3rd比嘉ミュ 〜東京公演

東京初日が終わった時点でこれだけ書きに来れたらよかったんですけど、東京公演終わってからになってしまってすみません。でもまだ手遅れじゃないって信じて書きますね。大石先輩ファンの皆さま、ゴールデンファンの皆さま、東京凱旋の最後のほうでいいやーとか思っている方がいたら!騙されたと思って!とりあえず1回早めに行ってください!見たら増やしたくなるから!もうどう頑張っても増やせないタイミングでの初見は絶対後悔するから!騙されたと思って!・・・騙されたらごめんなさい(笑)。んもう本当に本当に本当に大石先輩が死ぬほどかっこいいので・・・!! 聖ちゃんが素晴らしいので・・・!ゴールデンすごいので!!
私は初日が終わって速攻チケット増やしました(o`v´o) 大石先輩試合ないので、試合があった立海公演よりは少なくしようって思って、チケット(私にしては)少なめにしていたんですよね。今冷静になって(そうでもない)考えるとやっぱり大石の領域よりたくさん行くのおかしいかな?って思いはじめたのですが、すでに私の手元には立海公演以上のチケットがありました。後悔はしていない(`-v-´)

そんなわけで、3公演だった予定が5公演になってしまった東京公演の感想をざっくり書き残しておこうと思います。
とにもかくにも、大石先輩がかっこいいです。うまく説明できないですが、大石先輩がかっこいいです!語彙が死ぬ!かっこいいしか言えない!初日終わったとき、意味わからないくらいかっこよくて、「かっこよすぎて大石秀一郎じゃない」って言ったくらいかっこよかったです(〃v〃) 手塚部長に試合を申し込むときとか、大石先輩ってこんなにかっこいいの・・・?って思うくらいかっこよかったです。すごい。なんかすごかった。優くんすごい。そのシーン以外もかっこいいし、私もうテニプリ見てきて15年?以上、だよね、サイトが15周年なんだから当然それ以上だよね、だけど、原作を含めて私こんなにかっこいい大石先輩見たことないってくらい、史上最高にかっこいい大石先輩でした。もう、私の語彙じゃ伝わらないから、見て!笑。

そしてもうゴールデンがすごいです。比嘉公演って今まで代替わり初演だったじゃないですか。それが、積み重ねてきたものがあると(もちろん単純にそれだけじゃなくて、優くんと聖ちゃんだからこそ、というのはもちろん!!)ここまで違うものかと、演出も相まってなんですけど比嘉公演がこんなにもゴールデンにとって素晴らしい公演になるものかと、本当にびっくりしました。もう本当にひとつひとつの優くんと聖ちゃんの解釈、そして表現がすっっっごく好きでした。

