まわれ!無敵のマーダーケース

なんだかテニミュ以外の舞台見るの久しぶりだなーって思ったら、今年テニミュ以外の舞台見るの3つ目(゜ロ゜ノ)ノ?! 嘘でしょ?! うそ!もう10月だよ?! 今年終わるよ?? 私このままだとテニミュ以外の舞台今年4つだ・・・。もはや舞台オタクでもイケメン俳優オタクでもなんでもない・・・(=д=ill)
そんなわけで、今年テニミュ以外の3つ目の舞台、『まわれ!無敵のマーダーケース』を見てきました。Wキャストでみねくんとしゅんしゅんが同じ組だし、映像キャストで幸くん出てるし、大樹っちゃんいるし、久しぶりに森しゃん見れるし、イヌッコロさんの舞台ならおもしろいだろうなー!って思ってたら、アフタートークで幸くんも出るってことで迷わず。ってかチケット代3,800円なの。安すぎる。

マーダーケース=殺人事件(今調べた)だから怖いんだけど怖いだけじゃなくておもしろくて、コメディだからおもしろいんだけどおもしろいだけじゃなくて怖くて、なんかこの絶妙ーなバランスがすごく舞台っぽいなー!って思って、とっても楽しかったです(´∇`) こういう舞台大好き!いや怖かったけれども・・・。ほんとレディレディ以来、怖い舞台が苦手である・・・。この舞台独特の“今怖いシーンですよー”っていう音楽の中で繰り広げられる怖いシーンがとっても怖い(´・ω・`; ) けど楽しかった!
オープニングは、超売れっ子小説家の藤澤=みねくんが出演した情.熱.大.陸と、そのみねくんが原作を書いたドラマ『トチュラバ(東京の中心でラブをバケーションする)』のダイジェスト+最終回が映像で流れたんですけど、初っ端のみねくんのモノクロのかっこつけ写真からはじまりずっと、笑っていいのかだめなのかマジなのか狙ってるのかわからない絶妙な感じがおもしろすぎて肩の揺れが止まりませんでした(○´艸`)

というわけでみねくんは超売れっ子で暴君な小説家役だったのですが、これPチームでは晃ちゃんが演ってるんですよね?みねくんのあの独特のクセの強さっていうか、アクの強さっていうか、キャラの濃さっていうか、雰囲気?ってみねくんだからこそだと思ってるんですけど、晃ちゃんの藤澤想像できないなー!みねくんはなんだかいろいろさすがだなって思いました。
と、しゅんしゅんもすごいさすがだなって思った!公演中ももちろん全編やっぱりしゅんしゅんいいなーって思ってたけど、個人的に1番ツボったのは、みねくんのインタビュー映像のときにみねくんがしゃべりながら手刀を切って、怒るあまりその手刀をテーブルにばんばんぶつけてた時に、横で聞いてた担当編集のしゅんしゅんがその手刀を手で受け止めたやつ。これ絶対しゅんしゅんのアドリブだよね?! いや知らないけど!これでPチームの畠山くんもやってたら恥ずかしいけど!そもそも手刀を切ってるのもみねくんだけじゃないかと思っているのですけれども、なんか見ててこれ絶対しゅんしゅんが自分でやったんだろうなって思うし、それがおもしろすぎて、すごいツボでした(○´艸`)
そして大樹っちゃんもさすが。あの怖さを持ちながら、不憫さというか振り回されてしまうおかしさがありつつ、それでも最終的にはまじめに怖い雰囲気がある、どっちも共存してるのがすごい大樹っちゃんだなーって思った。
我らが滝口先輩は、登場シーンだけで笑いをかっさらっていきました。この人こそさすがである。

ところで幸くんとしゅんしゅんって初対面ですか?なんか勝手に私2人に近いものを感じていたっていうか絶対この2人合うと思ってたのでとっくに知り合いのつもりだったのですが、もしかして初対面だったのかな?幸くんが途中で「なんか気付いたんだけど・・・、意外とあほだよね?」って聞いて、しゅんしゅんさらっと「俺結構あほですよ」って答えてたんですけど、しゅんしゅんはあほの子でも頭のいいあほの子だと思ってるよ!しゅんしゅんめちゃくちゃできる人だと思ってるから!!
っていうか、幸くんに質問がないですかっていうトークターンのときに、しゅんしゅんが「まじめな質問をしてもいいですか」って断ったうえで映像についての質問をしたら、そのまじめさに司会のみねくんが「こいつたっきーさんのこと尊敬してるんですよ!」って挟んでね、それに対してしゅんしゅんがすごいわざとらしいキリっとした顔で「そうなんですよ!」って言ったのに、「いや、まじに答えるとね」ってそのキリっをスルーしてまじに答えはじめた滝口先輩にあほとか言われたくないですよね!! 笑。幸くんのそういうところ、ほんとポンコツで好き(* ´艸`)
あと、幸くんの口からしゅんしゅんに対して「同じにおいを感じる」ってお言葉が出て、「同じ道を歩んでいる(けど修羅の道だからこっちはこないほうがいいよw)」って話になってとってもテンション上がりました↑↑ あくまでそこで出たニュアンスはこれからの道という意味での同じ道感があったのですが、そうだね大石秀一郎という道通ってきているもんね!! ってかばさんはとっても嬉しく思いました。でも幸くんはしゅんしゅんの年齢を聞いて「大丈夫、俺が26歳のときより8歩くらい前歩いてるから」って言ってて、いやでもそれは結局同じ道なのでは?と思いました(´=v=`)
そして最後に退場しながら幸くんとしゅんしゅんが2人目を見合わせて親指立ててグってやりあってて、ひゃー!ってなりました。この瞬間だけでも3,800円の価値あったのでは(>н<●) 先にも書いたとおり私この2人合うと思ってたし、ご本人たちも同じにおい感じてるみたいだし!これをきっかけにまた2人が一緒になにかやるときがあったらいいなー!って思いました。

猿狸合戦

本日はつじくん主演の『猿狸合戦』を見てきましたーヾ(*´v`*)ノ 1本まじめなお話通ってるんだけど、いつものるひまさんテイスト満載の作品で、まー啓さんの笑いが最高に大好きな私はとーってもたくさん笑わせてもらって楽しませてもらいました(´艸` ) 終わり方がまた新しい歴史で、気持ちのいいくらいにぽかーんって化かされてしまって、気持ちがよかったです。次はとりっぴ家康様が主役のお話になるのかなって思ったんだけど、どうなんだろう!

