銀座辻る

辻る、行ってきましたーヾ(*゚∀゚*)ノ いろいろ盛りだくさんで、楽しかったです♪
なんといっても大久保さん・・・!私、ドリジャンでつじくんが演じていた大久保さんが大好きでして・・・!でも、平日公演が仕事終わりじゃ間に合わなくて満足に通えなかったうえに、DVDにもならず、上映会も開催されずで、とても不完全燃焼になってしまっているのですが。今回、前半のダイジェスト映像に、書き下ろしリーディングもあって、ちょおおおおお嬉しかったです(≧m≦*)!! いやまあ実際大久保さんの衣装で登場してくれるとばかり思っていたので、そこはちょっとがっかりでしたけど(-ω-。) なんのための映像・・・!私はてっきり、つじくん(出ずっぱり)が衣装替えするための時間として映像が用いられたのだと思っていたのに!ミッチーのままで出てきてびっくりしたヨ。

で、書き下ろしのお話もとても切なくて、でも笑えるしほっこりするところもあって、キュンキュンして大好きでした。幼馴染の大久保さんと篤姫さまが、お互いがお互い憎からず思っているのに、立場とか思惑とかいろんなものがあってそれを出さない、出せない、っていうお話で、もうーくぅー(ノнヾ〃)Vv こういうお話大好物Vv ちなみに、篤姫さまは幸くん、幼少期の篤姫さまをみねくんが演じていました。
で、つじくんがまた、“篤姫さまを利用している”という体を取っていながらも「離れたくない」とか言う、その言い方がね・・・!篤姫さまが徳川に嫁ぐってなったときの、「もう、手遅れですか?」とかズルすぎて、その辺の一連の流れ、死にました⌒つ* -ω-)っ で、また大久保さんにそんなこと言われてぐらぐら来てしまう篤姫さまのお気持ちがわかりすぎて・・・。「だって大久保は・・・」って、何度も自分に言い聞かせようとする篤姫さま乙女すぎてほんとよかったです。困って言葉を失う篤姫さまに対して、冗談で笑って終わらせる大久保さんもまじ大久保さん・・・!ズルい!好き!
本編で大好きだった「愛する人は必ず守ります」がまた聞けたのもすっごく嬉しかったです(´3`*)
幸くんも「紫.吹.淳です!!」とか言って笑いも取りにいってたけど、ちゃんと感情移入できる篤姫さま役よかったし、みねくんは顔を膨らませるのがちゃんと気持ち悪さもありつつ(褒めてる)、可愛かったですVv
はー、やっぱりドリジャンも大久保さんも大好きだったなー!ってなったし、映像見て幸くんのぬらりひょん様もよかったよなーってなったし、ほんとどんな形でもいいからもう1回見たすぎる・・・、ってなりました。なので今回、こうやってリーディングとして復活してくれたのもめちゃくちゃ嬉しかったです(≧v≦)!!

いきなり好きなところから書いてしまったけど、前半はDA2-DANZINでの登場でした。つじくんたちは通常運転だったんだけど、途中で残りの3人も偽物として出てきて、コールにグダったり、決まってない設定を舞台上で突然振られてグダったり、ふわふわしてて可愛すぎました( ´艸`) 幸くんが言ってたんだけど、なにがすごいって3人が3人とも主演級の役者ってことですよね。っていうかぶっちゃけ本物よりすごにょごにょ・・・( =艸=)

あと、突然のカラオケ大会はじまって笑いました( ´艸`) いやまあ確かにこんな形でも大希を歌わせないともったいないけれども・・・!っていうかまじこれなんで大希出てくれたんだろう(笑)。
その大希はミ.ス.チ.ル歌ってくれました。さすがでした。しびれました((ノнヾ〃))) 幸くんがズルいって言ってたけど、ほんとズルいよなーって思います。あんな風に歌われたら、そりゃかっこいい。
そんな幸くんはブ.ル.ー.ハ.ー.ツの『人.にや.さしく』。今回、ラブソングがテーマだったんですよ、このカラオケ大会の。幸くん、逃げたよね・・・!まあ確かに大きく括ったら愛だし?、バラードばっかり6曲も続くよりメリハリできたし、この(つじくん以外の)メンツの中でドストレートに勝負するのちょお勇気いると思うけどさあ・・・!大希とか、あんざいしに対して、(うまいことが)ズルくない?! って言ってたんだけど、ズルいと思うなら幸くんもそっちで勝負すればいいのに・・・!せっかくうまくなったのに、もったいないなーって思いました(>_<) 幸くん、ほんとうまくなってるから!次はガチでぶつかってほしいな!まあ、そういうなんかちょっとネガなところも好きなんだけどさー(´ε`)
あと、あんざいしくんは前回の公演から尾.崎.豊の『僕.が.僕.で.あ.る.た.め.に』を歌ってくれたんですが、なんか涙目に見えるなーって思ってたら、ほんとに泣きそうになってたみたいで、改めてあんざいしのそういう表現者としてのすごさというか、そういうものを感じました。なのにしゃべるとふわふわしてるし、はっちゃけるとヤバい人なんだよなー。すごい。

ほかにもいろいろ、公演の思い出ちょろっと話してくれたりとか、あとマッゼとかほかの曲もあって、いろいろ盛りだくさんでしたヾ(o・∀・o)ノ゙ 途中カラオケ―コーナーの時「みんな集合ー!」って言うから、もうエンディングかと思って早くない?! とは思ったもののでもそうだとしても納得できちゃった満足感既に得てて(なんせ大久保さんが幸せすぎた)、でも実際はエンディングじゃなくてその後もめっちゃ濃くて、ほんとおなかいっぱいでした(●´后●) 幸くんだっけかな、年越しの時みたいなふわふわ感って言ってたのすごいわかる!楽しかったです☆

== 2018.08.19 22:00 追記 ========
公式ブログにリーディングの台本上がったのでよかったらぜひぜひー。ついでにこちらにハイライト動画もありますので、私の大好きな大久保さん見てください。

17歳と20歳お祝い

7月1日!pnishさん、17歳のお誕生日おめでとうございますーヾ(*>∀<*)ノ!! 誕生日ってことで、久しぶりにショールーム見ました。1時までのつもりだったのに、結局1時間も延びて尿意が限界でした(笑)。
でもやっぱりpnishさんが4人で揃ってるときが1番好きだなー!って思いました。やっぱり今後のこととか話してくれるのは大樹っちゃんで、コメント挟むのが栄治さんで、なんだかんだリーダー・副リーダーなんだよなーって、あまりにずっと4人でいるところを見ていなかったので、そんな当たり前のことに嬉しくなったりしました(;v;) 本公演のこともお話してくれて、4人がやりたいって気持ちでいてくれて、なかなか順調に進んでいないかもしれないけどそれでも頑張ってくれているんだということがわかって、ずっとずっと待ってる!って改めて思えて、赤裸々に話してくれたからこその、信じられることがが幸せでした。ザ・pnishって感じのやつが私はなにより大好きなので、そんな本公演見られる日が楽しみだなー!
箸が転んでもおかしい年頃なんかじゃないのに(そもそも女性に使う言葉か)、箸の話で死ぬほど楽しそうに笑ってるおじさんたちが可愛くて仕方がなかったです(´艸` )
大樹っちゃん、セクシー、わっしー、つっちーさん、お誕生日おめでとうございました!pnishさんでの活動、期待して、信じて待ってます・・・!!


んで、今日は聖ちゃんのバースデーイベントお昼の回に行ってきましたーヾ(o´∀`o)ノ 聖ちゃんはたちなんだねー、めでたい☆ 昼だけだし、ざざっと雑に感想書き残しておきますφ(・ω・ )
っていうか優くんゲストに来ないかなーって思ってたんですよね。ほんとは昼夜両方行こうかなーって思ってたのですが、いろいろあって昼だけ行くことになって、そしたら夜の回が優くんゲストだったっテユー(o´-3-) まあチケット取ったときより優くん熱下がってるので(笑)大丈夫です。察してくれ。ご縁がないっていうのは、神様がそのように導いているのだと思います(信仰心が強い)。

でも代わりに来てくれたゲストがジョナで、ジョナも大好きなので嬉しかったです(*>v<*)!! ジョナサンほんとにいい人だなーって思いました。
聖ちゃんもジョナも弟さんがいるらしいのですが、ジョナがはたちになって変わったこととして挙げてたのが、弟に優しくできるようになったって言ってて、そのエピソードが今まではケンカしたらペットボトルとか投げ合ってたけどさすがにやめて、ペットボトルキャッチするだけの防戦に徹するようになったってやつで、男子兄弟可愛すぎるなって思いました(ノvヾ*)
あと、ジョナがはたちのときのお話してくれたんですが、「ファミリーでごはんを食べに行ったとき」、たぶんこれ“ファミリー”って一緒に住んでる家族だけじゃなくてなんか外国的なあれなんだろうなと思ったんだけど、たぶんそうだよね?お店の人が「二十歳おめでとうございます、大人になりましたね」ってシャンパンを持ってきてくれたって言ってて、ジョナ家さすがやな・・・、やべえなってなりました( ´Д`lll) お店の人の言葉が花男の世界やんか・・・。聖ちゃんに誕生日は実家に帰った方がいいよって言ってたけど、聖ちゃんそれが普通だと思っちゃだめだよって思いました。ジョナ家やべえ。
あとは聖ちゃんのクレジットカードへの半端ない憧れが感じられました。はたちになってやりたいこと「分割で」って言いたいって言ってて、分割が大人っぽいかっこいいって言ってたけど、ジョナもツッコんでたけど大人ならむしろ一括なんじゃないだろうかと・・・。なにかというとクレジットカードへの憧れを口にしていたけど、ほんと聖ちゃんが悪い大人に騙されやしないかと心配です(´・ω・`)

お祝いVTRはふまたんが可愛かったです!「ケーキを買ってお祝いしようと思ったのですが、ケーキが売ってなかったので、水ようかんを用意しました」って、水ようかん食べながらお祝いコメント言ってて可愛かったです(〃´v`〃) 6人中4人がタピオカの話をしていました。
あと、幼少期の映像も流してくれました!意外と面影なかったです、聖ちゃんって言われてもあんまりピンとこなかったのは私だけ・・・、かな?
あとはなんのお話してくれたかなー。あ、聖ちゃんが昼の部では浴衣だったのですが、「ゆかた」と「ゆたか」がごっちゃになってて、「はかた」と「はたか」とか“かた”が付くとバグりやすいって言ってて、なにを言ってるのか意味がわからなすぎて可愛かったです(〃´ x `〃) とにもかくにも可愛くて、聖ちゃんが可愛いイベントでした。ほっこり。聖ちゃんがセ.カ.オ.ワの「Dragon Night」を歌ってくれたので(知らない)、キョウハジがノンストップで流れています♪

優くんと納谷くんの劇ジャン

優くんと、高校の同級生の納谷くんがイベントをやるってことで!5月27日の大阪と、6月2日の東京、計4回参加してまいりましたーo(*゚∀゚*)o
私、納谷くんは笛で1回見たことがあるくらいで・・・、ほぼほぼはじめましてかな?納谷くんの人気具合もわからず、チケット取れなかったらどうしよう・・・(ノll゚Д゚llヽ) って思ってたけど、無事に行けてよかったです!めっちゃ!めっちゃ楽しかった(o≧V≦o)!!!! もう、納谷くんめっちゃ大阪人!MCの方(以下ひのけんさん)も大阪の方だったのでお話うまいし、すっごい充実してました。個人的には特に大阪のほうがたっぷりに感じられて、だから大阪まで行ってよかったなー!ってなりました。
大阪の感想を書き終わる前に東京も終わってしまったので、日時ごちゃまぜでざっくばらんに、またレポじゃないけど感想書き残しておきます〆(・u・) あ、私優くんのファンなので・・・、ほとんど優くんの話しかしないと思うけど、ご容赦ください_(:D) ̄|_


まず、まずこれ。まず全力で謝らなくてはならないことが。優くんの、右側の前髪の脇のあたりにある金髪メッシュの部分、あれ優くん染めてるんじゃなくて生まれつきなんですって・・・!特に調べたわけじゃないけど、家族の中では白斑?だろうってことになってるってことで。・・・厨二とか言って全力でごめんなさいm(_ _ )m いや、でもそう思ってしまったのは日頃のあれもあると思ごにょごにょ(=艸= ) でもなんか、いい感じにしゃれた位置にあるよね!だから染めてると思ったんだもん。優くん、自分の好きなところそこのところらしいです。厨二とか言ってごめんなさいm(_ _ )m あとで過去記事も訂正入れておきますね。