・・・と言っても、私ほとんど大石先輩定点なので、たぶんほかの人より聖ちゃん見られてないんですけど・・・(+x+。) どこかで1回英二の日を作りたい・・・と思うけど、たぶんきっと大石先輩見ちゃう・・・。
特に対手塚戦、『ファイト&ウィン2018』(タイトル適当だけどあながち間違ってないんじゃないかと思ってる)、聖ちゃんがすごくいい表情をしていると話には聞いたのですが、大石先輩を見てしまいます。大石先輩もいい表情してるんですよ!試合が進むにつれ、優くん目真っ赤になってくんですよね(つд; ) 手塚部長に「これからは俺に任せろ」って言われて大石先輩が頷くのを見るのもすごくつらいし、試合が終わったあと「これが全国大会で勝てる最強のメンバーだ」も声震えてて、でも笑顔を見せてるのがつらくて、そんでもってまたその後の聖ちゃんのセリフがすごくて涙腺崩壊します(TнT) だー。聖ちゃんのお芝居が本当にすごい。毎回毎回、菊丸英二憑依してて、っていうか菊丸英二なんだけど!で、割と歴代キャストさん、ここって(まあ初演っていうのもあると思うけど!)英二っていう可愛いキャラクターを作っている状態での「大バカヤロー」にどこか違和感があって馴染んでいなかったのですが、聖ちゃんはもうそんな“可愛い菊丸英二”を作っていない、英二の心から出てきた叫びになってて、すごい。これもう全然違う。
そして聖ちゃんの英二はその後もずーっと可愛くて元気で天真爛漫な英二じゃないんですよね。ずっと大石に対して怒ってる(態度を見せてる)の。『幕は切って落とされた』に関しては、比嘉んちゅに対しての怒りもあると思うんだけど、いつもの楽しそうな顔とダンスとは180度違う、険しい表情と力任せの勢いのありすぎる(こういう言い方すると悪いほうに聞こえちゃうんだけどうまい言葉が見付からなくて・・・どこか、怒りに任せた、みたいな)ダンスしてて、すっごいかっこいいんだけどその心情を思うとすごくつらい。ちなみに優くんのダンスはめっちゃつじくん。
で、ベンチにいても、もちろん勝ってるときは少し嬉しそうにするし、セリフ言う時は立ち上がるんだけど、座り込んでずっと顔伏せてたりして、大石先輩とは完っ全に壁があって、一言も言葉を交わさないんですよ。でね、大石先輩も超絶妙な距離感を取ってるわけ!必要以上に触れようとしない、けどほんと時々英二のこと見て、でも見るだけなの。リョーマくんの試合が終わったあととかも、リョーマくんの元に駆けつけてゴールデンふたり並ぶんですけど、全然視線も交わさないし、話もしないんですよね。で英二のほうが先にあっさりベンチに戻っちゃって、そんな英二を大石先輩は気にして見るんだけど、でも声は掛けられないんです。で、反対側からベンチに戻っていくんです。この距離感・・・!!!! もう本当に見ててつらい。つらいけど、素晴らしい。優くん大石の、英二を見るその表情が本当に好きです。