つじくんはまー相変わらず素敵でしたVv つじくんさ、色気出てきたよね?! つじくんってめちゃくちゃお若くいらっしゃるので、あんまりそういうイメージ私持ったことなかったんですけど、表情に色気が出てきたなーってすごく思った。とりっぴと啓さんがわちゃわちゃしているのとか、座りながら横目で見て少し笑っている感じがめちゃくちゃ色っぽくて、そのほかのシーンでもなんだけど!なんかすっごく色っぽいな!って思った瞬間が多々あった!
悪い男、とはまた違うけれども、計算高いと言いますか、策士な役がとっても似合っていて、やっぱりこういう役をやっているつじくんは最強だなーと思いました。「知ってるよ」ってまっすぐな笑顔に見えるけどまっすぐじゃないそれがすっごく好きでした。あの作り笑顔なのがバレない(でもキャラクターとしては絶対作り笑顔って見る側からわかる)作り笑顔で微笑まれたすぎる。あと怒ってる演技がすごく印象深いです、好きだったなー。

そして今回初るひまな陣くん。私は、まあなんといいますか陣くんのお顔がとっても好きでありまして、なので前半はついつい陣くんを目で追ってしまっていたのですけれども、やはりこうお芝居を見ているとより吸引力があるのはつじくんだなーと思いました。好みの話('v') でこで髪を結んでるのはズルいです。
しかしとりっぴはすごいなーって思った。さっきーはまあ今回はあほの子だったのですごく可愛くて、演技力で目を見張るというキャラではなかったんですけど(まああほの子はあほの子で演技力要ると思いますが)、この3人ってあんまり年齢変わらないですよね?とりっぴ家康様の迫力が想像以上にあって、純粋にすごいなーって思いました。
あとへーにいととりっぴ家康様の関係性がすごくよくて、へーにいのお芝居見てて泣きそうになったっていうかちょっと泣きました(;v;)

そして今日のお昼公演を選んだのは、幸くんが日替わりゲストだったからであります!うっかり日替わりゲストだけをチェックして日にち選んじゃったんですけど、25日にテニミュのDVDイベントあるの忘れてて(こちらの感想は後日また改めて!)危うくダブルブッキングするところでした。幸くん今日で良かったー(o´д`o)
幸くん信長様の登場の仕方がとってもきれいすぎて、話にとっても馴染んでいたので、ほかのゲストさんたちの登場シーンはどうなってるんだろう?! ってなりました。まじめな顔してると、本当ーにかっこいいなーって思った。
や、笑いを取りにいく感じはまったくお話の流れの沿ってないけど(笑)。『粉.雪』歌いながら登場したけど。途中で『そ.れ.が.大.事』熱唱してたけど。もうさー!私の大好きな大石先輩たちである幸くんとつじくんが、2人で『そ.れ.が.大.事』をハモっているのを見られて感慨深すぎましたよね・・・!こんな将来想像できた?! いやできない!割と歴代大石ってつながりが薄いと思ってるんだけど、ここの関係性だけが救いです(。-人-。) 幸くんが自分の携帯でお客さんにつじくんとのツーショットを撮らせていたので、ブログアップを楽しみに待ちたいと思います♪
そしてタローウラシマでも同じこと書きましたけど、やっぱり幸くんめっちゃ歌うまくなったよね!! もうなんか本当ーに30歳をすぎてこんな風に目に見えてうまくなってる!っていうのを見られるのって、なんか追ってて(いや、追えてないですけど・・・)すっごく嬉しくなりますよね(>v<人)!! いいボイストレーナーさんに出会えたのかなー。はー、大石ファンとして実に贅沢なデュエットでございました。

うっかり『そ.れ.が.大.事』の最中につじくんにハイタッチもしていただけて、なんとも幸せな公演でございましたー(´∀`) ほんと私つじくんにはいつも恵まれているありがたや_(:D) ̄|_
本当はあんざいしの回もみねくんの回も見たかったけれども・・・!1回見に行けてよかったです!楽しかった(*^o^*)!

僕等の図書室 特別授業

今日はぼくとしょを見に行ってきました!帰ってきてから1回お昼寝したんだけど、なぜかとーっても眠たいのでカフェインを注入しつつ、さっくり感想を書き残しておこうと思います(。= =。)φ
やっぱりとってもおもしろかったです!そしてかっこよかった・・・。つい前日もたくさんの王子様たちにきゃっきゃしてきましたけど、こちらも目の保養感半端なかったです・・・。イケメンって正義ですね(*〃v〃)Vv 一応改めて書いておくとみんな学校の国語の先生なんですけど、個人的には今回は三上先生のジャージonシャツの先生あるあるスタイルが1番好みでしたVv あとネクタイが可愛い。また三上んが似合うんですよねー。爽やかの極限かよ!ってなってる。三上んの暑苦しい爽やかさは今回も健在で最高でした☆ 次点で好きだったのは、みね先生のカーディガンinスーツです!っていうか、たぶん私がみねくんのお顔が好きなだけだな。最近自分の好きなお顔の系統がわかってきました、よしかさんです(o`・v・´o)/ 幸くんもかっこよかったけど、プロデューサー巻きの今回より、前回までのスリーピースのほうが好きだったかなー。