さて。今回のイベント、とーっても優くんの印象が変わりました。高校時代からのお友達の納谷くんとってことで、今まで見てきた感じと全然違ってた。優しくて、まじめな印象は変わりないんですよ、全然!むしろ、本当ーーーに優くん優しい人だなーっていう印象はさらに強くなった。ほんと優くん優しすぎて、感動するくらい優しかった(;v;)
でもね、納谷くんがその言葉を使ってたので敢えてそのまま書くけど、ポンコツだった(・。・) ・・・私の人を見る目がなかっただけかな?今までテニミュのイベントとかで見てきて、優くんにポンコツのイメージありました?ドポンコツ言われてて、優くんもそれを受け入れてたけど、ドポンコツの印象ありました?もうめっちゃふわふわしてて、天然で、可愛くて・・・。今まで抱いていたイメージと全然違ってた。だってさ、宇野さん一番優くんがキャラに似てるって言ってたじゃん!いや確かに優しいところとまじめなところはすごく似ていると思うけれども!私は納谷くんが今まで演じられてきたキャラクターの性格を存じ上げないのであれなんですけど、イベントの最初に、お客さんはいろんな作品を見てキャラクターのイメージとかあるかもしれないけど、全然違うから!嫌いにならんでね!(回によっては「イベント見に来た方が悪い!」的な言い方してて笑った)って注意してて、優くんも「キャラ(大石先輩)はね、しっかりしてるんですよ・・・」ってガチ凹みテンションで言ってて、すこぶる可愛かったです。
でね、大阪から帰ってきて翌日にイベントを反芻しながら、でも今までそういう印象じゃなかったってことは、役を演じているときに限らずテニミュの現場やイベントではきっと、副部長でいようって頑張ってくれてたんだな・・・、って思ったら・・・(;ω;) 推せる、って思いました。思って、ああ私優くん推そう、って思いました。前にも書いたんだけど、私の中でテニミュを見ただけで“推し”って言うのはちょっと自分の中では定義と違うなって思ってて、さらにイベントで推すのも違うなって思っててだって彼らの本職はイベントじゃないから。でもさ、演技とかご本人の性格とか見た目とか、そういうの全部ひっくるめて好きになれないと全力で応援できないから私、今回のイベントで知れた優くんの性格の部分が大きすぎました。
だってさ、できる人がポンコツを演じるならできるけど、ポンコツな人がしっかりした人を装うってできないじゃないですか。できないからポンコツなんじゃないですか。でもさ、そうであってくれてたんだよ、優くんは。勝手な想像だけど、すっっっごく頑張ってくれてたんじゃないかなって思って。卒業挨拶のときに、「僕たちは家族だから、相談があったらいつでも僕のところに来てください」って優くん言ってて、絶対優くん相談される側じゃなくてする側でしょって思ってはいたけど(・・・書いてて思ったけど、“ポンコツ”とは思ってなかったけど、改めてそう考えると私も相談される側ではないんだなっていう察しはあったんだなw)(台無し)、青学の中で優くんはそういう副部長ポジション、大石らしい存在であろうってしてくれていた、その表れだよね。そう思ったら、優くんありがとうってなって(;ω;) 今まで抗ってきたけど(笑)、素直に推したいって思いました。だからちゃんと応援していこうって誓いました。

いやーでもほんとふわっふわでした。全部知ってる納谷くんと一緒だったから、たぶんこれが素に近い状態なんだろうなーって思うんだけど、ほんとすごかった。将さんの影に隠れてたけど、よく隠れてたよ(笑)!
夏と冬どっちが好き?って質問(ちなみに優くんは着込めるから冬)から、納谷くんが虫苦手って話になって、去年の夏に納谷くんの家の前でカブトムシが死んでたって話で、優くんが東京でカブトムシとかめっちゃレアやん!ってテンション上がりながら、突然「なんでカブトムシってメスのほうが力強いんかな・・・?」って呟いたり。“得手不得手”を読んだ納谷くんに対して「得意不得意じゃないの?」ってナチュラルに聞いて、客席からの悲鳴(笑)と納谷くんのリアクションに「えてふえて?えてふえてって言うの?どっち?ほんまにどっち?」って自分が騙されて遊ばれているのではないかと心配になり「えてふえて?」を連発したり。「10年後どうなっていると思いますか?」的な質問に、「考えてもみてください、今生まれた子が10歳になるんですよ」とか意味わからないことをドまじめに言ってみたり。終始そんな感じの優くんに、納谷くんが高いテンションでツッコみ続けるので、疲れて「あ゛ーーー!!」ってなるんだけど、そんな納谷くんに「疲れた?」って優しく聞いちゃう姿も、優しさと天然があいまってもう可愛いし(T_T) 納谷くんが客席に向かって「(優くんのこの感じに)みんな疲れたら1回立ってええで」って言ったら、まず先に立ち上がって「お前じゃない!お前が疲れるな!!」ってツッコまれる優くん可愛いし、ほんといいコンビ。「こんなやつと仲良くなったらあかんで、みんなは友だち選びや!」って言う納谷くんに対して、ボケとかじゃなくて本気のトーンで「大変やと思う」って答える優くんも、「(優くんの)しょーもない話で笑ったらあかんよ!これでええんやと思ったらつけあがるから!こいつが成長せん!!」って言う納谷くんに「よう言うた」って言う優くんも本気だし、納谷くんこれは疲れるだろうなーって思った(笑)。けど、その根っこにあるのは優しさなんだよね。優くん本当ーーーに優しいの(T_T) だから好き。
本当に納谷くんと一緒だったからこそこの優くんは出てきたと思うので、今回納谷くんと一緒でよかったなー!ってすごく思ったし、また一緒にイベントやってほしいなーって思ったし、納谷くんは大変だと思うけどこれからも松村優をよろしくお願いしますって思いました(笑)。


さて質問コーナーから印象に残ったやつを書き残しておきます。
まずは、高校の同級生ってことで高校時代のお話が多かったので、そのあたり。初対面のときの印象の質問があって、納谷くんが話してくれた優くんの姿が衝撃的でした。優くんたち行ってたの芸能系の学校なのかな?卒業公演がーとか言ってたから、そうなのかなって思ったんですけど、学科?のクラスが1クラスしかないからこれから3年間よろしくねーアドレス交換しようーってタイミングで、今みたいに身長が高くなかった優くんは(大阪では144cmって言ってて、東京のときに150cmちょいって訂正していたのですが、「さすがに144cmは盛りすぎた、低すぎる」って言ってしまい、当時138cmだった納谷くんに怒られる^^)、ボーダーのパーカー着て、黒縁のだっさいメガネかけて(大阪ではもうちょっと穏やかな表現だったんですけど、東京でオブラートがなくなってて笑った)、スポーツ刈りで1人座っており、それを見た納谷くんは陰キャなのかなって思った、ってまだそこまではいいんですけど!そんな姿の優くん、ドラムスティックでリズム刻んでたんですって!やばくない?! ・・・やばくない(゚д゚`;)))?! 話聞く限り、高校生活初日だよ?! みんながアドレス交換してる中だよ?! 1人で、教室で、ドラムスティック持ってきて叩いてるんだよ?! ヤバい。ヤバすぎる。十万石饅頭みたいになっちゃう。しかも、ドラムやってないんだって!優くん曰く、これからやりたいと思っていたらしくて、「やってんの?」って声を掛けてもらって「やってないねん、これからやるねーん!」って言いたくて、構ってほしくてそんなことしていたらしくて・・・。やばい(゚д゚`;))) 「それがかっこいいと思ってた時期なんですよ!」って言ってたんだけど、松村優想像以上にやばい人だった( ;´Д`) 優くん、未だにちょっとこじらせてると思ってるんだけど(笑)、当時に比べればうーーーんとよくなってるんだなー!って思いました\(^O^)/ きっともうちょっとで完治できるから頑張ってほしいナ!
でもカラオケのときにちょろっとドラムボーカルやったことあるって言ってたから、今は叩けるのかな?! え、それはそれで別の意味でやばいんですけど。優くんドラムできるの?! ダンスも踊れて、歌も歌えて、ドラム叩けるの?! え、見たい・・・。やばい・・・(*´Д`*)

ちなみに優くんと納谷くんはダンス部だったそうです。優くんダンス踊れるのは高校時代にやってたからなのかー。

これどういう質問のときにそういう話の流れになったのか忘れちゃったんですが、ひのけんさんが「どっちが頭よかった?」って聞いたとき、「俺ちゃう?!」って優くんすくって立ち上がったんだけど、いろいろ話した結果納谷くんのほうが頭よかったの笑いました(○´艸`) 納谷くんはYDK(やればできる子)で、テスト前とか必死に勉強すれば下手すれば1位とか取ることもあったって言ってて、優くんは(何人中だかわからないのですが)35位とかで・・・。そのまんまツッコまれてたんですけど、優くんなんで「俺ちゃう?!」って立ち上がったの?可愛い・・・(ノнヾ〃)
一応優くんの言い分としては、納谷くんが文系で、優くんが理系で、理数科目で勝ってた?から、勘違いしたみたいです。で、納谷くんは数学は好きなんだけど、算数で単純に間違えることが多くて足し算とか掛け算とかが苦手、って言ったら、優くんがとっさに「1×1は?」って聞いて、優くんwww ってなりました(*゚艸゚*) 納谷くんは3桁とか、そういうのがダメって意味で言ったみたいなんだけど、九九にしてもせめて7の段とかにしようよ(できないかばさん^^)って思いました。よりにもよって1×1www はー、飽きないなー。
あとさ、割と不思議だったの「一生」って言葉の使い方なんだけど、優くん「俺、古典の先生に一生職員室に呼ばれてました」って言ってたのね。納谷くんもなんかのときに同じようなニュアンスで「一生○○だった」使ってて、これは方言ですか?それとも世代?? おもしろい「一生」の使い方だなーって思った。

学生時代にした1番悪いことは、打ち上げ花火しちゃいけないところで打ち上げ花火したこと。・・・可愛すぎる(ノнヾ〃) いやほんとはもっとあって、言えるやつがこれだったのかもしれないけれども(まあでも恐らくそう悪いことはしていないだろうなと伝わってくる2人の雰囲気)。これがさっと出てくるのなんなの?計算なの?可愛すぎる。


大阪の夜の回で、好きな女性のタイプ教えてくれました(* ´艸`)Vv めもめも〆(゚▽゚*)!
大人の、お姉さんみたいな優しく包み込んでくれるような、お母さん的な優しさのある人。ですって!! 言葉は定かではないですが、お姉さんともお母さんとも言っていた記憶(*´ρ`*) かばさん高校時代にクラスのおばあちゃんぽい人ランキング1位だったんですけど、おばあちゃんじゃだめですか・・・!必死^^ とりあえずこれから、優しく包み込んでくれそうなお姉さん的なファッションを頑張りたいと思います(`・Σ´・ゞ)
で、この質問は、納谷くんから優くんへの質問だったんだけど、優くんが答える前に「俺は知ってるからな!嘘吐いたらバレるぞ!!」と釘を刺されてたんですね。で、優くんの答えを聞いて納谷くんは「違うと思う」って、そう言いながらおもむろに客席を歩きはじめまして、でそのまま、普通ーにチケットを取って見に来てくれていた当時一緒につるんでいたお友だちのところへ突然「どう思いますか?」って聞きにいってました、笑った。そのお友だちは「半々」ってびみょーな答え方されてたんだけど、納谷くんは「真逆やと思う!!」「客層見て、年上多いなー思って、あわせたやろ!!」って言ってんの大層失礼じゃない?めっちゃ笑ったけど(゜艸゜ ) 納谷くん、敵を作りやすいって自分で言ってたの超理解だわ^^ でもあまりに「真逆」を全力で繰り返していたので、きっと今カノか元カノか優くんの好きな子か、とにかく納谷くんの知っている“存在”が、優くんを振り回す系の年下(ないし同い年)のきゃっきゃした元気っ子なんだろうなーと察しました(´=v=`) 納谷くんよ・・・(´=v=`)
一応その話は、優くんの好みが納谷くんが知っているものから変わった、という方向に落ち着かせていました。今は優しさが欲しい時期だそうです可愛い(〃´v`〃) そう言われて、確かに好みというのは変わるのかもしれないなーと私も思いました。私も元来性格が悪い人が好きだったはずじゃないですか・・・!こんな性格のいい、優しい人とかハマらなくなかったです?! 今は優しさが欲しい時期なのかなー疲れてるのかなー(笑)。

人生で1番テンション上がったのはテニミュのオーディションに受かったときだそうです。手ごたえなくて、受かると思ってなくて、だから連絡来たとき道端で1人で飛び跳ねたそうです可愛い(*´v`*) で、その飛び跳ねについてなんかツッコまれたんだったかな、ちょっと流れ忘れちゃったんですけど、それに対して「こんなに出たかったんだから、こうなりますよ」ってさらっと言っててね、それくらいテニミュに出たかったんだなーっていうのが、嬉しかったなー(○´v`○)