で、S2ですよ。2度目の涙腺崩壊タイム。まず、英二の試合がはじまる瞬間、大石先輩が本当に小さく小さく「がんばれ」って、全然英二に届かないっていうかたぶん誰にも聞こえてない大きさで言ってて、まず泣きます。今これ打ちながら泣いてます(笑)。だってあの距離感を見せられたあとだよ、自分がレギュラーの座譲ってその後けんかして以来、話してないの。英二が話させてくれないの。それをちゃんと2人が舞台上で見せてくれてる状態での、この大石先輩の心からの「がんばれ」。ほんと泣ける。
それから英二が「もうダブルスやらない」って言った後、優くんとてもいいお芝居をしてくれてます。一言じゃ説明できないんだけど、英二にそんな言葉を言わせてしまったのは間違いなく自分でその申し訳なさとか、それでも自分の所為で英二をダブルスに縛っておくことはできないという思いとか、だから英二の成長やシングルスでの活躍は喜ばしくて、でも寂しくもある・・・、そういう複雑な思いがぜーんぶ詰まった複雑な表情をしていて・・・。そんでもって、その直後の「菊丸先輩シングルスいけるよ!」の後の「英二」!この「英二」がすごくいいです!! これはもう!聞いて!聞いたらわかる!! 私歴代大石キャストさん、どこかで「英二」って呼び方が神がかる瞬間があったと思ってるんですが、優くんは完全にここ。すごくいいです。
あ、あと話戻ってしまうのですが、「英二」と言えば書き忘れてた、青学曲はじまる前の各々の練習風景が続いていく中での、「これで大石の足を引っ張らなくて済むからな」のあとの「英二」。優くんの「英二」は英二にちゃんと手のことを言おうとしている「英二」でこれがすごく好きです!! 今までは普通に英二が嬉しそうに努力を報告してくれることに対して、自分が応えられないという気持ちのなんていうか感想?の「英二」?ちょっとうまく表現できないんですけど、ただ名前を言うだけだった、というかなんなら原作の大石先輩の顔を見てもそう読み取るのが当然っていうかむしろ正解であるとすら思えるところ、優くんの解釈は違って、きちんと英二に手のことを言おうとしての呼びかけてる「英二」なんですよ。でも英二が大石の言葉をさえぎって今後の希望をきらきらと語るから言い出せなくなってしまう・・・。私優くんのこの解釈、大石先輩の誠実さと優しさが出ていてめちゃくちゃ好きです。
それでね、試合の話に戻ると、今回の演出で本当にすごく素晴らしくてありがたいのは、『バイキングホーン』のあと、英二が倒れ込んでるところ(またこの聖ちゃんのもうだめだ演技が本当に泣かせにくる・・・)にコンテナシーンが挿入されてることです!! これ本当にまさか比嘉公演で見られると思わなくて本当にびっくりしたし、もう本当に好き。世界ありがとう(。>人<。) まず、コンテナに乗った大石先輩が登場して、あ、ちなみに!暗がりでコンテナ移動中、片膝ついてる優くんの姿もかっこいいから見てほしい(笑)。英二に語り掛けるっていうか、英二が今まで大石に言われたことを思い出すんですよ。で、英二が「そろそろ攻めてもいいよな」って頭の中の大石に聞くの。「もう間に合わないかと思ったよ、さあ反撃開始だ」ってルドルフ戦のやり取りが今回と重なって、それからいわゆるコンテナシーンになるんですがもう・・・、もう(TнT) 1番見たいシーンなのにまじ涙で前が見えなすぎてまともに見えない(TнT) 優くんと聖ちゃんでここ見られると思ってなかったし、本当に嬉しすぎるのと、ストーリーとで、もう涙々です(TнT) また優くんのセリフニュアンスがいいんだー(これはもう今まで見てきたみんなよかったけど!)。ここもまた聖ちゃんがいい表情をしているらしいのですが・・・、私たぶんDVDまでお預け(〃ノ_ _)ノ で、英二の「やっぱだめかー!シングルスじゃ!」になるんですよね。これ原作にはこういう書かれ方されてなくて、今回のテニミュで補完されててもしかしたら賛否あるのかもしれないけど、私はすごくすごく素敵な描写だなー!って素直に思いました。
で、その後の英二の反撃を、嬉しそうに見ている大石先輩がとても切ないです。今回の試合を見て大石先輩は今後英二はシングルスでやっていくって思ってすらいるんじゃないかと思うんですよね、優くんの大石を見ていると。だって英二とは、英二が大石より強くなるその日までのダブルスって約束だったじゃん。前回「もう俺より強くなったくせに」って言ってるし、最低でも今回の試合を見て、英二はシングルスでやっていけるって確信してる。で、大石先輩はそれで構わないと思ってる。いや、そういうと語弊ある構うんだよ、構うんだけど!でもシングルスでやっていく英二のことを応援しようって思ってるんだよね。桃ちゃんが「英二先輩シングルスいけるじゃないっスか!」って言ったのに頷いてるし。ここで大石先輩「ダブルスの無限の可能性見付ける」っていう約束忘れてるんだよ、そっちより結成当初の約束のこと思ってるの。大石先輩のばか!英二の気持ち全然わかってない!で、そう思っている状態での、あの英二からの「青学ゴールデンペア、菊丸英二だよん」は、大石先輩にとってどんなに嬉しい言葉なんだろうって、思ったら・・・すごい泣けてきました・・・(;ω;)
私今まで、ゴールデンって英二には大石じゃなきゃ、大石には英二じゃなきゃって思ってて、そんなゴールデンが好きだったんですよね。でも違うんだってわかった。もちろん2人は2人じゃなきゃ(私が嫌)なんだけど、でも英二じゃなきゃダメ、大石じゃなきゃダメ、なんじゃなくて、そうじゃなくてもいい、そうじゃなくてもいいのに、英二を、大石を選んでるんだ、ってそう気が付きました。尊い・・・(´-人-`) こうやって、15年以上考えていたことを(いい意味で)覆してくれる、新しい発見をさせてくれるから、テニミュって大好き!優くんと聖ちゃんのダブルス、本当ーに好きだなーって思います。・・・だからこそ、ダブルスの無限の可能性見付けてほしかった・・・つらい・・・(;ω;)

で、前半の壁のあるベンチワークを見させられたあとだから、ほんとS1でゴールデンが2人仲良くお話している姿を見るだけで泣けるの(;ω;) よかったね・・・!! 2人ともよかったね!! ってなる。なんなら、これら全部を知ったうえで見る2回目以降は最初の英二が楽しそうにしている姿すら泣けるんですけど。手塚部長が関東大会の優勝を労ってくれるところとか、英二が嬉しそうに大石先輩振り返って笑いかけるのとかほんと泣ける(;ω;) 最後、リユニオンとかセイヤーとか(そう!今回アンコールセイヤーだったんですよ。新曲も聴きたかったけど、これはこれで嬉しい)、聖ちゃんめっっっちゃくちゃ、いつも以上の笑顔で登場して踊ってて、やっぱり英二はキラキラ笑顔が似合うよー!ってなりました。あんな顔にさせてたのは大石先輩なんですけどね、英二ごめんね。

