3rd 六角DVD発売記念イベント

六角公演のDVDイベントに行ってきましたーヽ(*'ω'*)ノ
青学さんは初イベントなので割とおとなしかった印象・・・って書こうと思ったけど、よくよく考えたらさとーご以外は六角さんもテニミュ的には初イベントなはずで、しかしかなめくんがさすがのイベント慣れでして、全体的に六角さんというかかなめくんがうるさかったです(笑)。なんかもうみんないっぺんにしゃべるからなに言ってるのかわからないでしょ!って5代目っ子を思い出しました(〃´ω`〃) あと青学さんは拍手するときマイク持ったまま拍手してて、がんがんがん!って鳴ってて、素人か!可愛いな!ってなりました。そんな可愛いにまみれた感想をいつも通り主観のみで書き残しておきたいと思いますー〆(゚v゚*)

優くんのお話の印象としては、優くんって本当に大石なんだなーってことでした。これはDVDのバクステでもお話されていたことでもあったので繰り返しではあったんだけど、六角公演は手塚がいない分自分がみんなを引っ張らなきゃって気合いを入れてたけど、みんなが全然言うこと聞いてくれなくて途中で心が折れそうになって、宇野さん助けてーってなってたそうです。けど、途中からそれもプラスに、そういうところも大石ってこういう感じなんじゃないかなって捉えたって話をしてて、そこで宇野さん?かなー、誰かに「こういう感じってどういう感じ?」って聞かれてうまく説明できなくてしどろもどろになっちゃってたんですけど、私はなんかわかる!わかるよ・・・!ってなりました。私もうまく言葉にできないけど(笑)、なんか大石ってそういう感じだよねわかる!けど、そんなまじめな話をしながら、優くんは自分のズボンの膝のダメージ加工の部分をいじいじしはじめて、それをツッコまれてました( ´艸`)
てか、その膝が開いてるパンツは前からよく穿いてたからまあいいんですけど、優くんのお洋服がとても気になったのですが・・・。写真見るとね、そんなにあれじゃないんですけど、あの赤チェックのシャツ、サイドにチャックついてるんですよ。で、背中見ると四角い黒のレザー?がべべーんってついてて、しかも今見ると赤いベルトがべろーんって垂れてますね?そのシャツにあのパンツあわせているものですから、なんていうか・・・、ものすごくあれでした・・・(A;¬v¬) 私もともと優くんのあのよく着てる柄々したシャツあんまり好みではなかったのですが、最近感覚マヒしてきて、むしろあれが優くんらしいっていうか似合ってるー可愛いーみたいに思えてきて、ああ私いよいよ優くんにハマっているなフィルター厚くなってきたなと思っていたのですが、そんな分厚いフィルターを介して見てもちょっとあれでした(笑)。っていうか今までゴス系の着こなしなんてしたことなかったじゃん!どうしたの!柄々シャツのほうが15倍よいよ・・・。あれは衣装ですか?私服ですか?でもあのズボンはよく穿いてるやつだから私服・・・なのかな。自分自身のファッションに対するモチベーションの低さを棚に上げて言いますが、ちょっと好きなキャストさんがこういう方向にファッションがあれなのには初めて直面したのでどうしたらいいのかわからないんですが、とりあえずお洋服を贈ればよいですか/(^O^)\?優くんはMサイズでいいのかな?
話が逸れてしまいましたが、で、そんな感じで優くんが手に負えていない中(もう今では気にせず優くんもがんがん言ってるみたいだけど!)、別室で稽古をしていた宇野さんがたまに来て、こうした方がいいよって一言言ってくれるときはそれがすごく的を射ているって話をしてて、ああなんかそういうバランスがもう本当に青学管理職最高かよーってなりました(*´∇`*) 大石がいろいろ言ってもイマイチ響いてなくて、でも手塚が一言びしって言うと大石より全然言葉数少ないのにそれが部員に刺さるんだよ。それで空気がぴりっと変わるの。手塚と大石すぎる。でも聖ちゃんがすごい軽く「本当に“たまーーーに”来て、パって言うのがいいことなんです」って“たまーに”を強調して言ってるのも笑いました(○´艸`)

あと、先にD1の方々が試合についてのお話をしてくれて、その中でふうまくんが、タカさんたちの試合がパワーのある熱くて重い試合だったからそれに対してスピード感と爽やかさを意識して試合を作った、ということを話してくれたんですね。それに対して司会の方がD1のお話からその他の皆さんへお話を振るときに「爽やかなチームに加われなかった4名は・・・」って振り方をしたんですよ。それに対してみんなちゃんとツッコんでたんですけど、その中で優くんが「一応(大石も)爽やかなんだけどな」ってぼそっとこぼしてて、私は!大石先輩はとても爽やかな人だと思っているので!優くんもそういう認識で大石をやってくれてるの嬉しいなーって思いました。小さなことですけれども。