あとこれ!これ可愛かった緊張をほぐす方法!まず最初に話してくれたのが、舞台に立ったときのこと、お客さまのことを考えながら、ずーっとぐるぐる歩き回るやつで、これは普通かなって思ったのですが、そのあとドまじめに「あとは、ベタに人って字を3回書いて飲みます。これほんまに聞きますよ!」って本気の本気で言ってて可愛かったです。そのあと納谷くんが、緊張すると視野が狭くなるから、もっと地球規模、世界規模で考えて、こんな小さいことで緊張してる自分小さいなーって考えるっていう、ちゃんとした(笑)やつを言ってくれたんだけど、それにも負けじと「でも人って字を書くのもほんまに効くから・・・」って言ってて、もう本当に可愛かった(ノvヾ*)Vv でもって、その後、なんかその納谷くんのお話の比較対象として?なんか香川県が出てきたんですよね、香川県くらい小さい、みたいな感じで(その後香川の人に謝ってました)。そしたら突然、優くんが生き生きと「香川のうどんってめっちゃうまいよ!」って香川のうどんについて語りはじめて、1人でめちゃくちゃ語りだしました。暴走してました。可愛かった・・・(ノvヾ*)
そう言えば、最後の晩餐変わってた!テニミュのイベントのときはお好み焼きって言ってたけど、豚汁になってた(○^v^○) 1回豚汁って答えて、それから「あ、豚汁じゃない、待って」「優しい味のものがいいな・・・」って言ったら、納谷くんに「優しい味のものがいいから豚汁って言ったんやろ!」ってツッコまれ「あ、そっか。じゃあ豚汁で」って豚汁に落ち着いてました。ぽわぽわしてるよー可愛いよー(*´v`*) ちなみに、その日のなんかの話で優くんの記憶力が乏しいっていう話になってて、その時に昨日の夕飯も覚えてないってことを言ってたんだけど、ここで「昨日も豚汁食べた・・・、あ!覚えてた昨日の夕飯!」ってなって、納谷くんに「あ゛ーーー!!」ってなられてました(笑)。

それから、優くんから納谷くんへの質問ももちろんあって、大阪の昼の部での質問が、「いろいろな役を演じていますが、似たような役を演じているときはどのように切り替えていますか?」っていう、それ裏ですればいいのでは?っていう質問でした(笑)。私この質問を読んだだけだと、納谷くんと似たような役なのか、納谷くんが演じているキャラクターの中で似たキャラクターなのかわからなかったんだけど、納谷くんは後者として回答していました。そのご回答が、まくしたてるような勢いで「甘いねん!まず、似たような役はあるかもしれないけど、その役がたどってきた道は全然違うから、それを作り上げればおのずと全然違う役になる、切り替えとかじゃないわかっとけ!」っていうもので、一応読みやすいように句読点入れたけど、納谷くんは句読点なんてないような勢いでガー!って言ってて、それはこれがイベントだから敢えてのパフォーマンスとして叱るような勢いで優くんに言ったわけなんだけれども、それを受けて優くんがまじめーに「あーーー、なるほど。勉強になりました」って感心してて、もう優くんのまじめさといい人っぽさが存分に出つつも、納谷くん欲しかったのそういうリアクションじゃなくて、「ちょっとは悔しそうな顔せえ!」ってまたキレられてました。これぞ暖簾に腕押しだなーって思いました。

東京のイベントはどっちかって言うとわちゃわちゃしてる2人を愛でるイベントって感じで、そんなに新たに得られた情報ーって感じはなかったんですけど、これ!優くん、長男だった!聞いた瞬間、頭を抱えた(ノнヾ〃) 私、今まで好きになったキャストさんほぼ長男なんですよ・・・。優くんも例に漏れずだった、やっぱりなーっテユー。しらすさまに続き、優くんもザ・長男って感じではないのに。なんでだ・・・。弟2人いるそうです。

あと東京でお互いの似顔絵を描いてくれました!左が優くんが描いた納谷くん、右が納谷くんが描いた優くんです。・・・これまた頭を抱えた(ノнヾ〃) いやまあ、ああいう字を書かれる優くんですからなんとなく想像はしておりましたが、絵もまた味のあるのを描く人だった。SUKI・・・。私、絵と字が汚い(というか、いかにも男子っぽいやつを書く)男子が好きなんですよ。もうほんと優くん好きになる要素しかない(ノнヾ〃) どうなってるの・・・。しかも「ちゃんとしゃべってるんですよ」「ポイントは髪型です。髪型が1番うまくできました」って、納谷くんの隣に絵を並べてちょー嬉しそうに笑うの。可愛すぎません?可愛すぎる。イベント中ずっと、優くんが嬉しそうに笑う笑顔が好きだなーって思ってました。はー可愛い(*´д`*)Vv
納谷くんはちょーうまいね?うまいけど、優くんの似顔絵かって言われると、違うよね(笑)。
そういえば優くんはサインできたんですね。ジョイサウンドのときは『松村優』って漢字で書いてたけど。

あと優くんやばかったの、「あだ名ってなに?」発言かな(笑)。そこからなぜか優くんの名づけの理由の話になったんだけど(笑)、第一に優しい子になってくれるようにで、第二に呼びやすいから、だそうです。ていうか、優しい子になってほしくて“優”って名付けて、ここまでその通り優しい子になるなんてことある?! ご両親、どんな育て方したんですかすごくないです?! でも『松村優の育て方』出してほしいなーとは思わないけど、優くんの場合は(笑)。ドリライかなんかの感想でも書いたけど、私ここまで名が体を表している人に出会ったことないよ。ほんとーにすごいなーって思う。将来子どもが生まれたら(1ミリもそんな予定はないし、そんなつもりはない)(子どもが嫌い)、“優”って名前を付けようって思いました。

それから優しいエピソードだと、「ここは誰にも負けない、ここは弱いというころを教えてください」という質問で、(まず弱いところとして「俺は頭が弱い」って答えてたw)絶対怒らないって言ってました。これもすごい聞きたかったことだから、聞けてすごく嬉しかった!優くんって怒ることあるのかなーってずっと気になってたんですよね、あまりにいい人だから。で、ご回答、今まで1回だけ怒ったことあるそうです。「しょーもないんですけど、」って前置きしてたんだけどね、まあしょーもないと言えばしょーもないけど、でもしょーもなくないんですよ。
小学生、の頃とかの話だったかな、お母さんに買ってもらったシャーペンを、友達に投げて壊されちゃって、その時だけは怒ったそうです。「買ってもらったんやぞ!!」って。自分で買ったやつだったらいいんだって、せっかく買ってもらったのに、それを壊されちゃったから、それだけは許せなくて怒ったんだって。・・・(;ω;) いい子すぎません?やっぱり出してほしい、『松村優の育て方』。しかもさ、学生時代の話じゃないですか、私の感覚がおかしいのかもだけど、その頃って親に文房具買ってもらうの普通じゃないですか?自分で稼いでるわけでもなし、勉強道具普通買ってもらうじゃないですか。もしかしたらすごい優くんが欲しくて欲しくてねだったやつだったのかもしれないけどさ、それにしても。お母さんに買ってもらったものを、そこまでちゃんと“買ってもらった”っていう感謝の気持ち持って使ってて、自分で買ったならいいけどでも違うからお母さんのために怒れる、って(;ω;) 優しすぎる。出木杉くんだよ。優くんってほんと、人の幸せを喜び、人の不幸を悲しめる人だよね。出木杉くんじゃなかった、のび太くんだ。あーなんか今打っててめっちゃしっくりきた、優くんのび太くんだね!そういえばしらすさまも今演ってる役のび太くんって言ってましたね!私の推し2人はのび太くん(謎)!
本当に今回のイベント見て、優くん優しいなーって思った。とにかく優くんの優しさがこれでもか!ってくらい感じられて、優くんすごいなーって思ったし、尊敬した。私、すぐキレるし、怒るし、イライラしちゃうし。で、イベント翌日から、私のテーマは“頭の中に松村優を飼う”になりました。怒りそうになったら、イライラしちゃったら、優くんならどうするかなーって考えるようにしたいなって。たぶん元々がキレやすいから、すぐ持たなくなると思うけど・・・!今のところ、だいじょぶ(まだ3日である)。もう今更優くんみたいな聖人にはなれないけれども、少しでも好きな人を見習って、好きな人に近付きたいって思った。それくらい優くんは素敵な人だなーって思いました。尊敬する(。-人-。)


それから今回、大阪でイベントコラボのスイーツという初めて見るものがあったので、せっかく行ったしーと思って食べてきました( ´艸`) 見ておわかりの通り、生クリームになにかフルーツのシロップ的なあれがかけられていて、私そういうのとってもダメなので極力使わないように気を付けつつも、頑張って完食しました。
イベント中、宣伝として食べてたんだけど、出てきた瞬間ストローを「ネギかと思った」って言ってました優くん。で、納谷くんもひのけんさんも親切心で同意してあげてたのに、優くんがまじに受け取って「そうやろ?!」って嬉しそうにしてて可愛かったです(〃´v`〃)
で、納谷くんが一生懸命どういった趣旨でこのスイーツを作ってもらったか、どういうところにこだわったか説明してくれてたんだけど、まー絶妙ーな(よくない)タイミングで「コーヒー豆!」って叫んだり、「コーヒー豆じゃなくてチョコレートだったwww」って1人ツボってたりして、ほんと優くん自由人でした。まじほんとテニミュのイベントなりで見ていて優くんがこんな人だなんて誰が想像しました?! なんか、突然カブトムシのオスメスの話しちゃうのとか、突然香川のうどんについて語りだしたりとか、こういう「コーヒー豆!」とか、テンションがハイじゃない一慶たん味があるなーって思いました。


と、イベント後半はカラオケコーナーでした♪ 高校時代、多い時は週6で行ってたらしいです。優くんの歌唱力はここで鍛えられたのですねー。歌が終わると、時間がもったいないから演奏停止押して終わりにする感じとか、めちゃくちゃ普通のカラオケぽかったです(笑)。そうそう、普通のD.A.M的なカラオケだったから、納谷くんが歌ったなんかの曲で平牧さんが映ったんですよ!そしたら、優くん特になにも言わなかったけど画面二三度見して、あれ?あれ?? ってリアクションしてて、大石先輩に反応してるの嬉しかったなー(^v^)
そうそう!カラオケコーナーはじまる時に、音楽は歌がじょうずとかじょうずじゃないとかじゃなくてハートなんですよ!ってことで、優くんが「ここです」ってトントンって胸を叩いてたんだけど、ドリライのときに続いてやっぱり右側の胸部分叩いてて、納谷くんに「こっち(左)な」って指摘され、心臓の位置を把握してました/(^O^)\

で、歌ってくれたお歌、めっちゃ曖昧な記憶の歌手名から無理矢理記憶引きずり出したやつなんで、もしかしたら全然間違ってるかもしれないけど(そして優くんのだけでごめんなさい)!
大阪の昼の部が、優くんの尾.崎.豊『I LOVE YOU』からはじまって、その後納谷くんがク.リ.ス・ハ.ー.トの『I LOVE YOU』歌って、これてっきり納谷くんが『I LOVE YOU』被せしたのかと思ったんだけど、東京で納谷くんがキレ気味に、事前にお互いこういう歌を歌おうと思うーってラインナップは送り合ってて、納谷くんはちゃんとそこにク.リ.ス・ハ.ー.トの『I LOVE YOU』を入れてたのに(東京でも歌ってたし十八番なんじゃないかな^^)、じゃんけんに勝った優くんが先にそのラインナップに入れてなかった尾.崎の『I LOVE YOU』歌っちゃって、「俺が被せたと思われるやん!!」って言ってて、まんまとそう思っちゃってたので、納谷くんごめんwww って思いました。あと、f.l.u.m.p.o.o.l(納谷くんがPVの最初の女の子の顔真似してたから、なんか女の子が泣き顔みたいな顔するやつ(雑))、N.i.s.s.yの冬の歌。この回は1番だけでおしまいにしてたので、たくさん歌ってくれました♪
夜の部が、H.Y『366日』。で、その後歌った納谷くんがキ.ン.キの『Anniversary』でちょっと2人の真似みたいな感じで歌ってて、あそういう(モノマネ系)感じ?って優くんが歌ってくれたのがラ.ル.クの『虹』。これがなかなかに似ててびっくりしたー!あと最後に2人でス.キ.マ.ス.イ.ッ.チの『奏』。
東京昼は、中.西.保.志さん『最後の雨』と、2人でク.マ.ム.シ『あ.ったかいんだからぁ』。
夜の部は、b.a.c.k n.u.m.b.e.r『高.嶺の花.子さん』、斉.藤.和.義『歌.う.た.い.の.バ.ラ.ッ.ド』、最後に2人でA.A.Aの『さ.よならの前に』を歌ってくれました。
もーっと全然知らないお歌ばっかりになっちゃうの覚悟してたので、思いのほか聞いたことある歌手の方のお歌が多くて(歌そのものは全然知らなかったけれども)、あとバラードが多めで!それがなにより嬉しかったです(〃´v`〃) すごいじょうずだったーVv 惚れ惚れしましたVv