見に行った回の演目は、みね先生の『細川忠興とその妻』、たっきー先生の『奥のほそ道』、かっち先生の『不思議の国のアリス』の3本でした。
単純に好きな2人+かっちのアリス見たい!という気持ちでこの組み合わせの回を選んだのですが、はじまってからああー割と2本がまじめっぽいお話になってしまったから、原田先生のリーディングミュージカルとかの回にすればよかったかなーって思ったのですが、めっっっちゃくちゃまじめに読んでた『細川忠興とその妻』の最中に突然『女.々しくて』はじまって爆笑しました(○´艸`) これでこそぼくとしょだと思います。またみねくんが無駄にうまいから、余計笑えた。おたまへの愛に狂っていくみねくんのお芝居はとても気迫に溢れていてすごくよかったのですが、『女.々しくて』の印象が強すぎる。
幸くんの『奥のほそ道』は、思っていたよりまじめ系じゃなかったです。ファンタジックでおもしろかった!しかし、幸くんの芭蕉よりも、三上んの現代中学生とみねくんのお弟子さんとのやり取りのほうがおもしろくて好きでした。
で、1番楽しみにしてたのがかっちのアリスだったんですけど、やっぱりおもしろかったです!アラサーになって現実を知ってしまったアリスが連れていかれた不思議の国のお話おもしろかった!けど、おもしろかっただけに終わらず、なんだか身につまされる部分もあって、じーんとしました。ここでもやっぱり、アリスに振り回されるみねくんウサギがとても印象に残っていて、今回は(3作ともみねくん出演していたというのもあるけれど)とてもみねくんが響いた公演だったなーと思いました(`・v・+´)
あと、かっちがアリスの格好してたのちょー可愛かったんだけど、それを見て直球で「かっち可愛いよ」って照れることなく本気で褒めてる龍くんと、「メイクしてる姿見て、不覚にも可愛いと思ってしまって、だんだんイライラしてきた」とか言う幸くんを見て、さぞや龍くんはモテるんだろうなーと思いました(笑)。

そんな感じで、今年のよしかさん観劇納めでございました。また例年通り、あとでまとめバトン書きたいと思います(´∇`)ゞ 最後に楽しかったー!イケメン最高ー!ってなれる舞台で終われてよかったです。楽しかったー!

口紅 & 青春2

昨日久しぶりに舞台梯子をしました( ・v・´+)
まずお昼はしゅんしゅんの主演舞台『口紅』。なんだかフライヤーとあらすじの怖い雰囲気にめちゃくちゃびくびくして行ったのですが、そういう怖いお話じゃなくてよかったです。

で!しゅんしゅんですよ!まず、役柄がスイミングスクールのインストラクターっていう事前情報だけでヤバめな空気は感じていたんですが、いざ登場してみたら深緑ポロシャツ+ハーフパンツに、シルバーフレーム(目が悪いからはっきり見えなかったんだけどフレームレスだったかもしれない)のメガネかけてて、頭ぱーんてなりましたヽ(・∀ .)ノ ヤバくないです?! ヤバくないです?! メガネかけたスイミングスクールコーチな石田隼だよ?! ヤバい!とてもヤバい!! それに加えて、人当たりよさそうな雰囲気が功を奏してお母さま方に毎日のように差し入れもらっちゃったりしちゃってるんだよ・・・!人妻キラーなスイミングコーチ石田隼ヤバい(*´Д`*)
後半はだいぶそんなしゅんしゅんの役の嫌ってほどでもないけど人間として完璧じゃない感じがぽろぽろ出てきて、あそれはしゅんしゅんに限らずみんなそれぞれがあったんですけど、前半はもうとにかくヤバ過ぎてしゅんしゅんが舞台上にいるときずっとにやにやしてました(。-∀-。) 全然そういう雰囲気の舞台じゃないのに。
あと、サンドウィッチを2口で食べるしゅんしゅんにドキっとしましたVv

あと、猫ひた月曜ブルーのポンポン村田も出てたんですけど、ポンポンがびっくりするくらい演技が自然でびっくりした!猫ひたのときよりよほど良い(笑)!
なんていうかどの登場人物もすごくリアルでそれぞれちょっとずつ嫌な感じというか、普通の人間っぽい完璧じゃなさがあったんですけど、ポンポンの役の嫌な感じが1番共感できたからそう思えたのかなー。でもほんとポンポンすごくよくてびっくりしました。
ちなみにポンポンは出演中ほとんどのシーンで競泳水着だったんですけど、しゅんしゅんは1回も脱ぎませんでした!チっ( ーдー ´)


そして夜は『青春-AOHARU-鉄道2〜信越地方よりアイをこめて〜』!右を見ても青学、左を見ても青学。これぞまさに青学パラダイス☆ 目が足りなかったですヽ(・∀ .)ノ
個人的には初演のほうが好きだったかなー、と思いました。おもしろかったけど!登場人物多すぎて、あと地理に疎すぎてよしかさんのポンコツ脳では舞台上にいないキャラ名をあげられるとそれは誰?! ってなって、なかなかに理解していくのが大変でした。やはり2.5は予習していかなきゃダメなのだなー。

あと、個人的に大大大好きだった翔太東上&いなせ宇都宮は続投してくれたものの、それぞれ相方さんがいなくなっちゃったので、翔太に関しては東上としての登場(ダジャレじゃない)少なかったし、いなせも前回のほうがより魅力的だったなーって思いました。直也さん高崎とお電話でしゃべってるのは最高に好きだったけど!! なんだっけ、「気を付けて帰ってきてね?」的な?そんな優しいあれじゃなかった?セリフがめちゃくちゃ好きすぎてぎゅーんってなりました(,,>艸<,,)
今回新キャラで好きだったのはましゅちゃん!いや宇都宮線いなせには敵わないですけれども!ましゅちゃん、ああいうどっしり構える男前(でも貧乏くじ引いちゃう)キャラすごく意外だったのですが、意外と似合っててよかったです(o^v^o) あと!歌!ましゅちゃんめっちゃ歌うまくなったよね?! びっっっくりした!
神里くんは天使でした☆ しゅーてぃーは相変わらずの好青年で、本ト眞嶋秀斗の育て方出してほしい。あと、たいとさんと翔太との絡みを見ていてちょっと泣きそうになった5代目ファンなよしかさんです(;v;) たいとさんもお歌の歌い方全然変わってて、ああたいとさんすごくちゃんと道を進んでるんだなーって思った。そんな中でもきっとこの青学が集まる青春鉄道だから!って出てくれるのが(私別に青春鉄道ファンじゃないけど!)嬉しいですよね!! たいとさんに限らずだけれども。

そんなわけで、日曜日はとても青学充できましたVv 幸せだったー!あおはる、次回作も楽しみにしています!!

