シラノ・ド・ベルジュラック トークイベント

うまく言葉にできないし、きっと私の悪いところがたくさん出てきちゃうので、最近のあれやこれやについてうまく書けないのですが、最近“ファン”ってなんなんだろうなーって考える、考えさせられることがとても多いです。そんな中セのドラマを見て、推しの芝居に泣けるということはなんて幸せなことなんだろうってすごく思いました(;ω;) 今回も素晴らしかったです。

さて、本日は『シラノ・ド・ベルジュラック』の公演前トークイベントに行ってきましたー(○・v・○) シラノ出演者の中でもイケメン俳優括りのメンバー+ピアニストの清塚信也さん、というメンバーでした。
私はシラノは1回も見たことなくて(今事前に戯曲を予習してから行くべきか、それともなにも読まずに初見を楽しむか悩んでいるんですけど)、なのでほとんど知識はゼロに近いのですが、しらすさまが演じるクリスチャンの役の説明で「ゴールデンレトリバーみたいな」という言葉が出てきたとき、長太郎くん・・・?! ってなりました(*´Д`*) でも、その前に「のび太くん」とも言っていたので、長太郎くんではないと思います。それもですね、クリスチャンがのび太くんみたいな、っていうのは演出家の裕美さんからのお言葉らしいのですが、それを言われる前にホンを読んでしらすさまは台本に「のび太くん」って書いてて、それを言われたときおお!って思ったって言ってて、私もおお!ってなりました。
そして大型犬なしらすさまっていうだけで楽しみがすぎるのに、クリスチャンは純粋で、純粋がゆえにちょっとおばかだったり可愛かったりするんだけど、それがお話し中に成長していって、最後は男らしさ、かっこよさが出てくる、いろんな面が見える役って言ってて、もう!期待が膨らみすぎて大変でした・・・!! 単純にかっこいいだけでも嬉しいのに、いろんな面が見えるっていうのはやっぱり俳優オタクとしてすごくわくわくしますよね。ちょおおおお楽しみ(,,>艸<,,)!!

しらすさまは大野拓朗とWキャストなんですけど、清塚さんが、お互いが稽古している相手を見ているときの眼差しがめっちゃイケメンって言ってて、それわかる・・・、って思いました。いや別に見たことあるわけじゃないですけど。想像できる。稽古中で、自分が演じているわけじゃなく、でもみんなが動いているのを見て、なにかを吸収しようと、かっこつけてるわけじゃなくて純粋に集中してる瞬間、想像するだけでめっちゃイケメンじゃないですか。それ見られる清塚さんいいなー(*´Д`*)!ってなりました。
あと清塚さんが話してくれたイケメン話だと、今回あほな子を演じてる平野の良くんが、芝居を終えて袖に捌ける瞬間、あほな子からふっと力抜けてイケメンに戻る瞬間が見られる、って言ってて笑いました( ´艸`)
なんだろう、こうかっこつけてるわけじゃない、無防備な、出ちゃうイケメンって本当にかっこいいですよね・・・!結論、イケメンはズルい。

今回、このメンバーの中に清塚さんなんでいるのかな?って(嫌とかじゃなくて純粋に!)疑問だったんですけど、清塚さんから聞けた音楽のお話がすごく興味深くて、勉強になったって言っても別に私生きててこれを生かせるとき一生ないと思うんですけど、なんかすごいうわー!ってなりました。
今回の舞台、ピアノの生演奏らしいんですが、しらすさまが「(稽古をやってて)音楽でアがるってことが、こんなにわかるんだ」的なことを言ってて、そういう体験って本当に体験しないと得られない感覚だろうから、俳優さんとしてそれはすごく得がたいいい経験をしているなー!って思っていたんですけど、そういえば今考えたら花男も生バンドだったじゃ・・・、あれ?笑。
ごほん。ドラマ音楽と、今回の舞台での音楽のあり方の違いとかの話もおもしろかったし、あと清塚さんが稽古場で芝居や演出を見てその場で作曲をしているというお話からの話が、かっこよすぎました。私の解釈とあと曖昧な記憶から引き出してるので言葉の端々どころかそもそもなんか違う話になってるかもだけど(笑)!曲を作っているっていうよりも、お芝居とか演出とかで「あとはこれで完成」っていうところまでアシストしてもらって、清塚さんが形にしているだけ、みたいな感じで言ってたかな。「音楽は物理と一緒で、すでにもうそこに(ハマる音楽というものが)存在していて、だから僕が作っているのではなく、そこにある(ものを演奏している)」みたいな!かっこよすぎました・・・!! 私この前『博士が愛した数式』読み終えたんですけど、これ博士が言ってた神様が作り出した数学を数学者は見付けているだけで作り出してるわけじゃない(作ったのは神様)、っていうのと同じかなーって思ってぞくぞくしました。・・・違う?笑。その場で即興で作っているというだけでかっこいいのに、かっこいいなー。
そして最後に清塚さんは2曲ほどメドレーでピアノを演奏してくださいました♪ 鳥肌が立ちました。演奏後、しらすさまは昨日の夜、台本を読んでて熱くなって眠れなくなっちゃってamazonミュージックで清塚さんを検索して、聴きながら寝たという話をしてくれて、個人的には台本を読んでて眠れなくなるほど熱くなるという白洲迅の俳優ぶりに胸が熱くなりました(*`v´*)