そして大阪の夜の部では、優くん納谷くんから、お手紙も読んでくれました。これ、大阪だけだったから、大阪のほうが質問回答とか充実していたのもあって、本当ーーーに大阪行ってよかったって思った(;ω;)
で、もちろんファンにはサプライズってことで2人で書こうって話し合って書いてきてくれたのですが、納谷くんはまず最初に優くんへのお手紙をどっきりで読み上げてくれました。細かい内容はあんまりちゃんと覚えてないんだけど、(イベント中納谷くんはずっとそういうイメージだったけど)結構本音で書いてたんじゃないかな。聞いてて泣きそうになっちゃったんだけど、優くんも泣いてました(;v;) 「えーーー、聞いてない」って泣いてる優くん可愛すぎた(;v;)
で、その仕返し(笑)に、東京の夜の部で優くんは納谷くんにお手紙を書いてきてました。ノートを広げた瞬間、「字、汚っ」って口走ってて笑った(゜艸゜ ) (自分の字です)。「これからも、俺のこと褒めて伸ばしてね」って内容で、終わった瞬間「甘ったれた内容やわー」って納谷くんに言われてるのが(絶対照れ隠しだよね!!)、まじ男子!って感じでちょー可愛かったです(o^v^o)
さらにその後に、優くんはMCのひのけんさんにもお手紙を書いてきていたのが、まじいい人でした。でもね、中身は感動なんですよ、感動の雰囲気の中読んでるんです、読んでるんですけど、途中で入る謎の小声での確認。「・・・ひのけんさん、やよな?」2日間に渡るイベントの最後の最後、しかも感謝のお手紙の最中に名前の確認(笑)。その後もふわふわしながら読み進めてたんだけど、途中で不安がぬぐえなくなったのか納谷くんに確認を取って。読み終えたあと納谷くんが暴露してくれたんだけど、ノートには「ひむけんさん」って書いてあったそうです(゜艸゜ ) 台無しがすぎる。いやーもうほんと優くんポンコツだな!って思いました(*^v^*)

で、本題です、本題。優くんのファンの方へのお手紙。優くんが同じ思いでいるかわからないけど、納谷くんはどうぞ広げてくださいってブログに書かれていたので、なんとなくニュアンスで・・・!自分用備忘録としても、まとめておきます。私は聞きながらちょー涙を我慢しました(イベント中泣いちゃうのって恥ずかしいじゃん・・・)。
まず最初に、「この世界に入って、不安なことがいっぱいありました」的な不安の吐露からはじまりました。優くんがあまりご自分に自信がないというのはインタビューとかでも知っていたけど、直接聞くとまたガツンとキて、それだけで泣きそうになりました。ファンができるのか、とか、見にきてくれる人がいるのか、とかそういうのは優くんに限らずほかの俳優さんだって思っていることだと思うけど、やっぱり優くんに言われるのはクる。だって「僕なんかで」とか言うんだよ(;ω;) そんなこと言わないでよって思うけど、だからこそ(もちろんその前に“応援したい”って気持ちがあるからこそだけど)応援しなくちゃって思わされて、これが優くんの作戦だったらすげー策士だなーって思いました(笑)。
でね、「でも応援してくれる人がいてくれて、頑張れています。感謝しています」っていう内容だったんだけど、優くん、ファンの方からのお手紙読んでいつも泣いてるんだって(;ω;) っていうか、優くん前はお手紙読んでいつも笑ってます的なことツイートしてたけど、優くんファンどんなお手紙書いてるの?! 笑って泣けてできるって、どんな感動巨編を書いてるんですか?! そんな中に紛れ込む私の語彙力の死んだ「だいだいだい、だいすきです!」のお手紙破って捨てたいんだけど(lllノ-ω-)ノ 優くんのこと笑えないおばかなかばさんつらい。でも、「一生懸命やってると、見てくれてる人がいるんだなってわかって」って言葉を聞いて、ばかみたいなお手紙しか書いてないけど、お手紙書いて出し続けてきてよかったなって、ちょっと思いました。
締めはとてもよく覚えてるんだけど「応援し甲斐のある、応援してて楽しいなって思ってもらえる人になれるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」という感じでした。なぜこれを覚えているかって、すごく不謹慎なんだけどしらすさまを思い出したからなんですよね。あー私にとってしらすさまってすごくこれに当てはまるなーって。かっこよくて、お芝居も歌もダンスも大好きで、ちょっとあの不器用な感じもすごく好きで、そういう“好き”も大きな原動力だけど、それ以上に“姿を見て”ではなく“応援して”いてすごく楽しい、応援し甲斐がある。だから7年間も応援し続けられたんだと思う。誰も彼もがしらすさまみたいに着実に階段を上っていける世界じゃないってわかってるし、その階段を上ることこそがイコール応援し甲斐だなんて思ってるわけじゃないけど、でも優くんが優くんのやりたいお仕事をやりたいようにやってくれて、そしてそれがそのまま私にとっても応援し甲斐のあるお仕事だったら、何より嬉しいなー!って思いました(`v´) なかなかそううまくはいかないだろうけど。応援してる!
私の文章だと全然感動しないあれになっちゃってますね(しらすさまの話をしているからである)。優くんの口から語られたお手紙は、優くんの優しさとと感謝の気持ちに溢れていて、もっともっともーっといいお手紙だったんだよ(;ω;)

そしてその回の最後の告知で、優くんが次の舞台の話をしてたときに「おもしろい作品になると思うので、・・・僕がおもしろくするので」って言ってて、胸がぎゅーってしました(ノнヾ〃) ただでさえこういう誓いの発言に私は弱いのに、またついさっき不安がたくさんあったって弱いところをも見せてくれていた、自分に自信のない優くんがこう力強いお言葉を口にしてくれたことが!本当に嬉しかったし、惚れました(〃´ x `〃)Vv
私本当に優くんがWBB出るの嬉しくて!! なんならドリライきっかけに、いつぞやの汰斗さんのように、つっちーさんのお眼鏡に適って優くんpnish呼んでもらえないかな・・・!とか妄想していたんですけど、よもや卒業後一発目がWBBなんてね!優くん、9代目さんの中では次のお仕事の発表が遅かったので、どんなお仕事になるのか本当ーにいろいろ想像してたんですけど、いろいろ妄想していた中での10段階で上から2番目くらいに嬉しいv(>∀<)v!しかもside-Bですよ!本当に本当に嬉しくて楽しみだったんだけど、今回のイベントを終えてますます楽しみになりました(≧∀≦) チケット頑張って取らないとo(-`д´- o)


握手会では、しっかりとテニミュの感謝の気持ちが伝えられたので満足です(*´后*) 私基本的にお金を払うからには「ありがとうございます」以外のお言葉がもらえる、できることなら質問して回答をもらいたい!というケチんぼ精神でやってるんですが、ドリライが終わったときにこれはお手紙だけじゃなくてちゃんと直接お礼を伝えたい!って心の底から思って、なのでこうしてドリライが終わって1週間後というタイミングで、面と向かってきっちりお礼が伝えられたのは、本当に本当に幸せでした(*・v・*) 優くんからなんて返してもらったかはまっっったく覚えてないんだけど(笑)、でもよかった!

めっちゃ雑にざざーっと走り書きしてしまったけれども、こんな感じ!書ききれなかった寸劇とか、あと文字に起こしても然して伝わらないわちゃわちゃ加減とか、もっともっと優くんの優しい表れとかあったんだけども。本当ーに楽しかったし、優くんの新たな一面というかより素に近い姿を見ることができて、改めてこれから応援していこう!って思えるイベントでした(*`v´*) 劇ジャン初体験だったんですけど、ひのけんさんのMCとってもおもしろかったし、納谷くんあっての今回の優くんのお姿だと思うので、また納谷くんとイベントやってほしいなーって思いました(〃∇〃) はー楽しかった!

シラノ・ド・ベルジュラック トークイベント

うまく言葉にできないし、きっと私の悪いところがたくさん出てきちゃうので、最近のあれやこれやについてうまく書けないのですが、最近“ファン”ってなんなんだろうなーって考える、考えさせられることがとても多いです。そんな中セのドラマを見て、推しの芝居に泣けるということはなんて幸せなことなんだろうってすごく思いました(;ω;) 今回も素晴らしかったです。

さて、本日は『シラノ・ド・ベルジュラック』の公演前トークイベントに行ってきましたー(○・v・○) シラノ出演者の中でもイケメン俳優括りのメンバー+ピアニストの清塚信也さん、というメンバーでした。
私はシラノは1回も見たことなくて(今事前に戯曲を予習してから行くべきか、それともなにも読まずに初見を楽しむか悩んでいるんですけど)、なのでほとんど知識はゼロに近いのですが、しらすさまが演じるクリスチャンの役の説明で「ゴールデンレトリバーみたいな」という言葉が出てきたとき、長太郎くん・・・?! ってなりました(*´Д`*) でも、その前に「のび太くん」とも言っていたので、長太郎くんではないと思います。それもですね、クリスチャンがのび太くんみたいな、っていうのは演出家の裕美さんからのお言葉らしいのですが、それを言われる前にホンを読んでしらすさまは台本に「のび太くん」って書いてて、それを言われたときおお!って思ったって言ってて、私もおお!ってなりました。
そして大型犬なしらすさまっていうだけで楽しみがすぎるのに、クリスチャンは純粋で、純粋がゆえにちょっとおばかだったり可愛かったりするんだけど、それがお話し中に成長していって、最後は男らしさ、かっこよさが出てくる、いろんな面が見える役って言ってて、もう!期待が膨らみすぎて大変でした・・・!! 単純にかっこいいだけでも嬉しいのに、いろんな面が見えるっていうのはやっぱり俳優オタクとしてすごくわくわくしますよね。ちょおおおお楽しみ(,,>艸<,,)!!

しらすさまは大野拓朗とWキャストなんですけど、清塚さんが、お互いが稽古している相手を見ているときの眼差しがめっちゃイケメンって言ってて、それわかる・・・、って思いました。いや別に見たことあるわけじゃないですけど。想像できる。稽古中で、自分が演じているわけじゃなく、でもみんなが動いているのを見て、なにかを吸収しようと、かっこつけてるわけじゃなくて純粋に集中してる瞬間、想像するだけでめっちゃイケメンじゃないですか。それ見られる清塚さんいいなー(*´Д`*)!ってなりました。
あと清塚さんが話してくれたイケメン話だと、今回あほな子を演じてる平野の良くんが、芝居を終えて袖に捌ける瞬間、あほな子からふっと力抜けてイケメンに戻る瞬間が見られる、って言ってて笑いました( ´艸`)
なんだろう、こうかっこつけてるわけじゃない、無防備な、出ちゃうイケメンって本当にかっこいいですよね・・・!結論、イケメンはズルい。

今回、このメンバーの中に清塚さんなんでいるのかな?って(嫌とかじゃなくて純粋に!)疑問だったんですけど、清塚さんから聞けた音楽のお話がすごく興味深くて、勉強になったって言っても別に私生きててこれを生かせるとき一生ないと思うんですけど、なんかすごいうわー!ってなりました。
今回の舞台、ピアノの生演奏らしいんですが、しらすさまが「(稽古をやってて)音楽でアがるってことが、こんなにわかるんだ」的なことを言ってて、そういう体験って本当に体験しないと得られない感覚だろうから、俳優さんとしてそれはすごく得がたいいい経験をしているなー!って思っていたんですけど、そういえば今考えたら花男も生バンドだったじゃ・・・、あれ?笑。
ごほん。ドラマ音楽と、今回の舞台での音楽のあり方の違いとかの話もおもしろかったし、あと清塚さんが稽古場で芝居や演出を見てその場で作曲をしているというお話からの話が、かっこよすぎました。私の解釈とあと曖昧な記憶から引き出してるので言葉の端々どころかそもそもなんか違う話になってるかもだけど(笑)!曲を作っているっていうよりも、お芝居とか演出とかで「あとはこれで完成」っていうところまでアシストしてもらって、清塚さんが形にしているだけ、みたいな感じで言ってたかな。「音楽は物理と一緒で、すでにもうそこに(ハマる音楽というものが)存在していて、だから僕が作っているのではなく、そこにある(ものを演奏している)」みたいな!かっこよすぎました・・・!! 私この前『博士が愛した数式』読み終えたんですけど、これ博士が言ってた神様が作り出した数学を数学者は見付けているだけで作り出してるわけじゃない(作ったのは神様)、っていうのと同じかなーって思ってぞくぞくしました。・・・違う?笑。その場で即興で作っているというだけでかっこいいのに、かっこいいなー。
そして最後に清塚さんは2曲ほどメドレーでピアノを演奏してくださいました♪ 鳥肌が立ちました。演奏後、しらすさまは昨日の夜、台本を読んでて熱くなって眠れなくなっちゃってamazonミュージックで清塚さんを検索して、聴きながら寝たという話をしてくれて、個人的には台本を読んでて眠れなくなるほど熱くなるという白洲迅の俳優ぶりに胸が熱くなりました(*`v´*)