ハイステ 烏野、復活

初演、再演と次はよくなるかもしれない、明日はよくなるかもしれないと毎日通ったけれど、結局再演千秋楽まで見て、ああ私にハイステは合ってないんだなと悟ったので、今回は1公演だけ見に行くことにしまして、今日行ってきました。オブラートに包まずに正直に書いてしまうと、やはりどうも私はハイステを好きになれないなーと、そんな感想を抱きました(・ω・`;)
それでも、(初演再演のほうがどちらかというと好きだったけど)オープニングはとてもかっこよかったです!やっぱりハイステのオープニングに敵う2.5次元はないですね!! とびおちゃんのマントばさー!っていうのが1番好きで1番興奮しました!!
あと、常波戦をどのくらいきちんとやってくれるのかすごくすごくすごく心配して行ったのですが、ちゃんとやってくれてよかったなーって思いました。カットされてショックだったの、大地さんの「横にか!?」くらいです(笑)。

そして、初演のときはあらゆるシーンでスガさんに助けられましたが、今回の私はかまちにすべてを持っていかれました。かまち。と、にろくん。私もともとかまちはとっても好きで!いやもちろんみんな好きなんだけど、中でもかまちは伊達工の中でも1番好きで、好きキャラ10人挙げようってなったらたぶんその中に名を連ねるくらいにはかまちが好きなんですけど、全一くんのかまちすごくかっこよかったー(〃´v`〃) 全一くんはブリミュで見たときからめちゃくちゃ期待してて、だから今回公演に対して低いモチベーションながらもかまちが1番楽しみだったんですけど、期待以上にかっこよくて惚れましたVv 言ってもなんていうか、今までのかまちに対しての好きはキャラクターが好きっていう好きであって、大地さんみたいにガチ恋な好きじゃなかったんですけど、このかまちは恋しちゃうかまち。ハートマークついちゃうやつ。かっこよかったVv 好きVv
あっちゃんのにろくんもすごくよかったんですけど!とにかくかまちとにろくんが事あるごとに絡んでて、それがめちゃくちゃに好きでした。で!で!かまちとにろくんのね、やり取りは原作みたいですごく微笑ましくて、にやにやしながら見てたんですけど!試合負けちゃって、3年は引退するよってなった時の「声小っせーぞー、二口ー」(これは原作みたいに、かまちにはにやにやしながら言ってもらいたくはあったんだけどさー!)の後、にろくんたちが返事したあとですよ!かまちが、にろくんのね!頭をね!なでなでしてたの!! それも想像していなかった優しい手つき(そもそも頭を撫でるという行為自体を想像していなかったんだけど)で撫でてて、その瞬間私落ちた。落ちた瞬間をものすごく明確に実感しました。いや、本来のかまちはこんなことしないかもしれないかもだけどさー。それまでちゃんと筋肉バカっぽい感じだったのに突然そんなことやってくれちゃったりするから・・・、かっこよかったんだよお(ノvヾ*) このかまちには恋するわ。
そんでそのあとにまた、引退したあとの3年生シーンやってくれて、ああかまちってこんな風に泣くんだぁって思って・・・。日頃の姿を知っているうえであんな姿見せられたあとにこんな姿見せられて、落ちないわけある?全一くんのかまち好きすぎてヤバい。SUKI。

それから研磨ちゃんは立ち姿がとても研磨ちゃんで、研磨ちゃんが拾った最後の1球の演出は好きでした。クロに至っては私クロのかっこよさを3次元に持ってくるのは100%無理でしょお!って思っていたんですが、思っていたよりかっこよかったです(*〃∀〃) ま、原作のクロのがかっこいいけどね!!
そして今回も猪野くんの演技が素敵で素敵で・・・、表情ひとつひとつにとてもぎゅっと胸を締め付けられました(>н<●) 再演千秋楽の挨拶で、猪野くんのスガさん最後になっちゃうんじゃないかとすっごくビビったので、またこうして猪野くんのスガさん見られてよかったです(;ω;) 日向影山コンビはやっぱりとっても可愛くて好きでした!


は/か。年の差ものが読みたいなーと思って手にした『ナラタージュ』を今日の帰り道に読み終えたんですが、すごく好きでした(*^v^*) こういう胸がぎゅーってなるお話大好きです。

笛ステ

笛ステ行ってきました。すっごい楽しかった!すっっっごいおもしろかったです!! 私は笛が好きです。笛は私の青春のひとつで、連載が終わると知ったときは心の柱を1本失ってかなりメンタルぐらついていたくらい好きです。私はオタクのくせにそんなにたくさん漫画を読まなくて、全巻コミックスを揃えている漫画って4つしかないのですが、そのうちの1つが笛です。そんな笛がまさに時代を超えて舞台化です。それほど期待しすぎないようにしようと思いつつもやはり期待してしまう自分がいました。とても楽しみでした。
しかしその期待をいい意味で盛大に裏切ってくれました。もう1回言う。すっごい楽しかった!すっっっごいおもしろかったです!! なんか、懐かしさと再現率とストーリーとありとあらゆるものが一気に襲ってきて、はじまった瞬間から終わったあとまで冗談じゃなくずーっと目がうるうるしっぱなしでした(;ω;) うるうると言うか何度も決壊してたけど。ペダルと違ってストーリーを知っているからまた違う種類の涙だと思うんだけど、ペダステと同じくらいずっと泣いてた(;ω;) すごくよかった。めちゃくちゃ感動した(TωT)
なによりすごいのがちゃんとボールが見えるの(゚ロ゚〃)!! びっくりした!まあ野球とサッカーって1番(私にとっては)身近だし、3次元の人がやっている絵を頭が思い描きやすいからなのかなーっても思ったのですが(笛きっかけに一時期プロサッカーも好きだったし)、それにしたってっていうくらい、みんなのフォームがすごくうまくて、音響が驚くほどぴったりハマっていて、はじまってボールが登場したその瞬間から目にボールが見えすぎてちょっとびっくりするくらい“見えた”。これは本当に感動しました。
映像の使い方もすっごく効果的で、使いどころがすごくうまくて、なんなら人すら映してしまうんだけどでもちゃんと効果的に使っているから“せっかく生ものの舞台なのに映像使っちゃうなんて”っていう不快感皆無で。試合もすごくわかりやすくできあがっていたし、コートがぐるりと回って自分の視点が切り替わっているのもすごくかっこよく見られたし。あと私は主題歌がある舞台ってたぶん初めてで、最初発表されたときどういうこと?ってなったんですが、主題歌の使い方も効果的で!盛り上がるときにBGMでかかるからまたすごくアニメ感あって、なにからなにまで2.5としてすごくよかったと思いました!すごい!なんかすごいすごいよかった!大好き!