それから、プレゼント抽選会と撮影会(私これてっきり舞台上のメンバーをお持ちのカメラで撮影タイムでーすみたいの想像してたんですけど、テーブルごとのグループ撮影会で、くそみたいな服装だったかばさん死にました)がありまして、おしまい、でした。この、プレゼント抽選会でしらすさまはサイン入りTシャツの抽選とお渡しを担当したんですけど、片手にマイクを持ってたんですよ。持って「おめでとうございます」ってちゃんとマイク通して言ってたからなんですけど!だからだってのはわかってるんですけど、片手でTシャツ入った袋をずいって差し出してて、渡し方www ってなりました。しらすさまそういうところ割とちゃんとしてる人のイメージだったんですけど、笑った。

最後の挨拶では、「ちょっとは変わった姿をお見せできるんじゃないかと思う」ということを言ってて、私は別にそこは心配してないっていうか、期待してたっていうかしらすさまはいつでも私の期待以上の素晴らしい演技、そして成長したお姿を見せてくれるので、当たり前に信じてたんですけど(でもその“当たり前”がいかに尊くありがたいことなのか、というのもわかっております)、ご自身からそういう言葉が出たことにまた、おっと思いました。言わなくてもそうなんだから、言うってことはとってもとっても違うんだろうなー!って期待しちゃう(o^v^o) いやでも本当に、吉田鋼太郎、黒木瞳、に次ぐ役柄で、しかも舞台でがっつり稽古してもらって(PON!で流れた稽古場風景にまた惚れ直した)、なんかもう!楽しみがすぎます(,,>艸<,,)!! それは今回の舞台もだけど、今後の白洲迅のお芝居とかお仕事全部ひっくるめて!
あとさ、厄介BBAみたいなこと言ってもいい?っていうか断らなくてもいつも厄介BBAなんだけど。しらすさまが「稚拙な言葉になっちゃうんですけど」って言ってて、稚拙・・・!ってちょっと感動しました(笑)。別にしらすさまをばかだとは思ってないんですけど(最低でも私よりは頭が良い)、だって昔しらすさまインタビューとかなにか言葉求められたとき絶っっっ対「まず単純に、」って言葉からはじめてたの!そういえば最近全然言わなくなったね。「単純に」と「稚拙な言葉になっちゃうけど」って全然印象違うじゃん・・・!おばちゃんちょっと感心しました。

良くんのあほな子はこれまた間違いないだろうなー!って思う(裕美さんに「頭弱い役よくやるの?」って言われたのって良くんの演技力の成せることだとわかっていながらも、おもしろいw)し、今回イベント中ずっと秋元くんの声いいなーって思ってたのと、たつぼん以来の秋元くんのお芝居純粋に楽しみだし、お話自体も楽しそうで!! そしてなにより今回聞けたお話で音楽もすっごく楽しみになって、しらすさまへの期待はもちろん!ですが、舞台とっても楽しみになりました(*>∇<*)
で、あの皆さま『シラノ・ド・ベルジュラック』、めちゃくちゃチケット余ってるので、ぜひ。よかったら皆さまぜひ。その際はぜひ白洲迅の回をお願いします。って偉そうに言えるほど私も席を埋められていないんですけど・・・、その・・・、ドリライとかぶっててごにょごにょ(+艸+。) しらすさまごめんなさい・・・。しらすさまより大石先輩を選んでごめんなさい・・・_(:D) ̄|_
comment
コメントする

   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.