Information

イケメン王子様が大好きな現実逃避型ドリーマー“よしか”が好き勝手に綴る、舞台感想や夢サイトのこと、日々の記録etc... ネタバレ、毒物多量に含みます。2次元と2.5次元のお話ごちゃ混ぜです。

3rd全氷 〜東京公演

先日テニミュを見てまいりましたー( ・v・ )ゞ 9代目さん卒業してしまったので、そして私は2ndシーズンの全氷公演がとっっっても大好きだったので、今回はとりあえず様子見に東京公演は1回でございます。

まずあおとくんの長太郎くんは、確かにあきよしの日吉くんと並んでいると(特に樺地戦とか・・・!)すっごく可愛いんだけど、でもあおとくん側から発信している可愛さっていうのが全然なくて!終始かっこよくて、とてもよかったです。あおとくんは元々ビジュアルが神でしたけれども!もう、ずぅーーーっとかっこいいお顔してるんですよ。違うか。かっこいい顔は結果だけど、ずぅーーーっと真剣なお顔してるんです。そりゃ、長太郎くんとしての穏やかな笑顔も見たいし、清涼剤として涼やかな姿も見たいし、もうちょっと隙が見たいこともなくはないです。でも!一瞬も気を抜かず、本気で青学に挑んでいる、負けを知っている、この全国大会に賭けている鳳長太郎として、試合中はもちろんのことベンチにいてもずぅーーーっと真剣なお顔してて、本当にこの大会に賭ける思いが伝わってきて、あおとくんのこの解釈と演技はすごくすごく好きだなーって思いました。朗らかな笑顔でそれを楽しんで、笑っている姿はチムパとかドリライで見せてくれてたもんね、全国大会という場でそういう長太郎を見せる必要はないもの。すごくよかったなー。そしてあのお顔ですから、まじ眼福でした(*´人`*)
試合中もとてもかっこよくて、なにより「死んでも止めます!来い!」の言い方が、気迫めちゃくちゃあるんだけど、でも「死んでも止めます!」と「来い!」の間にきちんと間を取るから、我を失ってがむしゃらになりすぎている感がなくて、鳳長太郎っていう“きちんとした人”感を保ったまま、それでも“死んでも!”感があって、これはすごくすごくすごかったです。こういうやり方があるのか!って目から鱗だったし、それをやってのけるあおとくんすごいなーって思いました。
それはいいんだけど、あおとくんの「一球入魂」の発音を直させないのはなんでなんだろう・・・?名前の発音とかならアニメを聞いて初めてああこっちが正しいのかーって知るとかあるけど(『ボボボーボ・ボーボボ』とか(笑))、「一球入魂」って普通に普通の言葉だし、なまってるだけじゃん?関東大会のときからこれだったけど、なんで?? 試合前からずっとずっとかっこよくて、割と高まってる中おかしな「一球入魂」が聞こえてきて、ああそういえばあおとくんの「一球入魂」こうなんだった、って思い出して、それから「一球入魂」が出るたびにスって冷静になってしまうから直してほしいんだけど・・・、「一球入魂」って普通に浪川さんの発音が正ですよね・・・?
そんなこんなで、私はしらすさまの長太郎くんが本当ーーーにすごく大好きだったから、特に全国氷帝のあおとくんを私はしらすさまの影を追わずに見ることができるのだろうかって心配に思っていたんですけれど、あおとくんの長太郎くんはしらすさまの長太郎くんと(当たり前だけど)全然違って、だけどすごく良くて!なんなら単純に鳳長太郎として見るだけならしらすさまより良くて(理屈じゃない)、よかったです。でも、でも最後のメドレーで『氷点下の情熱』が流れたときは、立ち位置からダンスからなにからなにまで2ndと一緒で、2ndを思い出させすぎて泣きました(;ω;) やっぱりあの頃に戻りたい(;ω;)