キャラについてはまずキャプテンから。私はキャプテンが好きです。私の青春の心の支えは、大石先輩、キャプテン、三蔵様、の3本柱でした。今でこそサイトにお話とかほぼ残していませんが、大石先輩と同列でくらい好きです。結婚してください。そんなキャプテンが初めての2.5次元化です、下手したら大地さんレベルのハードルの高さです。・・・かっっっっっこよかった(TωT) もう!なに?! ちょっと本当に、本当にかっこよかったです。
私は鮎川くんは悟浄で知っていて、だから顔がかっこいいのは知ってたけど、スタイルがいいのも知ってたけど、だけど渋沢キャプテンとはあまり結びつかなかったんですね。かっこいいだろうけど、どっちかっていうとバカっぽいイメージあるし(笑)、今風だからキャプテンみたいな渋さとかなさそうだし、昭和より断然平成!感するし、大黒柱感、キャプテン感、守護神感は想像できなくて、まあかっこいいだろうけど、なんかちょっとイメージできなかったんです。かっこいいだろうけど。ところがどっこい!全部あった。キャプテンだった。ただの渋沢キャプテンだった(TωT) 鮎川くんめっちゃ今時のイケメンだと思ってるのに、なぜかキャプテンのときは老けて見えた(全力で褒めてる)。キャプテンだった。
あと私は元々キャストさんを知ってしまっていると、○○を演じる××くん、もしくは、××くんが演じる○○、という風になってしまって、どう頑張ってもキャラクターそのものって見られない嫌いがあるのですが・・・、鮎川くんは全然そんなことなかった。ただのキャプテンだった。キャプテンそのものだった。すごい。本当によしかさん史上初めて。それも原作で1番好きなキャラで。すごい。完璧だった。やばい。
もうなんかなにがとか説明するまでもなく本当に全部かっこよかったんですけど(TωT) 1番ヤバかったのが背中。今回、最初に主題歌流れながら上水のキャラ紹介、(休憩なかったから2幕構成ではないけれど時間的にわかりやすく言うと)2幕頭に主題歌流れながら武蔵野森のキャラ紹介がありまして。キャプテンは森の最後だったんですけど、森メンバーが2列?だったかな縦に並んで、ばっとセンターが開いたら背中を向けたキャプテンだったのね。このキャプテンの背中がかっこよすぎて。キャプテンの背中が大きすぎて。本物のキャプテンの背中すぎて。長年大好きだったキャプテンの背中が目の前に、本当に表れたことにキャパシティオーバーになって、目からつーって涙が溢れてきました(TωT) そしてそこから2、3秒の記憶がない。たぶん飛んでた。SUKI・・・。好きすぎて涙が出るというのを久しぶりに体感している・・・。キャプテン・・・。
あとめっちゃ好きだったのが、誠二が我慢できずに1人で上がっていっちゃったときの「あいつ・・・、ふっ」の笑いです!! キャプテン・・・!!
あと死んだのは、PKの前のときかな、ゴール前に立ってグローブのベルトっていうのかな、マジックテープのところを歯で噛んでびってはがしたやつ!! あれ!なんですか!なんでわざわざ歯で噛んではがしたんですか!あっ、グローブだと指先太いから手ではがせないの?か!めっちゃくちゃかっこよくて、ひっ(°д°;;)?! ってなった。軽率に死んだ。なにあれ・・・。ズルくない?キャプテン普段だったら絶対そういうことしない人じゃん。歯で噛んではがすとかお行儀悪いじゃん・・・。そんなキャプテンの荒々しい、雄々しい姿ですよ・・・。口でマジックテープ剥がずの・・・。死んだ・・・_(:D) ̄|_
今もう本当にキャプテンがすごく好きです。終わってからずーっとにやにやしてます(〃´v`〃) キャプテン実在した・・・。同じ世界にキャプテンいた・・・。よしかさんしあわせ・・・(*´д`*)

あと誠二も結構好きなんですけど、誠二は和田くんすごく想像できるなーて思ってて、だからキャプテンはキャプテン自身を好きだからという理由でハードルが高かったけど、また誠二は和田くんの誠二はきっとかっこいいんだろうなー!って期待の高さで、ハードルが高かったです。そしてその期待通りの、きちんとハードルを越えてくれる誠二くんでした。めっちゃ誠二。すっごくサッカーが好きなのが表情からにじみ出てるの!試合中楽しそーにプレイしてるのも、将が自分で考えてかっこよくプレイしているのに対し自分たちは監督の指示でかっこ悪い勝つためのプレイをしていることに対してつまらなそーにするのも、すっごくサッカーが好きなんだっていうのが見えるんですよね。そこがすっごく好きでした。
キャプテンとのツーショットも神がかったバランスでしたし、もう誠二は理想通りの、これ以上ない誠二だった(●^∀^●)!