それから、プレゼント抽選会と撮影会(私これてっきり舞台上のメンバーをお持ちのカメラで撮影タイムでーすみたいの想像してたんですけど、テーブルごとのグループ撮影会で、くそみたいな服装だったかばさん死にました)がありまして、おしまい、でした。この、プレゼント抽選会でしらすさまはサイン入りTシャツの抽選とお渡しを担当したんですけど、片手にマイクを持ってたんですよ。持って「おめでとうございます」ってちゃんとマイク通して言ってたからなんですけど!だからだってのはわかってるんですけど、片手でTシャツ入った袋をずいって差し出してて、渡し方www ってなりました。しらすさまそういうところ割とちゃんとしてる人のイメージだったんですけど、笑った。

最後の挨拶では、「ちょっとは変わった姿をお見せできるんじゃないかと思う」ということを言ってて、私は別にそこは心配してないっていうか、期待してたっていうかしらすさまはいつでも私の期待以上の素晴らしい演技、そして成長したお姿を見せてくれるので、当たり前に信じてたんですけど(でもその“当たり前”がいかに尊くありがたいことなのか、というのもわかっております)、ご自身からそういう言葉が出たことにまた、おっと思いました。言わなくてもそうなんだから、言うってことはとってもとっても違うんだろうなー!って期待しちゃう(o^v^o) いやでも本当に、吉田鋼太郎、黒木瞳、に次ぐ役柄で、しかも舞台でがっつり稽古してもらって(PON!で流れた稽古場風景にまた惚れ直した)、なんかもう!楽しみがすぎます(,,>艸<,,)!! それは今回の舞台もだけど、今後の白洲迅のお芝居とかお仕事全部ひっくるめて!
あとさ、厄介BBAみたいなこと言ってもいい?っていうか断らなくてもいつも厄介BBAなんだけど。しらすさまが「稚拙な言葉になっちゃうんですけど」って言ってて、稚拙・・・!ってちょっと感動しました(笑)。別にしらすさまをばかだとは思ってないんですけど(最低でも私よりは頭が良い)、だって昔しらすさまインタビューとかなにか言葉求められたとき絶っっっ対「まず単純に、」って言葉からはじめてたの!そういえば最近全然言わなくなったね。「単純に」と「稚拙な言葉になっちゃうけど」って全然印象違うじゃん・・・!おばちゃんちょっと感心しました。

良くんのあほな子はこれまた間違いないだろうなー!って思う(裕美さんに「頭弱い役よくやるの?」って言われたのって良くんの演技力の成せることだとわかっていながらも、おもしろいw)し、今回イベント中ずっと秋元くんの声いいなーって思ってたのと、たつぼん以来の秋元くんのお芝居純粋に楽しみだし、お話自体も楽しそうで!! そしてなにより今回聞けたお話で音楽もすっごく楽しみになって、しらすさまへの期待はもちろん!ですが、舞台とっても楽しみになりました(*>∇<*)
で、あの皆さま『シラノ・ド・ベルジュラック』、めちゃくちゃチケット余ってるので、ぜひ。よかったら皆さまぜひ。その際はぜひ白洲迅の回をお願いします。って偉そうに言えるほど私も席を埋められていないんですけど・・・、その・・・、ドリライとかぶっててごにょごにょ(+艸+。) しらすさまごめんなさい・・・。しらすさまより大石先輩を選んでごめんなさい・・・_(:D) ̄|_

しゃべり部 初部会

優くんのゲスト出演が発表された時点で第3部のチケットは完売してて、ノー(ll゚◇゚ll) ってなりながらも、ありがたいことにチケットを譲っていただき、25日の3部、4部と体験入部してきました、いくみんとにちかちゃんの『しゃべり部!』。今更ながら、さらっと感想を書き残しておきたいと思います(。・3・。)φ
なんかよくわからないけど、すっごい笑いました(○´艸`) 先述のとおり優くんを目当てに行ったわけなんですけれども、優くんが出てない間でも、にちかちゃんは天使だし、いくみんのいい人っぷりが本当ーに伝わってくるし、なによりさつきくんのMCっぷりがさすがで、楽しかったです(=^▽^=)

しょっぱな、“しゃべり部”っていう部活動で、いくみんとにちかちゃんが3年生の先輩、客が体験入部に来た1年生っていう設定でコーレスをしたんですけれども、3部の「先輩!」「ん?」「大好きです!」っていうのはまだしも(でもこれ普通に今書き出してて、本来コールする側の出演者は「ん?」だし、コール&レスポンスじゃないなぁと思いましたw)、4部の「先輩!」「ん?」「あ、やっぱいいです、すいません」に爆笑しました(艸ε≦●) こんなコーレス聞いたことない。
あと4部はにちかちゃんポップコーン食べながら登場したり、いくみんがインスタはじめるって言ってストーリー(?よくわかってないBBA)撮影しはじめたり、とても自由でした。

まずは2人の経歴を振り返るということで、小さい頃の写真を見せてくれました。いくみんは小学生の時にエースピッチャーでキャプテン?とかで、高校生で生徒会長とか言ってて、モテ男すぎる・・・、って思いました。しかもあんなに優しいんだよ?イベント中もいくみんのいい人っぷりが何度も感じられて、いくみんもまたママに『井阪郁巳の育て方』を出してほしい人だなぁと思いました。
あといくみんのエピソードでめちゃくちゃ笑ったのが、基本的にいくみん肌が真っ黒だったんだけど、小学校の運動会のときにおばあちゃんがいくみんだと思ってずっとパキスタン人のビラールくん(いくみんの親友)をビデオ撮影していたというやつです( ´艸`) 親戚集まって見はじめたらずっとビラールだったってのおもしろすぎました。その後もなにかというとビラールの話出てきて、ビラール大活躍でした☆
あと、小学生のときの写真で優くん写ってるのあって嬉しかった!めっちゃ「うぇーい」って顔してて、私優くんの第一印象っていうかテニミュ発表されて公演がはじまるまで、なんかウェイ系のにおいするからたぶん私だめなタイプ・・・、って言ってたんだけど、ほらー!ってなりました(笑)。
にちかちゃんは天使でした。ひたすら天使。今天使なんだから小さい頃も天使に決まってる。天使。こういうのっておおむね時系列順に出すかなと思うので、七五三の写真の前でおそらく4歳か5歳だと思われる誕生日の写真のときに「誕生日プレゼントでウォークマン買ってもらったときの写真です」って言ってて、ウォークマン早くない(*゚Σ゚*)?! ってなりました。4、5歳の誕生日プレゼントにウォークマンって!アンパンマンとかウルトラマンとかそういう年齢じゃないの?! その時遊.助さんにハマってて、とか言っててうそでしょ!ってなりました。早熟すぎる。

で、その後ゲスト登場でした。優くん髪にメッシュ入れてた、よ、ね・・・?おぉぅこれまた激しい厨二・・・と思いました(¬v¬) で、お昼の回は丈の長い白シャツに、厚手の黒いフード付きのトレーナーに、例のゴスっぽい赤チェックのシャツ羽織ってて、この回優くんめっちゃ汗かいてたんだけど、そんな厚着してるからだよ!って思いました。でもね!夜が!夜の衣装がめっちゃ好みだったの!白いトップスに黒いジャケット羽織って、下は普通のジーパンで!私基本的に優くんの服装好きじゃないんだけど(きっぱり)、この回のこの着こなしめっちゃ好みで、めっちゃテンション上がりました↑↑ ふつうの!きれい系の着こなし・・・!!
あと、にちかちゃんがしゃべり部の副部長らしいんですけど、そう名乗ったときに優くんが「副部長って大変やろ?」って言ってたのにもテンション上がりました↑↑
それから優くん、お昼の部のときに、昨日ゲスト出演していた聖ちゃんから言われて?聖ちゃんから預かって?タピオカミルクティ差し入れしてました。その他にもとにかくタピオカの話が多かったです。タピオカとビラールの話ばっかりでした( ´艸`) とにもかくにもタピオカを飲まなきゃはじまらないみたいな感じで、私はタピオカが飲めないのでしゃべり部には入部できないなあと思ったのでした。なんかもうまず見た目がだめ(x◇x)

で、社訓ならぬ“部訓”を決める、まあ大喜利大会が行われたのですが、その中でそれぞれ1つずついくみんと優くんの小さい頃のエピソードを話してくれて、私はもう今回は優くんといくみんがお話しているのを見るのがめちゃくちゃに楽しみだったのでそれが1番嬉しかったです(*>v<*)!!
まず昼の部が『松村優、木登り転落事件』。あ、特に改めて説明することはなくてタイトルのまんまなんですけど、小学校のときに学校にあった木に優くんが登って、つかまってた枝と乗ってた枝が同時に折れて落ちた、っテユー。個人的にはいくみんが、「学校の目安箱の隣にある木」って言ってたんだけど、目安箱って普通教室の中にない?目安箱って意見を投稿するやつですよね、普通屋外にないよね?いくみんたちの学校は外にあったの?? それ百葉箱じゃない?って思ったのが気になりました(どうでもいい)。
夜の部は『松.井.秀.喜殺人事件』で、プロ野球選手が実名で登場するゲームを優くんの家でやってて、優くんが松.井選手使うとめっちゃ強いから必ず打っちゃうからいくみんはいっつもデッドボール当てにいってた、っていうだけの話で、それ話してくれたんだけど会場割とシーンとして、これうちら的には大爆笑なんだけど!って話してる2人見てて、お約束のデッドボールに大爆笑している小学生な2人が想像できすぎて微笑ましいなぁと思いました(*´v`*)
こういう意味のないお話延々と聞いていたい。可愛い。

それから、にちかちゃんのボイパに合わせた2人のラップ対決がありました。優くんが戸惑っていた割にちゃんとした韻を踏んだラップを披露してて、突然言われてラップできちゃうとかイマドキ男子はラップ慣れしているのか、それとも優くんが頭がいいのか!って思ってたら、昨日出てた聖ちゃんにラップやったって聞いてたって聞いてなんだーって思いました。
で、普通にカラオケ大会になりました。めっちゃ普通のカラオケ(笑)。私もう最近ガチでテニミュしか聴いてないので最近の曲全然わからなくて、わかったの夜の部でいくみんが歌ってくれた『どんなときも』だけだったのですが、夜の部ではにちかちゃんが優くんと一緒に歌ってくれて、優くんの歌声も聴けたので嬉しかったです♪ っていうか普通にきれいにハモっててびっくりした!へたしたらテニミュのときよりごにょごにょ・・・。あと、昼の部は優くんは歌わなかったんですけど、歌ってるにちかちゃんを見ているときの優しい表情が大石先輩みたいで大好きでした(*´v`*)Vv

それから、しゃべり部はしゃべりを鍛える部活ってことで、食レポコーナー。これは私がだらだらと書き連ねたところでおもしろさ全然伝わらないと思うんですけど・・・!割と優くんに語彙力がなかったのがびっくりした&可愛かったです(勝手に頭いい人だと思ってた)。
夜の部で優くんが食レポしたのがいちご大福だったんですけど、完全に包まれてるやつじゃなくて、いちごが挟まれてるみたいな、なんて言ったらいいの?外から見えてるやつでね、で、いちごが斜めに見えてるので、それが口みたいに見えて、お顔みたいに見えるんですよ。だから優くんフォークかなにかでおめめ書いてたんだけど、いざ実食ってなったらそれを見て固まっちゃって、口元まで持って行きながらいちご大福と見つめ合って、顔真っ赤にして「なんか恥ずかしくなっちゃった(から食べられない)」とか言い出しちゃって、可愛すぎました(,,>艸<,,) あと、その前ににちかちゃんがあんみつをゴールデンペアに例えていたのを受けて、優くんはいちご大福を3人でダブルスに例えていました。ちなみにその後のいくみんはマンゴーフロマージュを、立海3強に例えていました。
で、そのマンゴーフロマージュの食レポを締めようとしたタイミングで、隣でいくみんのマイクを持ってあげていた優くんのおなかが鳴って、可愛すぎました(´艸` ) 可愛いけど、食レポしてておなか鳴るってそれはつまりいくみんの食レポがよかったってことだよね!