そして10代目青学さん。気になるところは多々あったけど・・・、まあはじまったばっかりだからなー、って思ってます。これからどう化けてくれるのか期待(´-v-`) なんとなく1番期待値高いのは英二くん、なんとなく。
大石先輩は、ベンチにいるときはなんか一慶たんとはまた違う斜め上のテンションの高さで、もうちょっと落ち着こう?? って思っていたのですが、試合中はかっこよくて、あと英二とのやり取りがよくて、これはもうこの全国大会がはじまってからというタイミングではじまり、ダブルスの無限の可能性を見付けるゴールデンペアとして、同じユニット内から大石と英二を採用した運営側の作戦勝ちだよなーって思いました。(俳優としてそれはどうなんだというのは置いておいて)他のメンバーとのやり取りと英二とのやり取りがダンチ。それがちゃんとゴールデンとしていい方に作用しています。なんなら優くんと聖ちゃんよりもうよっぽど息合ってるよ(笑)。それでもやっぱり、まだ大石先輩として作りきれていないのかなーって感じるところは多々あって、でもそれはきっとこれから公演を重ねていけば作りこめていけるところだと思うので!これからに期待したいと思います☆ とりあえず嫌いじゃないので、おっけーd(d´∇`*)
今のところ1番好きなのは手塚部長です。顔が好き。あとめっちゃ大きいんですよ。その大きさが手塚部長の迫力としてすごいばーん!って伝わってくる!なんなんだろう、存在感がすごい!でも並ぶと乾先輩と身長自体は大差ないから、身長だけじゃなくてなんか大きく見せられる人なんだろうなーって思いました。なんかすごいきちんとオーラを感じるの!すごい!でも演技も太くて、声もとてもいいので、なんだか1人だけ違う漫画から出てきたみたいでした。
身長といえば、こんなに身長差あるゴールデンって初めてですかね?並んだ時すごい可愛かったー(*´v`*) 英二くんは先にも書いたとおり、よくわからないけど今後が1番楽しみです!あとなんと言っても個人的に動きが好き・・・!最初の校歌でこの英二くんの動きいいなって目を引かれました。
あと今回も桃ちゃん好きな感じじゃないかなーって期待していたのですが、いくみん含めS3は絶対もっともっと熱い試合にできるはずなので、もっともっと頑張ってほしいです・・・!
それからアンコールの終わりに舞台に戻るのが間に合わなくて曲終わってもテトテト走ってる不二先輩が可愛すぎてズルかったです(ノvヾ*)

次は凱旋公演なので、その時誰がどれだけ化けてくれているのか楽しみです8(´v`8*)

週中の楽しみがはじまりました

皆さま、こんばんは☆ 『ミラクル9』からの『刑事7人』ご覧になられましたか?再びこうして週1感想認めたいなーっていうドラマがはじまってとても幸せですφ(´v`*) しらすさまの供給があって、1週間なんとか生き延びられます。
『ミラクル9』は今回も可もなく不可もなくでしたね!笑。来週出るゆーちゃむくらいパンチ強くないとやっぱだめだなーと思うものの、こういうしらすさまだからこそ私は好きなので難しいところであります(´=ε=`;)ゞ

で!『刑事7人』ですよ!! オープニングでちょっと泣いちゃったよ(笑)。あれはさ、なんかすごそうな黒バックに明朝体白文字でどーん!って名前出るのがよくないよね!なんかすごそうじゃん、事実すごいキャスト陣の名前が1人1人映し出されてるわけじゃん。その中に、同じように1人だけでばばーんと映し出される推しの名前見てみてくださいよ。・・・泣くよ(´ノω;`) いやでもあれはあの明朝体がよくないと思ってます!私悪くない!
あと『刑事7人』ってタイトル出たカレー食べてるとき、センターに座ってて興奮しました(*´Д`*) カレー口いっぱい食べてるの可愛かったですね・・・!
そのほかも可愛いシーン盛りだくさんで・・・。っていうか、しらすさまのお芝居がますますおじょうずになられていて、改めてまた惚れ直しましたVv 私常々、テンション高い系元気キャラよりも、頭のいい性格の悪いキャラをやっているしらすさまのほうが好きだって言い続けてまして。だから『仮カレ』とか『愛ある』とか『明日きみ』とかめっちゃ好きだったんですけど・・・!それって後者より前者のほうが似合ってないっていうか・・・、オブラートに包まずに言っちゃうとあんまりじょうずじゃないなーって思ってたからなんですよ。(良い意味ではなくて)頑張ってるなーって感じが見えてしまっていて。だから今回、テレ朝のシリーズものの刑事ドラマに出演!っていうのは、しかも『刑事7人』の7人のうちの1人・・・!っていうのには大層興奮したんですけど、元気キャラだと知ってまたそういう感じか・・・、ってちょっと残念に思ってたんですけど(-ω- ) 開けてびっくり。ハマっていらっしゃる。なんかめっちゃ可愛い。熱血あほっこ可愛くできてる(ノнヾ〃) セリフ回しも自然だし、表情ひとつひとつがほんと細かくて可愛いし、なんかもう本当に!しらすさまはまたひとつ着実に階段を上られているんだなーと、すごくすごくすごいなーって思いました。結果に、ちゃんと実力が伴っていてすごいことだ。これからまた毎週こんなに可愛いしらすさまのお姿を見られるのだと思うと幸せでなりませんVv あれですか、刑事ものだからお当番回的なやつもありますか!
新キャラ2人だけなのもあってすごくキャラ立ちしてるし、先述の通りちゃんとそれにハマってるし、なにより自分の可愛さ武器にしてるし・・・!これは、そろそろ「好きな俳優は?」と聞かれたときに、オタバレを恐れずしらすさまの名前を出せる日も近いのでは(*◎v◎*) と期待しています☆ 今までシリーズ見てなかったので、1話完結ものじゃないと知らず、犯人わからないまま持ち越しになると思ってなかったんでもやもやしてますけど!来週も楽しみです(@´v`@)ゞ

