いでいるかわからないけど、納谷くんはどうぞ広げてくださいってブログに書かれていたので、なんとなくニュアンスで・・・!自分用備忘録としても、まとめておきます。私は聞きながらちょー涙を我慢しました(イベント中泣いちゃうのって恥ずかしいじゃん・・・)。
まず最初に、「この世界に入って、不安なことがいっぱいありました」的な不安の吐露からはじまりました。優くんがあまりご自分に自信がないというのはインタビューとかでも知っていたけど、直接聞くとまたガツンとキて、それだけで泣きそうになりました。ファンができるのか、とか、見にきてくれる人がいるのか、とかそういうのは優くんに限らずほかの俳優さんだって思っていることだと思うけど、やっぱり優くんに言われるのはクる。だって「僕なんかで」とか言うんだよ(;ω;) そんなこと言わないでよって思うけど、だからこそ(もちろんその前に“応援したい”って気持ちがあるからこそだけど)応援しなくちゃって思わされて、これが優くんの作戦だったらすげー策士だなーって思いました(笑)。
でね、「でも応援してくれる人がいてくれて、頑張れています。感謝しています」っていう内容だったんだけど、優くん、ファンの方からのお手紙読んでいつも泣いてるんだって(;ω;) っていうか、優くん前はお手紙読んでいつも笑ってます的なことツイートしてたけど、優くんファンどんなお手紙書いてるの?! 笑って泣けてできるって、どんな感動巨編を書いてるんですか?! そんな中に紛れ込む私の語彙力の死んだ「だいだいだい、だいすきです!」のお手紙破って捨てたいんだけど(lllノ-ω-)ノ 優くんのこと笑えないおばかなかばさんつらい。でも、「一生懸命やってると、見てくれてる人がいるんだなってわかって」って言葉を聞いて、ばかみたいなお手紙しか書いてないけど、お手紙書いて出し続けてきてよかったなって、ちょっと思いました。
締めはとてもよく覚えてるんだけど「応援し甲斐のある、応援してて楽しいなって思ってもらえる人になれるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」という感じでした。なぜこれを覚えているかって、すごく不謹慎なんだけどしらすさまを思い出したからなんですよね。あー私にとってしらすさまってすごくこれに当てはまるなーって。かっこよくて、お芝居も歌もダンスも大好きで、ちょっとあの不器用な感じもすごく好きで、そういう“好き”も大きな原動力だけど、それ以上に“姿を見て”ではなく“応援して”いてすごく楽しい、応援し甲斐がある。だから7年間も応援し続けられたんだと思う。誰も彼もがしらすさまみたいに着実に階段を上っていける世界じゃないってわかってるし、その階段を上ることこそがイコール応援し甲斐だなんて思ってるわけじゃないけど、でも優くんが優くんのやりたいお仕事をやりたいようにやってくれて、そしてそれがそのまま私にとっても応援し甲斐のあるお仕事だったら、何より嬉しいなー!って思いました(`v´) なかなかそううまくはいかないだろうけど。応援してる!
私の文章だと全然感動しないあれになっちゃってますね(しらすさまの話をしているからである)。優くんの口から語られたお手紙は、優くんの優しさとと感謝の気持ちに溢れていて、もっともっともーっといいお手紙だったんだよ(;ω;)

そしてその回の最後の告知で、優くんが次の舞台の話をしてたときに「おもしろい作品になると思うので、・・・僕がおもしろくするので」って言ってて、胸がぎゅーってしました(ノнヾ〃) ただでさえこういう誓いの発言に私は弱いのに、またついさっき不安がたくさんあったって弱いところをも見せてくれていた、自分に自信のない優くんがこう力強いお言葉を口にしてくれたことが!本当に嬉しかったし、惚れました(〃´ x `〃)Vv
私本当に優くんがWBB出るの嬉しくて!! なんならドリライきっかけに、いつぞやの汰斗さんのように、つっちーさんのお眼鏡に適って優くんpnish呼んでもらえないかな・・・!とか妄想していたんですけど、よもや卒業後一発目がWBBなんてね!優くん、9代目さんの中では次のお仕事の発表が遅かったので、どんなお仕事になるのか本当ーにいろいろ想像してたんですけど、いろいろ妄想していた中での10段階で上から2番目くらいに嬉しいv(>∀<)v!しかもside-Bですよ!本当に本当に嬉しくて楽しみだったんだけど、今回のイベントを終えてますます楽しみになりました(≧∀≦) チケット頑張って取らないとo(-`д´- o)


握手会では、しっかりとテニミュの感謝の気持ちが伝えられたので満足です(*´后*) 私基本的にお金を払うからには「ありがとうございます」以外のお言葉がもらえる、できることなら質問して回答をもらいたい!というケチんぼ精神でやってるんですが、ドリライが終わったときにこれはお手紙だけじゃなくてちゃんと直接お礼を伝えたい!って心の底から思って、なのでこうしてドリライが終わって1週間後というタイミングで、面と向かってきっちりお礼が伝えられたのは、本当に本当に幸せでした(*・v・*) 優くんからなんて返してもらったかはまっっったく覚えてないんだけど(笑)、でもよかった!

めっちゃ雑にざざーっと走り書きしてしまったけれども、こんな感じ!書ききれなかった寸劇とか、あと文字に起こしても然して伝わらないわちゃわちゃ加減とか、もっともっと優くんの優しい表れとかあったんだけども。本当ーに楽しかったし、優くんの新たな一面というかより素に近い姿を見ることができて、改めてこれから応援していこう!って思えるイベントでした(*`v´*) 劇ジャン初体験だったんですけど、ひのけんさんのMCとってもおもしろかったし、納谷くんあっての今回の優くんのお姿だと思うので、また納谷くんとイベントやってほしいなーって思いました(〃∇〃) はー楽しかった!
comment
コメントする

   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.