優くんはそんな感じかな。その後、優くんが退場してから質問コーナーがあったけど、あんまり覚えてないから端折っていいかな?笑。
とにもかくにも、さつきくんの仕切りとツッコミと進行がおもしろくて的確で、さつきくんのおかげでめちゃくちゃ楽しかった感あったイベントでした!! いくみんと、いくみんのマネージャーさんとでごはんに行って、そこでやってみる?って軽く声を掛けられて決まったらしいんですけど、さつきくんがMCでよかったぁぁあって感じ!にちかちゃんといくみんのイベントながら、さつきくんの好感度が爆上がりでした↑↑ まあにちかちゃんが天使で、いくみんがいい人なのは知ってたしね!
念願のいくみんと優くんがお話している姿を見られて本当ーに幸せでした(*´后人*) テニミュについてのエピソード制限があっても2人は話題に事欠かないだろうし、ほんと延々となにがおもしろいんだかわからないけどそれを楽しそうに話している2人がただただ微笑ましいだけの懐かしいエピソードをする2人のイベントまたやってほしいです!!

そういえば、3月も終わりだというのにまだ今年の観劇一覧を作っていなかったことに気が付いて今更ながら作りました。

しらすさまカレンダーお渡し会、の話ではない

いつもいつもどうしてこうも空気を読んでテニミュから日程を外してくれるのか・・・!って思いつつ、25日はしらすさまのカレンダーのお渡し会に参加してきました。感想というより、私の気持ちをぐちぐちと連ねるだけなので、読まなくていいです。

この日、私は卒業式のつもりでした。しらすさまからの卒業式。カレンダーが卒業証書。来年1年使うものだけど(笑)。やっぱり先日の学園祭での発言が引っかかってしまって、でもそれだけじゃなくて書いてないけどその日はほかにも引っかかることあって、あとはここ最近の活動内容とか、FCのこととか・・・。しらすさまご自身だけじゃなくて、環境にもついていけないなーって思ってしまって。私が勝手に。
実は先日、cubeのファンクラブ『C.I.A』の結成イベントにも参加してきたのですが、なんかしらすさまのビジュアルがかっこいいことと、ロゴデザインが好みってことと、ロゴデザインがすごく好みってことくらいしかポジティブな感想がなくて、このブログは極力ポジティブな感想書き残しておきたいなって思ってるからもう書かなくていいやーって流しちゃったんですけど。・・・って結局今日こうして書いてるんですけど!
そういうのが50%と、あとの50%は優くんね・・・!笑。優くんが好きすぎるがゆえにしらすさまに対する気持ちがー減ったわけじゃないけど、軽くなっちゃって(このニュアンス伝われ!)。テニミュだけを見ている段階で“推し”って表現するのは、私個人での“推し”定義とはちょっと違ってるから、優くんを推しと言えるかどうかはまだ全然わからないんですけど、でも現時点で優くんが好きすぎるん・・・(ノvヾ*)
しらすさまのビジュアルは好きだし、お芝居もすっっっごく好きだし、見ててほんと好きだなーって思うから、イベントとかまで参加するのだけやめて、いわゆる茶の間になろうかなって(っていうか、今年しらすさまに使ったお金1万円もいってないのではΣ(T▽T;)?! もうれっきとした茶の間じゃんか!)、そういう卒業式のつもりで参加してきました!

だからって言うか、いかにしらすさまから心が離れているか体が正直すぎるくらい全然緊張しなくて、この私が!いつも死にそうになるこの私が!んもう全然緊張せずにしらすさまの前に立ったんですが、しらすさまから「いつもありがとうございます」って言われた瞬間、顔が見られなくなりました・・・(-_- ) ちょ、ちょろすぎるよしかさん・・・。いつもありがとうとか若手俳優の常套句じゃないですか。ちょ、ちょろい・・・。我ながらちょろい・・・。
だってさ、しらすさまとの接触去年の3月の木戸くんFCイベ以来とかですよ。16ヶ月ぶりですよ。その後、何度かイベントとか登壇されるものに参加してはいたけれど、しらすさまと目があったなって思うの1つもなかったし、認識されたなって思えたの1つもなかったし、その間しらすさまはドラマに何本も出てどんどん階段上ってて、私なんてとっくに忘れられてると思ってたんですよ。それほど必死なオタクじゃないし。別にそれはしらすさまが悪いとかじゃなくて、普通に。普通に16ヶ月も姿見てないファンの顔なんて忘れられて当然のつもりで行ったんです。あ、CIAイベントではハイタッチあったけど、この時も全然緊張しないし一瞬で言いたいことも何もなかったから私の方がめっちゃ塩対応だったし(笑)。
でもさ、しらすさまがファンを喜ばせるために思ってもないこと言う人じゃないって、言える人じゃないって、こういうのファンサービスとして口にできる人じゃないって、誰より自分がわかってるじゃん。なんかさ、すごく嬉しくて・・・。普段、生きてて人から認められることってないから。推しから、ファンとして認められて、すごく嬉しかったんですよね・・・。ちょろいって、単純だってわかってるけど、行ってよかったなーって思いました(なんならこのイベントすら行くのやめようかなーって思ってた)(くらい冷めてた)。
しかし、事前のやる気のなさ=準備不足と、突然の認知とで、いつも以上になにも言えなくて、顔も見れずにカレンダーを受け取り、ぼそぼそとなんか言って挨拶もまともにせずに背を向けるという史上最低の接触として終わり、またこうして後悔しか残らないしらすさまとのやり取りの記録がまたひとつ増えたのでした(-_-#) 私ほんとしらすさまとの会話だめだな!好きすぎてもだめだし、それほどじゃなくなってもだめって、どうしたらいいんだ!死ぬしかない!
しかし最後に「よいクリスマスを」って言われて、直後に思いついたのがイヴに優くんにお手振りをいただいたことが最高のクリスマスプレゼントだったなーで、まずこのイベントでしらすさまと会えていることじゃなかったのでほんとごめんなさいってなりました_(:D) ̄|_ しかしあれよね、クリスマス当日の月曜日夕方にイベントをやって「よいクリスマスを」ってなんかリア充味が強いですよね・・・。月曜日の夜なんて家帰ってQ.さ.ま見ながら寂しく夕飯食べて終わりだお。そんなわけで、優くんの顔が浮かんでしまったかばさんが「じんじんに会えたおかげでよいクリスマスになりました(*^v^*)」なんて優等生回答ができるはずもなく、「はい」って言って背を向けました死にたい。「はい」ってなんだ、「はい」って。せめて「じんじんも^^」くらい言えないのか私。はーつらい。

そんなお渡し会でした。しらすさまへの気持ちはふわっと浮上したけれど、やっぱり今私の中で優くんが熱すぎるので、だからネガティブな理由じゃなくてポジティブな理由でこれからしらすさま必死になれなくなっちゃうかもしれないけど、まあでも繰り返すけど今年も1万円も使ってないしな!なにも変わらないね!来年もよろしくお願いしますしらすさま('∀'●)/

しらすさまトークショー in清泉祭

ご無沙汰してます(。_。*) チムパ楽しんでます。そちらの感想は長ぁあああくなりそうな予感がしているので、11月中くらいにまとめられたらいいなーって思ってます。楽しいです。
で、その間の京都から帰宅した翌日、しらすさまが女子大の学園祭のトークショーに参加されるってことで!あのトークとか苦手なしらすさまが!よりによって女子大の学園祭ヽ(ヽ゚ロ゚ )!! しらすさま突然どうした?! って思いましたが、なんなら今でも思ってますが、映画の初日舞台挨拶には行かれなかったものの、ほんと空気を読んでくれるしらすさまがチムパ青学日程からうまいこと外してくださったので、これは行くしかないと(でもひとりで女子大に乗り込む勇気がなかったのでお友達の透真さんを巻き込んで)参加してきました。

全体的にしらすさまらしいゆるーっとした空気で、特にものすごく盛り上がることなく(笑)、しらすさまらしいトークショーでした。ほっこり(〃´v`〃) あ、ちゃんとしらすさま自身から、こんなテンションだけどちゃんと楽しんでるって説明もありました。
で、まあ聞いたことある話とか、つい先日発売された写真集(?)のインタビュー内容とかと同じ内容とかあったので、そのあたりは割愛して、印象に残った話だけいつも通りちょろちょろと書き残しておこうと思いますが〆(´U`*) やっぱり私はテニミュオタクなので、テニミュのお話!なんだけどさ、一問一答で「初めてのお芝居は?」的な質問があったんですね。で、しらすさまめーっちゃくちゃ考えたんですよ。「はじめてのおしばい・・・・・・、なんになるんだろう?パっと思い付かないな・・・」とか言って悩んでるんですね。で、私は“初めてのお芝居”なんて聞き方だったから、それこそ幼稚園とか小学生時代の学芸会とかそういうやつ思い出してるのかなーって思ったんですよ。すごく考えるからね。でも、すごく考えて考えた挙句、「あ、思い付きました」って言ったの、テニミュだったの!私は!それが!とてもショックでしたよ(´゚д゚`) テニミュってたぶんしらすさまにとってよかった思い出ばっかりじゃなかったと思うんです、いろいろ大変だったろうし、やりたいと思ってやりはじめた仕事じゃなかった頃のお仕事だし、しらすさまああいう性格だし。でも、テニミュってほかのお仕事とは全然違うと思ってて、単純に携わる期間だって長いし、つらいことも多かったと思うけど、だからこそ印象に残ってるお仕事だと思ってたんですね、私は。それになにより初めてのお仕事じゃないですか。初めてのお仕事ってどんなに小さなものでも覚えてるほうが普通じゃないですか。それを!しらすさまはあーーーんなに考えないと出てこなかったんですよ。私は・・・、ガチでそれがショックでした。テニミュを好きだから、私にとっての大切な思い出だから、しらすさまの長太郎くんが好きだったから、しらすさまを好きになったきっかけだったから、余計にすごく悲しかった・・・。しらすさまにとってテニミュって一生懸命思い出さないと思い出せない、そういう存在だったんだなーって・・・(;_;) 別に今でも大切に大切に特別な存在として思っていてほしいなんて贅沢言わないから、テニミュを特別で大きなお仕事だって認識じゃなくなるくらい充実した毎日で、大きな素敵なお仕事ができているっていうのはそれはそれで素敵なことだと思うしテニミュと同じくらい印象深い作品がたくさんあるのはなによりだと思うから。でもせめて最初のお芝居としてすぐ名前が出てくるくらいには頭の隅っこに刻んでおいてほしかったな・・・。

でもね、基本的には“一問一答”だから一言で答えなきゃですね、って自分で言って、わかっていながらもひとつひとつ丁寧に(スパっと一言にできるやつはそうしてたけど)答えてくれていたしらすさまが、まじめで素敵だなーって思いました。
印象に残ってるのは、しょっちゅう仕事辞めたいって思ってるってことかな(笑)。そんな深刻なやつじゃなくて、前日も映画舞台挨拶でうまくしゃべれなくて「あーうまくしゃべれなかったなー辞めてーなー」って思ったっていうそういうやつらしいから、勝手にあー私たちが日ごろ思うような仕事辞めたいーと同じかなーって思いました(^v^) でも、以前ダブリンのトークショーで「今はこの業界に入ってよかったと思っています」って言ってくれた言葉を私はまだ信じているので・・・!しらすさま辞めないでほしいです(;ω;) 私なんかが手紙を書いてもたぶん微塵もしらすさまのお心を震わせることはできないと思うけど、でも最近あまりにお手紙をサボりすぎなので(どうしてもね・・・、現役テニミュっ子へのお手紙を優先させてしまうのです・・・)、お手紙書いてちゃんと気持ち伝えていかなきゃなーっても思いました。こんな誰も読まないブログを書いている場合ではない。
あ、でも、やりたい役とやりたくない役を聞かれたとき、やりたくない役はないって答えてて、それはお!ってなりました!
あ、あと興奮・・・、興奮って言葉があってるのかわからないけど、「仲のいい芸能人は?」っていう質問に、福.士.蒼.汰って答えたときはやべーってなりました。私の推し、仲のいい芸能人聞かれて福.士.蒼.汰の名前出すんですよ?! やばくないですか?! めっちゃ芸能人じゃん(芸能人です)!

