3rd 関東立海 〜名古屋

テニミュ名古屋行ってきましたー(≧ε≦*)!1ヶ月も間空いて、その間六角公演のDVDばっかり見てたから、立海公演のあれやこれや忘れちゃってたんですが、改めてすごく楽しむことができました。青学さん全体的にお歌うまくなってたし、立海さんは相変わらず強いし、楽しかったー!

で!かっこよかった!! んもう!なんかもう本当にかっこよくて!東京楽のときに書いた、今公演での私の大石先輩1推しポイント、『大石の領域』はじまって、じゃーじゃーんって両手を上げるポーズをした後に、ラケットを柳生?に向けて見据えながら、仁王?を一瞥するやつ。その、ソワレの仁王を一瞥する瞬間がちょおおおおおおおおおおおおおおおおおかっこよくて、ちょっと変な声出そうになるくらいかっこよかったです。なにあれ!めっちゃかっこよかったです!ちょーキリってしてて、死ぬほどかっこよかった(,,>艸<,,) 久しぶりに、あの瞬間の私の視界を印刷してくれないだろうかって、切に思いました。せめて脳裏に焼き付けたまま、ずっと消えないで欲しい。あの目、やばい。もう本当に優くん大石がテニスをしている姿、(今回の試合だからこそというのもあるかもしれないけど)大好きなんですけど、あの瞬間たまらなかったです。たまらんスマッシュ。
あと、マチネは上手側の1階真ん中らへん?くらいのちょうどいい感じの席に座らせてもらったのですが、ちょうどコート縦にした延長線上の席でして、試合中ステージの奥にゴールデンがいるときお顔がこちら側を向いていて、真正面から見るテリトリー中の大石先輩かっこよすぎて死にました_(:D) ̄|_ ああああもう本当に好き・・・(ノvヾ*)

それから試合が終わったあと、倒れ込んでる英二を促して、握手を終えたあとにまた、英二の肩に手を回して歩く大石先輩が、なんていうかうまい表現が見付からないのでこう書いちゃうけど、すごい彼氏感あって惚れました(*´Д`*) 別に英二の彼氏っていうんじゃなくて!いやまあ英二の彼氏でもいいんだけど、9代目黄金にはあまりそういう感じ感じないのが好きなので(感じるのは感じるので好きだよ!)、こういう表現あんまりしっくりこないんだけど・・・。雄々しいっていうのも違うんですけど、男らしい?なんて言うんだ!支えてる感?? がすごくかっこよくて、頼もしくて好きでした。こういう時に立っていられる強いのは大石先輩なんだなーって。
でもさ、試合前半は圧倒的に大石先輩が精神的に英二に支えられてるじゃないですか。支えられてるっていうか、英二のほうが大人な対応してるじゃないですか。また怒りを露わにした理由が自分じゃなくて英二のことだっていうのがとても大石先輩だと思うけど、割りにぐらぐらしてるのは圧倒的に大石先輩なんですよね。ほんと、これ私しょっちゅう言っちゃってる気がするけど、英二がダメなときは大石が支えて、大石がダメなときは英二が支えられる、本当ーにそういうゴールデン好きだなー!って思います。そして、そんなところを表現してくれるゴールデンが、私は好きなんだなー。
そして「まーだだよ!菊丸バズーカ!!」から、涙が我慢できなくなってきてしまいました( iдi ) 東京公演ではそこまでじゃなかったのにな・・・。どっちかって言うと、不二戦でジャッカルが「赤也ー!まだいける!」って叫ぶ、そっちのほうがキてたのに。優くんと聖ちゃんのゴールデンがこれで最初で最後かもしれないって気が付いちゃったからかな。2人の演技がよくなったのかな・・・(;ω;) ああもうほんと、無限の可能性を見付けるまでダブルスやってほしいよ(;ω;)

あとは、桃海の試合後に2人に「よく戦ったな」って言う言い方も、めちゃくちゃ優しくてかっこよくて、本当に好きで。あーなんか私こうやって書き出してると優くんのセリフ回しが好きなのかな。いや全部好きだけど。
で、そこめちゃくちゃ優しい副部長(部長代理)感出てて、ほんと理想の先輩像過ぎて、めちゃくちゃ大好きなんですけど、その後すぐに自分の試合で、すぐステージ前行ってセリフ言わなきゃいけないから、脱いだジャージをめちゃくちゃ雑にベンチに投げ捨てるのが男子感あって好きです(笑)。あ、あとペテン師で変身(と言うか元に戻った)後の仁王くんが黄金の後ろから登場する時に隠れていた黒い幕を片付けるの大石先輩の役目なんですけど、割とイライラ気味にその黒幕投げ捨てるのも好き!

