cubitサンクスイベント in魔都夜曲

先日ブログに書きましたとおり、23日はテニミュに行っておりまして。ええ、マチソワ。チケットを確保してから発表されたしらすさまのイベントゲスト出演のお知らせ。ばか!ばか!って言いながらも、同行予定だったお友達の皆さんにしらすさま優先させてください、って謝ったものの、思いのほか優くんを捨てがたくなってしまい、いやこれはなんとか全部はしごできるのでは・・・?と、ムリクリ詰め込んで行ってきました、音楽劇『魔都夜曲』キュービットクラブサンクスイベント。本当にざざっとですが、自分用メモを残しておきたいと思います〆(・v・)

今回の『魔都夜曲』に出演されていない、ゲストのしらすさまと竜治は浴衣での登場でした。まぁーかっこいいよね!もちろん竜治さんもさすがの着こなしでかっこよかったのですが、しらすさまも負けず劣らず、というか2人ともタイプが違うのでそれぞれによくて、目の保養でございました(*´ω`*)Vv
1番書き残しておきたいのが!あれ・・・、これ舞台の感想を聞かれたときのお話だったかな?ちょっと記憶が曖昧なのですが、主演の藤木さんがかっこいいという話から、「こういう役がやれたらいいな」ってしらすさまがおっしゃったら、皆さんが(社交辞令かもだけど!笑)ちょっと雰囲気が似てるよね、って話になったんですね。しらすさまと藤.木.直.人が。そしたらしらすさまが教えてくれたんだけど、キューブには路線があるみたいで、しらすさまは藤.木.直.人路線でやっているそうですよ・・・!「僕は、藤木路線でやらせていただいています」って!私さ、2015年のプリンスライブのときに、
しらすさま同じ事務所の藤.木.直.人的な俳優兼歌手で活動していくっていうのはどうですか(割と本気)。
って言ってるんだけど、よもや公式でそういうお話になっているとは・・・!いや歌手活動とか含めず、ただ俳優の路線の話かもしれないですけど・・・。でもなんか、事務所でそういう路線のお話が決まってるっていうのもおもしろいなーって思ったし、しらすさまがそれを了承して藤.木.直.人系で行くぞって思ってるのもおもしろいし、なんかおもしろいなーって思いました(´-v-`) 私がこれ聞いて1番に思ったのはまず音楽活動も・・・!ってことだったんですが、それを置いておいても藤.木.直.人さん的役柄の俳優を目指していくというのは個人的にとても大歓迎なので(そもそも藤.木.直.人系男子は大好物です)、嬉しいなーって思いました。
で、いつか再演とかあったら藤木さんの役ができるようにってお言葉があったり、あとコクーンに立っているほかの方に向けて「羨ましい」ってこぼしていたり、ぽろぽろとしらすさまの舞台に向けてのお言葉が聞けて嬉しかったです。舞台に・・・!出てくださいしらすさま・・・!私は待っています(>ω<人)!
あとは、cubeの20周年のサンクスイベントってことで、過去出演したcube制作の舞台のお話をしてくれました。しらすさまのは・・・、えっととりあえずG2さんにコテンパンにされたというくらいでほかはさしておもしろい話でもなかったので書き残すことないんですけど(笑)(しらすさまが(いい意味で)変わっていなくてわたしゃ嬉しいよ・・・)、皆さんめっちゃお話がじょうずで、しらすさまがしゃべっていないときでもずっと楽しくて、イベント時間45分だったのですがすごくあっという間でした。さとしさんのお話とかめちゃくちゃ笑った(○´艸`)
そして竜治くんに対してツッコんでたり、あと今回初舞台の優心くんが“寝起きの小.栗.旬”に似てるって話になったときに、しらすさまがむしろモノマネの?人?私知らないんですけど、に似てる、ということを言って、そしたら優心くんが「まーきのっ」ってその人のネタ?私知らないんですけど、をやってくれたんですが、まあ微妙な空気になるんですね(笑)。そしたらすかさず真顔で「やってなんて言ってないよ」って言い放っていて、ひー!しらすさま!! ってなりました。今回も私の大好きなしらすさま節炸裂していて最高でした(*´Д`*) ってかそこでしらすさまが「まーきのっ」言ってくれてもよかったんじゃないかな・・・!花沢類(本物)として!
そんなこんなであっという間の45分でした。私はこの公演は見に行っていないのですが(抽選外れたん・・・)、行かせていただけてありがたかったです_(:D) ̄|_ やはり生しらすは格別でしたVv

それから夜の愛ある2話。今週もまた!また素敵でしたねー(人*'v'*)Vv 特に爽ちゃんと2人でのバーのシーンがめちゃくちゃによかったです!! 以前、ビタスイを見た際に堀内敬子さんがさとしさんにどんな言葉を言っていても、どんな態度をとっていても、その奥にさとしさん好き!っていう感情が本当に透けて見えていてそれがすごい!って思ったのがとても印象に残っているのですが、このシーンの爽ちゃんを見るしらすさまを見て、それを思い出しました。もちろんまだまだ堀内敬子さんほど演技ができるなんて贔屓目を含めても思わないし、そこまで全面に出てこそいなかったけれどそれはその時の堀内さんの役と今しらすさまがやってる虎太郎じゃ性格も違うから同じように出ているのが正解とも思わないからそれでいいと思うし。でもあの目は、あの爽ちゃんを見る目は完っ全に爽ちゃんが好きだったじゃないですか!その、目だけで“好き”って伝える!そのお芝居をしらすさまが見せてくれたことが私は嬉しくて嬉しくて嬉しくて・・・(TωT)
この役は本当にしらすさまにあってると思ってて、それはかっこよかったり、性格の悪い面が好きだったりするからだったんですけどもう!本当にしらすさまに特別強い興味を持っていないこのブログを読んでくださっている方がいたら、もうぜひ!騙されたと思って見てほしいです!騙されたらごめんだけど(笑)!とりあえずかっこいいことは保証するヨ!
私は常々しらすさまにはもっと恋愛ものだったり、女の子と絡むお芝居をしてほしいと、絶対しらすさまの魅力が発揮できるからとそういう意味で思ってきたのですが、これほどまでとは正直思っておらず!ほら言ったじゃない、って言う気満々だったのに、それすら超えてしまって、もう本当にしらすさま好きです・・・。
comment
コメントする

   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.