それから盛り上がったというか、しらすさまがテンション上がってたのはラーメンのお話かな♪ ほんとあのしらすさまが饒舌にとっても楽しそうにお話されているものですから、本当ーに好きなんだなーって伝わってきた(´∇`) 本当はもっともっと食べたいけど、今は月4杯に抑えているそうです。えらいなー。去年は20杯弱くらい食べていて、さすがにこれはまずいって自ら制限をかけたらしいのですが、アプリを使って写真撮ってどこのラーメン食べたって記録をつけてるって聞いて、めっちゃA型だなーって思った。
あと、ラーメン食べに行くときは事前に、食.べ.ロ.グやら口コミやらラーメンユーチューバーの方の動画やらを見てお店決めて、食べに行くぞって思ってからお昼くらいまで何も食べず、空腹度を高め、さらにそのラーメン屋さんの動画を調べて、見ながら食べたい食べたい食べたい食べたい食べたいもー我慢できない!ってところになってからラーメン屋さんに行くそうです。気合いがすごすぎる。
そんなしらすさまの今のおすすめのお店は渋谷の“アートマサシヤ”さんだそうですメモメモ( ..)φ

あとはミ.ス.チ.ルさんのお話とか、新しいドラマのお話もちょこっとありました。しらすさまが改めて指摘していて確かに!ってなったんですが、スーツシャツ+ジャージを羽織るっていう先生スタイルは、いつの時代から先生スタイルとして定着しているんですかね!どうやら普通のスーツだとどうしても先生らしさがまだ出せないってことで、しらすさまは今回のドラマああいった衣装になっているらしいのですが、あれって先生独特の恰好で、改めて考えるとおもしろいなーってなりました。

お誕生日祝いもあり、おめでとーって直接言うことができて嬉しかったです♪ 25歳のしらすさまのご活躍も期待しています☆ って!て!そういえばしらすさまの新しく発表された舞台がたいそうヤバくて頭ぱーんてなりましたヽ(*゜∀。)ノ すごすぎる・・・!ずっと舞台のお仕事は待っていたのでそれだけで嬉しいのですが、大舞台すぎて本当にテンションめちゃくちゃ上がりました↑↑ どのくらい見に行けるかわからないけど、しらすさまのまたさらにさらに素敵な演技を楽しみにしたいと思います(*゚▽゚*人)!
ってなわけで、明日はチムパ最終日です。楽しんできますおやすみなさい(○-v-)ノ

cubitサンクスイベント in魔都夜曲

先日ブログに書きましたとおり、23日はテニミュに行っておりまして。ええ、マチソワ。チケットを確保してから発表されたしらすさまのイベントゲスト出演のお知らせ。ばか!ばか!って言いながらも、同行予定だったお友達の皆さんにしらすさま優先させてください、って謝ったものの、思いのほか優くんを捨てがたくなってしまい、いやこれはなんとか全部はしごできるのでは・・・?と、ムリクリ詰め込んで行ってきました、音楽劇『魔都夜曲』キュービットクラブサンクスイベント。本当にざざっとですが、自分用メモを残しておきたいと思います〆(・v・)

今回の『魔都夜曲』に出演されていない、ゲストのしらすさまと竜治は浴衣での登場でした。まぁーかっこいいよね!もちろん竜治さんもさすがの着こなしでかっこよかったのですが、しらすさまも負けず劣らず、というか2人ともタイプが違うのでそれぞれによくて、目の保養でございました(*´ω`*)Vv
1番書き残しておきたいのが!あれ・・・、これ舞台の感想を聞かれたときのお話だったかな?ちょっと記憶が曖昧なのですが、主演の藤木さんがかっこいいという話から、「こういう役がやれたらいいな」ってしらすさまがおっしゃったら、皆さんが(社交辞令かもだけど!笑)ちょっと雰囲気が似てるよね、って話になったんですね。しらすさまと藤.木.直.人が。そしたらしらすさまが教えてくれたんだけど、キューブには路線があるみたいで、しらすさまは藤.木.直.人路線でやっているそうですよ・・・!「僕は、藤木路線でやらせていただいています」って!私さ、2015年のプリンスライブのときに、
しらすさま同じ事務所の藤.木.直.人的な俳優兼歌手で活動していくっていうのはどうですか(割と本気)。
って言ってるんだけど、よもや公式でそういうお話になっているとは・・・!いや歌手活動とか含めず、ただ俳優の路線の話かもしれないですけど・・・。でもなんか、事務所でそういう路線のお話が決まってるっていうのもおもしろいなーって思ったし、しらすさまがそれを了承して藤.木.直.人系で行くぞって思ってるのもおもしろいし、なんかおもしろいなーって思いました(´-v-`) 私がこれ聞いて1番に思ったのはまず音楽活動も・・・!ってことだったんですが、それを置いておいても藤.木.直.人さん的役柄の俳優を目指していくというのは個人的にとても大歓迎なので(そもそも藤.木.直.人系男子は大好物です)、嬉しいなーって思いました。
で、いつか再演とかあったら藤木さんの役ができるようにってお言葉があったり、あとコクーンに立っているほかの方に向けて「羨ましい」ってこぼしていたり、ぽろぽろとしらすさまの舞台に向けてのお言葉が聞けて嬉しかったです。舞台に・・・!出てくださいしらすさま・・・!私は待っています(>ω<人)!
あとは、cubeの20周年のサンクスイベントってことで、過去出演したcube制作の舞台のお話をしてくれました。しらすさまのは・・・、えっととりあえずG2さんにコテンパンにされたというくらいでほかはさしておもしろい話でもなかったので書き残すことないんですけど(笑)(しらすさまが(いい意味で)変わっていなくてわたしゃ嬉しいよ・・・)、皆さんめっちゃお話がじょうずで、しらすさまがしゃべっていないときでもずっと楽しくて、イベント時間45分だったのですがすごくあっという間でした。さとしさんのお話とかめちゃくちゃ笑った(○´艸`)
そして竜治くんに対してツッコんでたり、あと今回初舞台の優心くんが“寝起きの小.栗.旬”に似てるって話になったときに、しらすさまがむしろモノマネの?人?私知らないんですけど、に似てる、ということを言って、そしたら優心くんが「まーきのっ」ってその人のネタ?私知らないんですけど、をやってくれたんですが、まあ微妙な空気になるんですね(笑)。そしたらすかさず真顔で「やってなんて言ってないよ」って言い放っていて、ひー!しらすさま!! ってなりました。今回も私の大好きなしらすさま節炸裂していて最高でした(*´Д`*) ってかそこでしらすさまが「まーきのっ」言ってくれてもよかったんじゃないかな・・・!花沢類(本物)として!
そんなこんなであっという間の45分でした。私はこの公演は見に行っていないのですが(抽選外れたん・・・)、行かせていただけてありがたかったです_(:D) ̄|_ やはり生しらすは格別でしたVv

それから夜の愛ある2話。今週もまた!また素敵でしたねー(人*'v'*)Vv 特に爽ちゃんと2人でのバーのシーンがめちゃくちゃによかったです!! 以前、ビタスイを見た際に堀内敬子さんがさとしさんにどんな言葉を言っていても、どんな態度をとっていても、その奥にさとしさん好き!っていう感情が本当に透けて見えていてそれがすごい!って思ったのがとても印象に残っているのですが、このシーンの爽ちゃんを見るしらすさまを見て、それを思い出しました。もちろんまだまだ堀内敬子さんほど演技ができるなんて贔屓目を含めても思わないし、そこまで全面に出てこそいなかったけれどそれはその時の堀内さんの役と今しらすさまがやってる虎太郎じゃ性格も違うから同じように出ているのが正解とも思わないからそれでいいと思うし。でもあの目は、あの爽ちゃんを見る目は完っ全に爽ちゃんが好きだったじゃないですか!その、目だけで“好き”って伝える!そのお芝居をしらすさまが見せてくれたことが私は嬉しくて嬉しくて嬉しくて・・・(TωT)
この役は本当にしらすさまにあってると思ってて、それはかっこよかったり、性格の悪い面が好きだったりするからだったんですけどもう!本当にしらすさまに特別強い興味を持っていないこのブログを読んでくださっている方がいたら、もうぜひ!騙されたと思って見てほしいです!騙されたらごめんだけど(笑)!とりあえずかっこいいことは保証するヨ!
私は常々しらすさまにはもっと恋愛ものだったり、女の子と絡むお芝居をしてほしいと、絶対しらすさまの魅力が発揮できるからとそういう意味で思ってきたのですが、これほどまでとは正直思っておらず!ほら言ったじゃない、って言う気満々だったのに、それすら超えてしまって、もう本当にしらすさま好きです・・・。

JF2017

今年もこの季節がやってまいりました。ジャンフェス来ると年末だなーって思います。そして年々体力の衰えを感じます・・・(;-ω-`A) 昔は2日連続始発とかでも楽しめていたのに、今や開場時間くらいに来ても最後の時間までとても持たない・・・。

まず、ジャンプブースのハイキューステージを見てきました!偽潔子さんと偽仁花ちゃんによる担当引継式!あと、アニメのプロデューサーさんも登壇されてて、アニメで気を付けている点とか、(ほかのシーンももちろんだけど)3期第10話の360度ぐるりと回るカットと、それから牛若に押しつぶされそうになるというか下から踏ん張る烏野のシーンはすごくすごく力の入っていたところだったとか、白鳥沢校歌の合唱はプロの方に歌ってもらっちゃったら違ってしまうから実際に高校生とかいろんな人を集めて歌ってもらったとか、アナウンスの女子生徒の声は声優さんに敢えて素人っぽくしゃべってもらったとか(改めて声優さんってすごいなーと)、そういうお話を聞けて貴重な機会でした。あと、アニメのプロデューサーさんって想像以上に若いのだなーと思った(笑)。
それから本誌これからのお話になった時、本田さんが古舘先生と毎年春高の取材に行っては「もう(春高を描いてしまったら来る必要はないから)取材に来るのは今年で最後だねー」と言いながら2年も伸びていたそうで、だから取材はばっちりです!っていうお話だったんですけど、私は今1番怖いことはハイキューが終わってしまうこと(打ち切りとかじゃなくて普通のお話が終わること)なので、予選の時点で予定より2年も伸びてるのかーありがたやー(´Д`人) ってなりました。本当ーに終わってしまったら今の私は何を支えに生きたらいいのかわからないので、1週間でも長く連載していただきたいです。
あと、PV?PVって言ってたかな、3期をまとめた映像もここで初出だったのですが、そんなの流されたらここで泣いてしまう・・・!って思ったんだけど、私の視界でとらえただけでもほかにも2人のお姉さんが目元を拭っていたので、やはり泣けるよね(;v;) って思いました。ほんとリアルに鳥肌立ちました。
それから担当さん引継式も、最初に本誌の潔子さんから仁花ちゃんに日向のシューズバックが手渡されるシーンを切り取った映像が流されて、担当も引き継がなければならない・・・って、2人の恰好にかけておもしろくされてたんですけど、本誌の流れの感動が込みあがってきてしまって、本田さんの嘘泣きに笑いながらも若干涙目でした(;v;) ハイキューっておもしろい。本田さんってめちゃくちゃおしゃべり上手だったんだなーって思ったんですけど、新担当偽仁花ちゃんはとてもたどたどしくてちょっと谷っちゃんぽくて可愛かったです(*^v^*) 最初登場したときはその姿に「ひげっwww」ってなったのですが、ステージ中に感動的断髭式が行われまして、ステージ終了後に見たらなんかもう可愛く感じられるようになりました。可愛かったです。

そう、例年の練り歩きじゃなくて今年はジャンプブースの周辺に出現するってわかってたので、無事偽仁花ちゃんにも会えて、カードもいただくことができました!よかったー!ハイキューステージ前にはふつうーにアスタもいたので、ブラクロのカードももらえて、欲しかった新聞の類ももらえたし、唯一の心残りは新人編集にランダムでもらえるステッカーでアスタがもらえなかったことです・・・!
物販に関しては欲しいの全部先行だったのでおとなしく一般発売を待って購入することに(その方がポイントつくし!)、代わりにお昼にヒナガラスまんを食べてきました(○´艸`) だいぶ購入から時間経ってから食べたので冷めちゃってたけど、見た目より美味しかったよ・・・!