上水はキャスト発表されたときに、高井くん野呂くんはじめみんな本物すぎる!って話題になったと思いますが、開いてもその通りで。本当ーに、よく本物連れてきたな感半端なかったです。みんな2次元から出てきてた。
そんな中、私的にすごく意外で、そして高井くんたちと並んで2次元から出てきたな?! って思ったのがたつぼん。たつぼんめっちゃたつぼんだった!まず先にもサッカーボールが目に見えたって書いたんですが、中でも1番うまかったのが秋元くん。周りが下手っぽく演じているというのを考えたとしても、それにしてもダンチにうまくてすごかったし、それがもう上水でダンチにうまいたつぼんさを演出していた。
そしてもう、苦労してそうな感じとか、几帳面そうなところとか、めんどくさそうなところとか、将のこと大好きな感じとか、素直になれないところとか、クールに見えるのに負けず嫌いな感じとか、不器用なところとか、受感とか(笑)、なにからなにまでがすごくたつぼんで、正直たつぼんがここまで本物出てくると思わなくてすっごくびっくりした。
秋元くんは私ペダステで見たことあるくらいなんですけど、たつぼんこれめっちゃハマり役じゃないです?! それとも秋元くんはいつもこんなにすごい人なんです?! もう本当にすごいただのたつぼんだった。秋元くんこそ、秋元くんを1度ほかで見たことあるにも関わらずただのたつぼんだった。

麻朝ちゃんは、シゲとか舞台中で1番頭がいいキャラ無理でしょ?! って思ってたのに、思ってた以上にシゲで!試合中ちゃんとかっこよくてびっくりしました。
あと将も。ニンニンで見てたときそこまで小っちゃかったイメージなかったから、将・・・なの・・・?って思ってて、全然想像できなかったんだけど、すごく将だった。翼さんと並んだ絵とか見るとますますそう思う。
翼さんは美しすぎてまじヤバかったです。超翼さん。


だいたいざっくりそんな感じです。あまりにおもしろかったので、そしてかっこよかったので、買うつもりがなかったDVDの購入を決めてきました。買うつもりなかったので手持ち足りませんでしたヽ(・∀ .)ノ
帰ってきてまずホコリまみれになっていた写真立てを取り出し、キャプテンの写真を飾りました。大地さんでもあおとくんでも、じんじんですらこんなことしてない。美しい・・・。

そして、終演後にはせっかくなので原画展にも行ってきました☆ いろいろ思い出して、懐かしかったです。
入場特典の日替わりステッカーが、まさかのみんな紙飛行機を持っている絵柄でして・・・!ご存知の通りサイト名は紙飛行機から来ているので・・・!うんめい・・・!ってなって、そんな予定全然なかったのに、フリー入場券(全ステッカーもらえる)を買ってしまいました。紙飛行機を持っているキャプテン・・・。大切にします(。-人-。)

いやーまさか2016年にこんなにも笛で充実した日を送れるなんて思ってもみませんでした。すごく幸せで、満ち足りています(*´后*)

ハロイエ 再演

今日は『ハロー,イエスタデイ』再演を見てきましたー(´∇`) きださん演出だし、あらすじ見たらおもしろそうだったし、コメディでしかも恋愛ものってきっととっても大好物だし、そ、そんちゃんと畠山くんいるし・・・、って行ってきました。楽しかった!楽しかったー!!
思いっきり声出して笑えて、最後までハラハラさせられて、恋愛はものすっごくヤキモキして、そのうえ大好きな三角関係だったし・・・!恋愛模様の概要を全部書いてしまうので盛大にネタバレしますけど、主役の町田くん(カフェバイト)とヒロインちゃんは実は両思いで、だけど町田くんがヘタレだから長年思いを告げられなくて、うじうじしている間に畠山くん(ベンチャー企業CEO)がヒロインちゃんに告って押せ押せで付き合うことになって、でも畠山くんは2人の思いを知ってしまっているから焦ってヒロインちゃんに結婚を急かすっていう!けどなんやかんやあって、最終的にはプロポーズを撤回し、ヒロインちゃんがいないところで町田くんに向かって「今は彼女はあなたのことが好きだけれど、これから必ず彼女を振り向かせてみせます」とか宣言するんだよ!三角関係最高かよーってなりました(,,>艸<,,)
っていうか、町田くんもまさか若手俳優オタやってて生で見られることになるとは思ってなかった1人・・・。

そんなわけで、今回はそんちゃんより断然畠山くんがかっこよかったです(〃´v`〃) そんちゃんは近所の中華料理店の店員さん役で、いやまあそんちゃんがヒロインちゃんに告白するみたいな流れになったときは一瞬かっこいいオーラ出してきてドキっとしたけど・・・!でも断然スーツな畠山くんのほうがかっこよかったですVv スーツがズルい!あとやっぱり私畠山くんの声がすごく好きだなーって思った、うん。1番好きだったのは「そんな子どもみたいなこと言わないでください」です!! ウホってなった(゜艸゜ )
しかしもっともっとかっこよかったのはとみしょーさんです!とみしょーさんはなんかもうかっこいいよね・・・(語彙)。最初、とみしょーさんもスーツだからかっこいいのかなーって思ってたのですが、そのあと私服になってもかっこよかったので、とみしょーさんがかっこよかったんでした。役柄的にもかっこよかったですし、ヒロインちゃんの気持ちを確かめるために鎌をかけるのとか、ヒロインちゃんと町田くんを残して去ろうとするときの“頑張れよ”ってちょっと意地の悪い顔とか、すごく好きでした!はーとみしょーさんかっこいい( *´Д`)

目にも幸せだったし、めっちゃくちゃ笑ったのにほっこりもできて、恋愛ものとしても楽しめたし、SF(少し不思議)としてもすっごくおもしろくて、見終わって楽しかったー!ってなれる1時間45分でとっても幸せでした(◎´∇`◎) 久しぶりに舞台見たぞーっていうすごく幸せな充実感!