それから大阪での開催ってことで、大阪公演とかの休演日や公演時間以外の過ごし方についても話してくれました。
ふうまくんは大晦日公演にお母さまが観劇に来られたそうで、そのままお母さまとごはんに行かれて、それからホテルに帰ってきて青学と一緒に年を越そうーって思ったら誰ーもいなくて、仕方なく六角メンバーと年越しをしたそうです(笑)。
聖ちゃんは未成年組で未成年部屋に集まって、年越しの瞬間ジャンプして地球上にいなかったーっていうのやってたって聞いて可愛すぎて悶絶しました(ノvヾ*) でまた何が可愛いって、主に管理職組がその話を聞いて「あー(昔)やったねー」って可愛いものを見る目で聖ちゃんを見ていることね・・・!! もう未成年組を可愛いなーって思っている成人組も含めて丸ごと可愛いなーってなりました(〃´v`〃)Vv 可愛いに溢れていましたVv
優くんは誰とどう過ごしたのか覚えていないそうですwww なんでwww でも代わりに、あのテニモのブログだっけ?かなんかで聖ちゃんが書いてくれてた優くんどっきりのお話をしてくれました!このどっきりめちゃくちゃ好きだから聞けて嬉しかった(,,>艸<,,) 全体の流れはまあテニモに書いてあった通りなので割愛しちゃいますけど、最初に女の人の笑い声が聞こえてきたとき、怖くて「にちか、1人で寝ぇや」ってそそくさとにちかちゃんの部屋から帰ろうとする優くんが最高すぎかなってなりました。めっちゃ笑った。しかしもう本トこの4人のバランス最高ですよね優くん保護者なのに遊ばれてる感本ト好き(○´艸`) あと!このお話のときに特に出てたんですけど、時折こぼれる奈良弁にきゅんきゅんしましたVv 私本トこれ弱い。時々方言出るのズルい。

青学さんの中では乾役の将さんがやばい人なんだなというのがわかりました(笑)。バクステ見てても、全体的にスベってるところが元々好きだったんですけど、イベント中も会場にいないのに話題に出てたの1番じゃないかな。
将さんはホテルに帰ると、青学でごはん行こうーとかってなってもそこには集まらず、いつも「俺は日替わり(の打ち合わせ)があるから」って千葉ちゃんのところに行っていたそうです。それを宇野さんは、将さんはまじめ、一生懸命考えててえらいなー、っていうニュアンスでお話してくれたんですけど、実際ネタを考えてたのは千葉ちゃんらしく、千葉ちゃんに「将さんのネタは出せない」って言われて驚いてた青学さんが可愛かったです。なんなら俺頑張って考えてる、くらいの感じに見えてたそうな(笑)。
で、しかも将さんはそのまま寝たいから「千葉ちゃん!千葉ちゃん千葉ちゃん千葉ちゃん千葉ちゃん!」って千葉ちゃんのところに来るくせに必ず自分の部屋に呼び出して、打ち合わせは将さんのお部屋で、しかも将さんの部屋加湿具合が半端なくて、加湿器持参して、さらにホテルで加湿器借りて、シャワーも出しっぱでめっちゃ結露してるらしいです。かなめさん「頭にカビ生えるんちゃう?」って言い放っててひどいwww ってなりました。

あと、どういう話の流れだったか忘れちゃったんですけど、普通にそういうトークテーマがひとつ設けられてたんだっけかな?“相談するならこの人”っていうのは誰ですか、みたいな話のときに、聖ちゃんがふうまくんを挙げてて、今回はダブルスだからふうまくんに相談してたってお話をしてくれたんですけど、それを受けて優くんが「俺は?」って隣の聖ちゃんのほうに顔を向けながら聞いてたのがちょおおお可愛かったです!! 聖ちゃん普通に「なかったね」って言い放ってたけど。言われて優くんは笑顔で「今回はふうまに任せてたんですよ」って言ってたけど、だったらなぜ聞いた!可愛かったからいいけど!!

トーク終了後はビーチバレー&潮干狩り(お客さんが「しじみ」とか「あさり」とか「ハマグリ」とか「高級アワビ」とか書かれた紙をもらって、それをキャストが1枚ずつ選んで得点を競う)対決がありました。ビーチバレーでぎゃーぎゃーしているキャストが可愛すぎ&スポーツをしている男子はもれなく素敵なので、ビーチバレーだけでいいのにと思いましたが、まあわちゃわちゃしているのは可愛くて楽しかったです。
結果青学が勝って(雑)、六角さんが罰ゲームとして青学のメンバーを1人ずつ10秒間褒めちぎる、っていうのをやってくれました。で、青学1人に対して六角4人が10秒間一斉にしゃべるもんだからほとんど聞き取れなかったんですけど、宇野さんのターンで1番最初に放った千葉ちゃんの「昭和!」に笑いました。あと優くんはみんな全然出てこなくて(´艸` ) 優くんそういう感じ?! そういういじられポジションなの?! 結果10秒で出てきたの「膝がかっこいい」でますます笑いました(´艸` ) ひざいっつも出てるもんね^^

ざざざーっとほとんど青学さんのお話ですが、こんな感じでおしまい!
ほかのメンバーはそれほど今まで抱いていた印象と違って意外!ってことは割と少なかったのですが、ふうまくんが意外とぴしりと冷たいというか毒のあるというか鋭いツッコミを入れてて、勝手にすごい可愛い子だと思ってたから(もちろん見た目はめちゃくちゃ可愛い(*>v<*)!)、意外で、そしてこういう子好きだなーって思いました。大好物(○´艸`) 先にも書いたとおり、かなめくんが1番しゃべってたんですけど、挨拶の時点から尺が長くて、それを冷静にふうまくんが「迷惑なんだよね」って言い放ってて、これは・・・!ってなりました。好きなタイプすぎる(*゚艸゚*)
優くんは、例えば初めて一慶さんのトークを見たとき、初めてPPでいなせを見たときのような、やばい!これは!大好きすぎる!! という興奮こそなかったものの、改めて好きだなーと思えたし、優くんの中に大石を感じられて、大石ファンとしては何よりそれが嬉しかったです(*^v^*) ・・・服装はちょっとあれだったけど(笑)、ますます好きになりました!行けてよかったー!

これ書いてる途中で聖ちゃんのバク転できたよブログ見て若干泣きました(;ω;)


は/か。『愛ある』3話感想。虎太郎ちゃんの私服よ・・・(ただいま私服のセンスに敏感なかばさん)。
comment
コメントする

   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.