あとは時間の許す限りうろうろうろうろしました。写真はネルケブースの衣装展示です。つい先日も上げたけど、改めて。
あとマベの最前列VR体験もしてきたんですが、あれはあれですか?視力が悪いとピントが合わせられないとかそういう仕組みですか?ずーっとぼやーんってしてて、最前列(より視線高かったけど)なのに顔が全然見えなくてもやもやした(・ω・`。) ちなみに映像は先日のお披露目会の『24/365』とあと『ニューウェーブ』だったかなんか忘れちゃったけど2曲切り取ったやつだったんですけど、ずーっと同じ立ち位置のところだったのでせっかくVRなのだからもっと入れ替わり立ち代わりするパート見せてくれたらよかったのになーって思いました。『24/365』は大石先輩ずーっと右の端っこだったから遠かったし、アンコール曲のほうはずーっとサエさんがかぶってて全然見えなくて、もやもやしました(・ω・`。) すごいTDCのアリーナ席ばりにイライラした(笑)。

そしてテニプリとハイキューのスーパーステージに(*`・v・´*)
テニプリは去年の反省を生かし!ちゃんとペンライト持っていきました!でも思ったよりお歌歌わなかったよね・・・?3曲とかか、例年に比べて少ないイメージ。けど先生がとっても楽しそうでよかったです。先生が楽しいのが1番です(´v`) あと、高いキーを出してる大典さんを見て、大典さんお歌うまいなーって思った♪
それから原作の真田と幸村のシーンを永井さんと大典さんがアテレコしてくれました。すごい普通の漫画ステージっぽくて逆に新鮮(笑)。もっと歌ばっかりかと思ってた。諏訪部さんが「大典さんは幼い頃の真田をどのように演じるのか・・・」って振りをしてたのに、幼い頃の部分読んでくれなくてちょっと拍子抜けした(笑)。
あと、リョーマくんと跡部様の等身大フィギュアがお披露目になって、なんでも今日はSQブースで飾られていて写真撮れたって聞いて、私も写真撮りたかったー!ってなりました。ちょおおおかっこよかったです。諏訪部さんが「じゃあ、1億から!」って言った途端、あちらこちらからペンライト持った手が上がって「・・・1億なら売ってもいいんじゃない?」とか言われてて笑いました( ´艸`)

ハイキューステージのほうは、須賀くんとたつなりが来るっていうのはもちろんちゃんと知ってたけれど、こんなにハイステのお話ばっかりになると思ってなくてがっかりしたなー(・ε・。) ハイステはハイステでのイベントがあるんだから、そこでお話してくれればいいのに・・・。ハイキューは古舘先生が出演されたりしないし、ある程度アニメのほうが強くなってしまうのは致し方ないと思っているんですが、ジャンプフェスタなんだから原作第一のステージであってほしいって常々思っていて・・・。だって原作に関しての話なんてここじゃなきゃ聞けないじゃないですか!今回もそういう面で楽しみにしていたのに、原作味あったのって古舘先生からのメッセージ1枚くらいだものなー。こんなにハイステフィーチャーするのであれば、最初っからハイキューステージじゃなくてハイステステージって言ってくれれば参加しなかったのに。・・・って思うものの、でもこれテニミュだったらこんな風に思ったりしないだろうから、ただ私がハイステを嫌いなだけなんでしょう(・A・) あんなに原作を冒涜するような演出しておいて、宣伝の場だけ原作にすり寄ってくるなんて嫌いだよ!ジャンプブースでのトークのほうがよほど身があったし、原作ファンとして得るものたくさんあって幸せだったー!ぷんぷん!
あ、でもBURNOUT SYNDROMESさんのライブはとってもテンション上がりました↑↑ これまたやっぱりすごく鳥肌立ったし、主題歌聴くだけでいろいろ思い出してすごく胸が熱くなってよかったです!
あとハイキューが来年で5周年って聞いてびっくりしました。まだ5年だったんだ・・・。ハイキューのおかげでだいぶ濃い毎日を送らせてもらっているので、もっともっと長く連載していると思ってました。ハイステはともかく、これからのハイキューも楽しみです(●^^●)!

2.5フェス(仮)

今日は2.5次元フェス(仮)に行ってきました☆ あおはるのステージから見られればいいかなーとゆっくり行ったのですが、それでも予想以上に展示がさっくり見られちゃって時間がたっぷり余ったので、うっかりバサラのステージから見てきました。光成さんと司会の方がめっちゃしゃべれる方だったので、中身知らないけど普通ーにおもしろかったです。しゅーてぃーは相変わらずまじめでめっちゃいい子だったんですけど、PV見てるとしゅーてぃーって言われないとわからないようなかっこいいしゅーてぃーでびっくりした!

そして青春鉄道は初代組&紘士くんが安定したおもしろさを繰り広げてくれる中、田中りょせ&神里くんが可愛かったです(*>v<*) 今回の東海道新幹線&東海道本線の歌の映像が流れたのですが、そのシーンに出てない人たちもみんなその曲踊れるみたいで、映像中田中りょせと神里くんが小さめに踊っててすごい可愛かったー!あと神里くんは青春期間中に5キロくらい太ったそうです(○´艸`)
田中りょせは脱ぐ役だったから身体作ったの?鍛えたの?って聞かれて、最初は筋肉付けようと思って鍛えてたけど、むしろ役的に細い役だから鍛えないでって言われてやめたってお話から、(本当はもっと薄くなくちゃいけなかったのに)元々(筋肉)あったからあのくらいになっちゃったんですよー元々あったんでーっていう悪い顔したときの田中りょせがめっちゃ好きでした!ま、宇都宮線には負けますけど!!


そしてそして本命氷帝さんたちですね!! はじまる前、あおとくん2言くらいしゃべってくれればいいなーって思ってたのですが、思いのほかおしゃべりしてくれて嬉しかったです(*>v<*)!! なんかすごいわちゃわちゃしてて、いっぺんにしゃべったらわからないでしょ!って思ったのが何回もあって、とにかくみんな可愛かったです(*^v^*)
それから個人的にあおとくんの服装が好みすぎて目がハートになりましたVv みんな公演Tシャツ着てたんですけど、あおとくんはその下に長袖の白シャツ重ねてて、ザ・好青年!感すさまじくて、もう本当に好きでした。語彙力・・・。あとさ、あおとくんはお話してくれてるとき身振り手振りがすごく多い!可愛い!とにかく全部可愛い!

まず氷帝公演のDVDの見どころについて、宍戸さんがお話してくれたのが、氷帝校歌の跡部様ソロパートのところで後ろでゆっくりみんなが動いてるところ、D1の2人はダブルスをやっていたらしく、そこに注目してみてくださいってことでした☆ で、それをみんなは知らなかったみたいで、2人は稽古場とか会場からの帰り道が一緒だからそこでたくさん話したり、稽古場でももちろんお互いの部屋?とかに行って話し合ったり、あと公演が終わったら毎回お互いの良かったところ悪かったところを1つずつ必ず言おうってしてたとか、とにかくめちゃくちゃ話し合ったということを教えてくれました。そしたらD2の2人も俺らも仲良いもーん!負けないもーん!イルミネーション一緒に見に行ったもーん!それなら俺らも行ったもーん!みたいな仲良し対決みたいになってて可愛かったです(´∇`)

仲良し話で言うと、思いがけず大石先輩の話題が出て、かばさん個人的にとても嬉しかったです!! なんといくみんと大石役の優くんが、自転車で3分でお互いの家を行き来できる幼馴染だそうで、よく一緒に探偵ごっことか、ケードロ(あれ、ドロケーって言ってたかな)とか、木登りとかしていたそうです。私これ探偵ごっことケードロは別物と受け取ったんだけど、ケードロのことを探偵ごっこって言ってたのかな?っていうかさつきくんとかがこの探偵ごっこを掘り下げようとしてて笑いました。
ちなみに優くんは小1のときから将来は俳優になるって言ってたそうです!ちゃんと夢叶えてるんですね、すごい(人*´∀`)☆ その頃いくみんは丸坊主で「野球選手になる!」って言ってたそうです可愛い。
で、なんかそれを話はじめるときにね、僕たち青学さんとかと初めましてだったのになんか最初から青学に仲良い人がいる人がいるんだよねーって嫉妬モードからさつきくんがお話をはじめてくれたんですけど、それを聞いてさらっと「それは俺も妬くわ」って言い放った跡部様に割と軽率にぴぎゃりました\(^O^)/ 鳳宍にしても忍岳にしても忍跡にしても、君たちはまったく・・・!ってなりました。ごちそうさまです。

跡部様と言えば、跡部様のソロ曲の最初の「あーあー」っていうところは本来は跡部様が歌う予定だったそうです!稽古場でやまさんが歌ってたら、なんかいつの間にか樺地パートになっちゃっていたそうな。ちなみに歌リーダーはやまさんで、D1はめちゃくちゃお世話になったようで「3人でダブルスでした」って言ってました。

六角公演についてもお話があって、新青学さんと六角さんについてのコメントが求められたあおとくんがなんかいろいろ話してくれたんですが、とにかく元気とエネルギーがすごいということは伝わってきました。何回も何回も「元気」と「エネルギー」って出てきて可愛かった(可愛かったしか感想がない)。
で、六角公演と言えば跡部様の“あのシーン”がありますが、という流れから、「1stシーズンは?」って聞かれてやまさんが挙手、「シャワー!」、「2ndシーズンは?」って聞かれて今度はあおとくんが挙手したんですね。指名されたあおとくん「湯船!」、MCさつきくん「バスタブな」。可愛すぎか。湯船!圧倒的庶民感・・・。公演見てたときからあおとくんの長太郎くんは庶民感がすごくあると思っていたんですが、こんなところでも・・・(´∇`) 可愛い・・・(´∇`) いいよいいよ、湯船のほうがわかりやすいよ、昭和生まれにはそちらの方が伝わったよ、ありがとうあおとくん。はー可愛い。
で、その跡部様のシーンが3rdシーズンではどうなるでしょう大喜利がMC2人のぶっこみで行われたのですが、2回指名して2回ともあきよしくんが指されてました。シンキングタイム中、指を頭のところに当ててうーんうーんって考えるポーズしてたちゃんがめっちゃ可愛かったVv ちなみにあきよしくんの答えはサウナと熱湯風呂でした。サウナが好きでした(●^∀^●)

最後はシャカブンで終わったんですが、なにこの振り付けめっちゃ可愛いめっちゃ可愛い公演中にこんなのあった?! って思ったのですがあれですね、青学さんパートとかも全部踊ってくれたから新鮮味あったんですね。位置取りがよくてほぼほぼあおとくんが真正面で踊ってくれたので見事にあおとくんしか見てないのですが、あおとくんめっちゃ可愛かったです(〃´v`〃人)Vv いやー本当に目に入れても痛くない。きゃわきゃわVv
そんな感じでいつもながら記憶ふわっふわであおとくんが可愛かった印象しかないんですけど、可愛かったです。言葉もニュアンスでしか覚えてないんですけど、あおとくんが可愛かったですVv 以上です!


片っ端からとりあえず写真にはおさめておいたけど、とりあえずテニミュの写真だけあげておきます☆ 割とマネキンみんなキャラクターをイメージした立ち方をしていたように思うのですが、あおはるがみんなモデル立ちしていて笑いました( ´艸`)
私、オタクのくせに漫画たいして知らないので、普通の舞台よりも2.5って(事前知識がないから)足が遠のきがちで、なので知らない作品いっぱいだったのですが、世の中にはたくさんの2.5作品と、知らないたくさんのイケメン俳優がいるのだなーと思いました。想像以上に広い世界でした。でもホストちゃんは2.5じゃないよね・・・?


最後に、今日のキャリア。先週の次回予告見て今週はアクションありそうだなーって期待してて、初っ端からセリフ多くて今週もたくさんしゃべらせてもらってありがたいなーって思ってたんですが、それどころか!これはいわゆるお当番回というやつじゃないですか!それならそうと!言っておいてくれないと!ちゃんと覚悟して見たのに!なんならしらすさまがブログで自宅謹慎がどうとかこうとか書いてらっしゃったので、むしろ出番少ないのかなーって思ってしまっていましたよ!お当番回じゃないですか!!
いやーよかったですね(〃´v`〃) とてもいいしらすさまでした(〃´v`〃) マツくんにスポットライトが当たっているというだけでありがたいのに、苦悶のしらすさま最高でした。私は常々テンション高めな役より、こういう繊細なお芝居をするしらすさまのほうが好きで、こういう演技のほうが映えると思っていたので、お当番回で叱られ、凹み、憂うマツくんというストーリーをいただけてすごく嬉しかったです。そしてそれを十二分にまっとうできていたんじゃないかと!めちゃくちゃしらすさまのいい面が発揮できていたんじゃないかと!! 思いました!まあ、倫也くんを張っていたはずなのになぜ署長と一緒に駆けつけるんや・・・、とは思いましたけれども(笑)。
そして最後の倫也くんを見下すしらすさまですよ!!!! 憂うしらすさまが素敵すぎておなかいっぱいになっていて、本当にいいしらすさまであった・・・、と満足していた中にぶっこまれた上からしらす。アップになった時より引きの絵のほうが最高だったと思うんですが、もう見下すしらすさま最高すぎてぱーんなりました\( ゚∀゜)/ いやー最高でした。とてもいいしらすさまでした。ごちそうさまでした。
ただ単にかっこいい白洲迅の絵が見られそうというだけでキャリアの放送は毎回楽しみにしていたのですが、想像以上にいい役柄をいただいてとても幸せでございますVv しらすさまの魅力をとても引き出していただいていると思いますありがたい限りです。私は誰だ。最終回も楽しみです。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.