それから、これは東京公演のときからの話なので、今さら書くことじゃないんですけど、リョーマくんが体ぼろぼろになって、もうこれ以上続けたら潰れちゃうだけだ、青学はリョーマくんを下げるべきだ、みたいになるところ。剣ちゃんとかにそう言われて、「青学には最後の一球が決まる前に諦めるような素直なやつはいない」って言うタイミングでは大石先輩ももちろんそういう表情をして、みんなと同じ気持ちでいるんですけど、その前にきちんとリョーマくんを下げさせる選択肢がある大石先輩が私は大好きです。この前のシーンで、大石先輩は心配そうな、悲痛な顔をして、もう止めさせるべきだろうかって悩んでるんですよね。なんならむしろ止めさせるべきだって気持ちのほうが強いようにすら見える。それは別に、みんなみたいにリョーマくんを、リョーマくんの勝ちを信用していないとかではなく、諦めちゃってるとかでもなく、部を任された部長代理として、ちゃんとみんなと違う視点を持てているってことだと思うんです。でも、ふと桃ちゃんを見て、海堂を見て、3年生を見て、ああ違うんだって気付く。その一連の心情がきちんと伝わってきて、とても感動しました。この解釈が正解かどうか、私にはわかりません。原作ではそんな風には描かれていないし。でも、私は優くんが“部長”としての大石はどう考えるかって考えてこういう風に考えてくれたのだとしたらとても素敵だなーって思ったし、感動もしました。そしてだから優くんの大石が好きなんだなーってまた強く思いました。
不二くんが視力を失ってもコートに向かおうとする時、戦い続けている時にぎゅっと強く拳を握って、桃ちゃんがコートに出ていこうとするのを止めるのも、いったいどれだけの葛藤が大石先輩にあるんだろうと想像すると本当につらいんですけど(それはもちろん大石先輩だけじゃないけど!)、優くんが言っている大石にとっての変化の公演、こういうところからもすごく伝わってきて、大石先輩がますます魅力的に、立体的に思えて、あああなんていうか優くん大好き、に落ち着きます。もうほんと考えれば考えるほどキャストさんのキャラクター解釈が自分と同じ方向だったり、いい意味で自分が考えてもいなかったような素敵な方向だったりすることは本当に幸せだなって、優くんの大石を見て強く思いました(;ω;) 優くんありがとう(;ω;)

インマイハートは、赤也のときが「潰すよ」って右手を上に向けて握りつぶすポーズだったんですけど、後ろにいた大石先輩とタカさんが2人でなにか困った笑顔浮かべながらこそこそお話して、そのまま潰すよポーズしてなくて、この2人は潰すよなんてしないんだーってほっこりしました(´∀`) タカさんと言えば余談ですけど、2幕頭の『崖っぷちギリギリ』で黄金が登場したとき、黄金を守るように2人をかばいながら前に出てくるタカさんがすっごくかっこいいからみんな見てほしい!私ほとんど大石先輩定点なんですけど、そこからばらばらに捌けるの大石先輩じゃなくてうっかりタカさん追ってしまって間違えたってなること3回あったくらいかっこいいからぜひ!話逸れちゃったけど、もうなんか本当に、優くんありがとうという気持ちでいっぱいです(。≥人≤。) インマイのアドリブだけじゃなくて、本当にこんな風に大石先輩を思ってくれる、そしてそう演じてくれる優くんが大石であることが本当に幸せです。なんか今日の感想文はいつも以上にまとまらないですね。優くんが好きなんだよ・・・(ノvヾ*)
あ、あとこれ書きたかったんですけど、手塚のインマイハート、右手で電話ポーズ作って「部長ですから」だったんですけど、将さんの電話ポーズが親指が下(口側)、小指が上(耳側)だったんだけど、普通逆だよねえ?大石先輩の隣にいたのでちょっと目に入って、え?! って3度見くらいしちゃったよ。自分がおかしいのかなって一瞬考えちゃったけど、大石先輩も口側が小指だったし、普通こっちですよね。将さん相変わらずの愛すべき天然だなーって思いました。

千秋楽挨拶は食べ物の話ばっかりしてたね?笑。これ最初のPPの時からですけど、にちかちゃんがお話しているとき、後ろでにちかちゃんを見ている管理職が慈愛に満ち溢れていてほんと好きです(〃´v`〃)
そんな感じで、改めて大石先輩好き(TнT) 優くん好き(TнT) ってなった名古屋公演でした。大石先輩のアナウンスも聞けたし!行ってよかったー!はあああ好きが止まらない・・・。かっこよかった・・・(ノvヾ*)
comment
コメントする

   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.