あと今回ベンチが新しくなってるんですよね・・・!っていうかベンチないので、ベンチじゃないんですけど、慣れでつい「ベンチ」って言ってしまう。前にフェンスがあって、階段があるだけなので、今までと立ち位置が変わってて、前でフェンスにくっついてるのがトリオちゃんと桃ちゃんとかで、後ろに先輩たちが立ってるので、またそれが新しい効果を生み出しててすごく好きです・・・!知念くんに脅かされて泣いちゃう(可愛すぎる)トリオちゃんたちを、優しさあるんだけどしょうがないな的なみたいな困った笑顔で見る大石先輩がちょーーー好きです(*>v<*) 1回だけカチローちゃんにいいこいいこしてて、カチローちゃんズルいー!! ってなりました。
ズルいと言えば!試合が全部終わって、お互いに礼をして、そのあと比嘉んちゅが客席に向かって礼をしている短い間に着なくてはいけないから、そういう演出の時間の都合でということはわかっているんですが!そこで、手塚部長が完全に両手を背に差し出すだけして、大石先輩にジャージを着させてもらっていて、手塚部長ズルいーーー!! ってなります。ズルい。
あとはなんだろうなー。組み合わせ抽選会での手塚ソロ、手塚部長が階段に乗ったまま、その階段が移動して、その手塚部長を見上げながらステージ上を歩き回る大石先輩、という絵がおもしろすぎて笑います( ´艸`)
あと個人的には、普段生活していて「負け犬」とかいう激しい言葉に触れない優等生大石くんの、比嘉んちゅの負け犬コールを聞いたときの戸惑いの混じった絶妙な表情がまじ本当にすごい大石くんですごい好きです!!

曲は新曲ばっかりでした・・・!青学曲、はじまりが大石先輩のアカペラでびっくりしました(・∀・) 私は別に音楽に詳しいわけじゃないので完全に私見なんですけど(あと思い出補正あるかも)、(校歌アカペラソロからはじまるというとどうしても思い出す)一慶たんほどではないと思ってるんですけど、優くんお歌めちゃくちゃじょうずになりましたよね・・・?! ここ最近ずーっとドリライ聴いてるので、聴いててじょうずだなーって思うんですけど(まあ多かれ少なかれ修正されてると思うけれども!)、ほんとじょうずになったと思う・・・!っていうか9代目さんは難しい曲を与えられすぎてたんだよ・・・。今回の曲すごくいいよ・・・。
あとこの曲はじまりが、青学メンバー歩いて登場して、位置について順々にピンスポを浴びながら決めポーズを決める、っていうはじまり方で、なんだか勢いがー!っていうはじまりじゃないこのはじまり方が個人的にすごく好みでした(*^v^*)!青学メンバーかっこいいー!! ってなるし、その後の曲調も青学の楽しさっていうか、主役校ならではのなんていうか正義感?ザ・正統派!感があって、すごく好きです。みんな可愛いしVv
そういえば、千秋楽にも青学バラードはなかったです。怖い・・・。

お見送りは大石先輩とはすれ違っちゃったけど、公演であんなにもかっこいい大石先輩を見せてくれたことがどんなことよりも嬉しいし、英二くんにかっこよかったって伝えることできたし、あとステージにいた大石先輩にちゃんとお手振りいただけたので・・・!! もう思い残すことはないです(´-v-`) ここで人生終わっても悔いなし。
けど、うっかりチケット増やしちゃったので・・・!残りの公演も油断せずに楽しみたいと思います♪ いやーもう本当にとにかく比嘉公演ってこんなにゴールデンのための公演だったっけ?! ってくらい、ゴールデンが素晴らしい公演になっています。演出的にも、優くんと聖ちゃんの表現的にも。ゴールデンファンにはぜひぜひぜひぜひ!見ていただきたいですv(>∀<)v
comment
コメントする

   

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.