タローウラシマ

『TARO URASHIMA』、実は少し苦手な俳優さんがいらっしゃって、だから見に行くのどうしようかなーって思ってたんですけど、幸くんとつじくんが共演だしなーやっぱり行きたいなーって考えていたところ、役柄発表があって“乙姫を苛め抜く意地悪な乙姫の兄王子、幸くん”、“深海王子に忠誠を誓いながら悪知恵を巡らす策略家、つじくん”ってキャラクターに、これは行かなきゃだ!参謀つじくん絶対好きなやつ!ってなって、行ってきました。

もう期待通ーりの悪いつじくんで、最高でした!なんならラスボスだったし、ちゃんと覚えてないけど、「お前みたいな気持ち悪いやつ好きになるわけないだろ」「なんで気が付かないのかなー?ばかなのかなー?」みたいな物言いに、最高にぞくぞくしました( ´艸`) やはり悪役なつじくんは最高だと思います☆
しかし、「気持ち悪いやつ」って言ってるけど、つじくんもだいぶ気持ち悪かったんですよね・・・。つじくんの役、ダイオウグソクムシだったんだけど、おなかあたりに気持ち悪い足がぎょろぎょろ生えてて、だいぶ気持ち悪くて、ずっと双眼鏡で首上だけ見てた(艸д+。) 海の権力握って白いひらひらつけてきたのはすごく可愛かったんだけど、かばさん虫だめなのでだいぶつらかったです。

幸くんは役柄割とイメージ違って、なんか、・・・ばかだった(笑)。バカなナルシスト御曹司って感じだった。妹役のことはちゃんも、そんな悪役想像できないなーって思ってたら、やっぱり想像よりいい子だったし、初期から設定ちょっと変わったのかなー?と。っていうかもう本当にことはちゃんが可愛くて可愛くて可愛くて(*´v`*) シンケンのときからことはちゃん大好きだったけど、つじくんも幸くんも舞台上にいるのになんならことはちゃん見てたくらい可愛かったですVv
それと!幸くん、とても歌がうまくなってて!びっくりした!うまくなったっていうか、声の出し方が全然変わった気がします。とよた真帆さんがメインで歌ってらっしゃるところに、ことはちゃんが入って、もうひとり男性が加わってこれ誰だろう?って思ってたら幸くんでびっくりした(*゚Σ゚*) それくらい、幸くんだってわからなかったくらい、違ってた。私が見なかった半年?1年?の間にいったいなにがあったんだろう・・・。すごくびっくりして、すごく嬉しくなりました(´∀`)

休憩時間にはお馴染みMeeT CAFEにてMeetなおむすびをいただきましたー(○´艸`) 幸くんとみかみんが育てたお米だよー。
私、1番食べられないものがたこなので、たこはごめんなさいしました(さんざん、好きなキャストが嫌いな食べ物をプロデュースしてくれたら克服できる気がする!と言い続けてきたかばさんですが、せめてたこ焼きくらいからスタートしてほしいです・・・。こんなもろ姿のやつハードル高い・・・)。子持ち昆布が美味しかったです♪

そして2部の『鯛や平目の舞踊りSHOW』はすっごいあっという間でした。やっぱり誰より楽しそうーに歌って踊ってをしているつじくんを見ているのは幸せで、可愛いなーって思ったんですが、隣で振り切ってる坂元さんがおもしろくてやばかったです( ´艸`) 全力でやってくれる大人のみなさんがすごく素敵でした。いや本編での坂元さんの歌とか、はじまってもう1音目だけで鳥肌立つくらい本当にすごかったし・・・!
と、そんなわけで今回はちょっとケチって3階席で見てたんですけど、つじくんカラーのペンラを振ってたらつじくんが見つけてくれて・・・!ぴょんぴょんジャンプしながら両手で指差してぴゃーって手を振ってくれて、ぎゃーってなりました。終わった瞬間、周囲見まわしたけどピンクいなかったからたぶん私・・・!思いこんだもん勝ちだからたぶん私・・・o(`▽´)o!! どうせ見えないだろうしーって今回はうちわ作っていかなかったんだけど、よもやお手振りもらえると思ってなくて、つじくん相変わらずの破壊力だなー!って思いました。楽しかったです。

ブリミュ 〜もうひとつの地上〜

今日は、ブリミュを見に行ってきました。とっても懐かしかったです、ほとんど曲もなんて言うの?ファーストシーズン?と同じだったんですが、すっっっごく懐かしくて、ブリミュってそれほど通った記憶もないのにセリフすら覚えてて、なんだかすごくしびれました。DVD見返したくなった。
中でも『月よ教えてくれ』の配置に3人が付いたとき、テンション高まりすぎてヤバかったです。思わず姿勢正した。健人の「うぉううぉーう」の入れ方にズッコけたけど、それ以外はとてもよかったと思いました(*´v`*) 聴けて嬉しかったー♪ けど『song for you』が聴けなかったのは残念だったなー!先々代のやつがとっても好きで!好きだからこそ、このルキアちゃんとバックダンサー一護&恋次でも見たかったです。そんなこと言ったら『流魂街の記憶』も聴きたかったし、『カタルシス』も聴きたかったし、ほかにもいろいろあるけど・・・!

さて、私今回はもちろんブリミュという作品が好きだからというのもありますが、お目当てさんとしてはばばりょ&猪野くんでございました。がしかし、終わったとき1番好きだったのは恋次でした。いい恋ルキだった・・・!いい恋ルキだった・・・!(2回言う)。
もう初っ端、兄様についていこうとする(捉えられに行く)ルキアちゃんを見る恋次の視線がすっごく切なくて、えっこれは・・・!っていうのからはじまり、もうなんかとにかく好きでした(´∇`) セクシーの恋次はセクシーの恋次として大好きだし、鯨ちゃんなんてめちゃくちゃかっこいい人だと思ってるから!かっこいい鯨ちゃんがやる恋次はかっこいいに決まって大好きだったけど、阿散井恋次として見たら崎山くんの恋次が1番好きかもしれないってくらい好きでした。まあ崎山くんの場合私は初めましてだったので、変な先入観なく100%恋次って見られたお陰もあるかなーと思ってるんですが。
私は原作では恋次もすっごく好きで、特にやっぱり一護と一緒にいる(敵対でも仲間でも)(間のルキアちゃんありきでね・・・!)恋次が、というか一護と恋次がすごく好きなんだけど(ほもじゃない)、新生のときはあんまり一護と恋次セット感がなかったので、そういう久しぶり感もあって!とってもたぎりました!見てて、そうそう恋次と一護はこれなんだよー!ってとっても思った。あと、ルキアちゃんに対しての「全部背負おうとするな。一護の肩にも俺の肩にもちょっとずつ預けろ」ってやつ好きすぎて泣いた(;ω;) 良かった(;ω;)
終わって速攻写真を買いに行きました。崎山つばさくん、よしか覚えた。

加恋ちゃんはもうさすがで、ちょう可愛くて、最後の新曲でみんながわちゃわちゃしている時、ばばりょでも猪野くんでも、なんなら恋次でもなく加恋ちゃん見ちゃったくらい可愛くて素敵でVv エンディングで1列に並んだとき、雛森・藍染隊長・恋次・兄様って並びだったので、そこのエリアだけ見てれば好きな人揃っててありがたやーってなりました(〃ノ_ _)ノ
あと初めましての中では檜佐木!檜佐木の、黒目の小っちゃさがめっちゃ檜佐木で好きだった(´∇`) ハイステでのかまちにも期待・・・!
しかしこう思いっきりの再演だと、どうーしても先代と比べてしまうのですが、ルキアちゃんもそうだけど、イヅル、剣八の先代が2次元から出てきちゃった組は、今回とーってもハードル高かったと思います。だけど2人とも想像以上に健闘していたなーって思いました。どちらが好きかと言われれば、私個人はやはり栄基さんのイヅルが好きだし、省吾さんの剣八が好きです。好きっていうか本物。2次元から出てきちゃってるから(ついでに言うと、サム兄の京楽隊長も)。でも、『月よ教えてくれ』の中での“あ、今この子壊れるかも”感は一瞬健人くんのほうが強くておってなったし(「うぉううぉーう」の入れ方ズッコけたけど)、川上くんはめちゃくちゃ作りこんできたなーっていうのわかったし、細かいところ言うと手がすごい筋張っててすごい剣八だと思った!
塩っちは期待通り(*´后*)
一護はまだまだ粗削りーという感じがして、初演の達也や、JFでのお披露目ステージの法月くんを見ているようで、それも含めてやっぱり懐かしかったです。

とまー、とても懐かしく、泣きながら見てしまいました(;ω;) あの曲もあの曲もあの曲も、もう1回聴けて嬉しかったし、またブリミュをこうして見られて楽しかったです(◎^v^◎)

ママ僕 〜たたかえ!! 泣き虫BABYS〜

昨日はママ僕を見てきました。終わったあとお茶しておしゃべりして、寝て、しらすさまの舞台が決まる夢を見て、起きて、バイトしてきたら、なんか割となにを書こうと思ってたか忘れてしまいました・・・(´=v=`) 鳥頭なのでやはりメモを取らないとだめだね。荒川よちよちは覚えてる(笑)。ツボ。
今回もとっても楽しくて、たくさん笑って、イケメンを追っかけていただけのはずなのにこの距離感でデーモン閣下のお歌が聴けることに意味不明さを覚えながらも堪能させていただき、そしてやっぱり泣けて(つд;*) ママ僕いいなーって思いました。

ハム彦くんは相変わらず可愛かったです(,,>艸<,,) みーんな写真で見るより断然生で、動いてるのを見る方が、より赤ちゃん味あって可愛いけど、やっぱりダントツで可愛いのはハム彦くんですね・・・!天使。
それから、おじさんがエイリアンで、車が大好きで通る車の名前をひたすら読み上げ続ける、将来の夢は忍者で、語尾が「ござる」なさとちゃんは、キャラクターが濃すぎてズルいなと思いました!1人だけもりもりじゃないか!さとちゃんは普通に想像するだけで可愛いのに、語尾が「ござる」であることで想像とはまた違った可愛さで、想像以上の可愛さでズルい!ってなりました。こんなの可愛いに決まってる。願いを叶えてもらって大人になってもさとちゃんだけ精神年齢あんまり変わってなさそうなのも笑った(○´艸`) 大人の姿と言えば、フレッシュサラリーマンのハム彦くんは、こいつたいして悪びれもせずに「すいませんーへらへらー」って週4で遅刻してきそうだなー!って思いました(笑)。許すけど(*^o^*)
そして、今回私がはらしー以上の楽しみにしていたのが久しぶりの大希!大希なんてお顔可愛いんだから全然赤ちゃん役もイケそうなのに、先生なんだなーって思いました。でも水色エプロンしてる大希先生可愛かった(〃´v`〃) でも、先生としては和哉先生のほうが好きかなー!あの、ぺらっぺら軽薄な和哉先生がとても好みでした。大希は大希でとてもよかったけれど。

私は今回推しと言えるほどすっごく好きなキャストさんいなくて、ママ僕って作品が、もっと言えば暴走男子シリーズが好きだから、だからそう感じるのだろうなーと思うのですが、今回追加になった公演後のバブライブはやっぱりなくてもよかったかなーってちょっと思いました。先にも書いたけど、ママ僕って毎回すっごく笑わせてくれるけど、それだけじゃなくて泣かせてもくれて、今回も例に漏れずお母さんたちの必死の思いに、赤ちゃんたちのまっすぐな思いにすごく胸打たれたんですよね。閣下のバラード聞きながらぼろぼろ泣いてた(;ω;) から、私はその余韻に浸ったまま終わりたかったなーって思いました。せっかくお話で勝負できる作品だと思うのに!
でも、日替わりの大人組コーナーで大希が閣下とハモってくれたときは、本気で鳥肌立ちました!ライブなくてもよかったなって思うけど、私はこれが聴けただけであった意味はあったと思った!ものすごい声量で、本当に大希が閣下に負けてないというか、きれいーにハモってて!すごく興奮しました!! 大希すげー(゜∇゜) そしたら、大希が終わったあとに『自分でもよかったと言えるくらいのやつでました』ってツイートしてて、私は別に(お金を落としているという意味での)大希ファンでもなんでもないけど、大希自身がそんな風に言うその機会に立ち会えてよかったなー!って思いました。そりゃあれだけ歌えたら気持ちいいだろうなー!やっぱりもっともっともっと、大希の舞台見に行きたいなーって思いました。

と、言うわけで。なんだかんだとても楽しんできました。好きだからこそ“もっともっと!”ってなっちゃうけど、ハム彦くんが天使でいてくれるだけでとても満足だし、今回も泣けて笑って、大希の歌も堪能できて大満足でした(*´后*)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.