初アニオンー☆

今日は初めてのスタマイアニONに行ってまいりましたーわーいo(*゚∀゚*)o
アニカフェに引き続き、アニONもごはんの選択肢少なかったです。実質2択・・・?普通そんなものなのかな?なんかハイキューのときとかもっとたくさんあったから。でも今回もどっちも食べられそうで(カレーはカ.レ.ー.の.王.子.様みたいな甘口だと聞いたので、それなら食べられる(○´艸`))よかったです。好き嫌いがとても多いので危険。
ドリンクは本当は警視庁のクリームソーダか瀬尾研の黒ごまラテが飲みたかったんだけど、付いてくるストローホルダーがそれぞれに合ったものだったから・・・、マトリだよなーってマトリのブルーサイダーにしました。私苦手なやつかなーって思ってたんですけど、味はラムネで全然美味しくいただけてよかったです(●´艸`) ありがたいことにストホルは交換していただいて関さんも渡部さんもゲットできたので次はマトリにこだわらず好きなの飲めるー!って思ったけど、これなら次もマトリでいけるなー☆

で、これまたアニカフェに引き続きストーリーの再生があったのですが、やっぱり大人数でああいう乙女ゲーストーリーを見るという行為に未だに慣れません(ノдヾ*) どうもくすぐったくなってしまう。が、都築兄弟のストーリーが、キ.ス.マ.イ.ブ.サ.イ.クもどきに出演することになった京介くんが、練習しようって2人で胸きゅんシチュエーションを実践するっていうやつで、大人数でそれを見ていること以上に胸きゅんシチュエーションを兄弟で練習しているそっちの方が恥ずかしすぎるなって思いました(〃´Д`〃) 都築兄弟すごい。
あと、「兄貴のセンス好きだよ、だから借りてくね」っていう接続詞のむちゃくちゃな京介くんが好きでした(笑)。都築兄弟がおもしろすぎて、警視庁組の記憶があまりないよ/(^O^)\

ごはんの後は、めったに来ない秋葉原なのでと散策して、スタマイの缶バッジを買ってしまいました・・・。そ、そんな予定では。最近、ハイキューのグッズを以前みたいにBOXしてなにがなんでも!ってしなくなってしまって、でもそこまでではないけど欲しい・・・、みたいなテンションのまま手に入れられていないまま日が経ってしまっているグッズがたくさんあるので、そういうのを探すつもりだったのに。でもよい買い物ができてほくほくしています(*´后*) まだどうやってお部屋に飾るかを考えないとー♪

17歳と20歳お祝い

7月1日!pnishさん、17歳のお誕生日おめでとうございますーヾ(*>∀<*)ノ!! 誕生日ってことで、久しぶりにショールーム見ました。1時までのつもりだったのに、結局1時間も延びて尿意が限界でした(笑)。
でもやっぱりpnishさんが4人で揃ってるときが1番好きだなー!って思いました。やっぱり今後のこととか話してくれるのは大樹っちゃんで、コメント挟むのが栄治さんで、なんだかんだリーダー・副リーダーなんだよなーって、あまりにずっと4人でいるところを見ていなかったので、そんな当たり前のことに嬉しくなったりしました(;v;) 本公演のこともお話してくれて、4人がやりたいって気持ちでいてくれて、なかなか順調に進んでいないかもしれないけどそれでも頑張ってくれているんだということがわかって、ずっとずっと待ってる!って改めて思えて、赤裸々に話してくれたからこその、信じられることがが幸せでした。ザ・pnishって感じのやつが私はなにより大好きなので、そんな本公演見られる日が楽しみだなー!
箸が転んでもおかしい年頃なんかじゃないのに(そもそも女性に使う言葉か)、箸の話で死ぬほど楽しそうに笑ってるおじさんたちが可愛くて仕方がなかったです(´艸` )
大樹っちゃん、セクシー、わっしー、つっちーさん、お誕生日おめでとうございました!pnishさんでの活動、期待して、信じて待ってます・・・!!


んで、今日は聖ちゃんのバースデーイベントお昼の回に行ってきましたーヾ(o´∀`o)ノ 聖ちゃんはたちなんだねー、めでたい☆ 昼だけだし、ざざっと雑に感想書き残しておきますφ(・ω・ )
っていうか優くんゲストに来ないかなーって思ってたんですよね。ほんとは昼夜両方行こうかなーって思ってたのですが、いろいろあって昼だけ行くことになって、そしたら夜の回が優くんゲストだったっテユー(o´-3-) まあチケット取ったときより優くん熱下がってるので(笑)大丈夫です。察してくれ。ご縁がないっていうのは、神様がそのように導いているのだと思います(信仰心が強い)。

でも代わりに来てくれたゲストがジョナで、ジョナも大好きなので嬉しかったです(*>v<*)!! ジョナサンほんとにいい人だなーって思いました。
聖ちゃんもジョナも弟さんがいるらしいのですが、ジョナがはたちになって変わったこととして挙げてたのが、弟に優しくできるようになったって言ってて、そのエピソードが今まではケンカしたらペットボトルとか投げ合ってたけどさすがにやめて、ペットボトルキャッチするだけの防戦に徹するようになったってやつで、男子兄弟可愛すぎるなって思いました(ノvヾ*)
あと、ジョナがはたちのときのお話してくれたんですが、「ファミリーでごはんを食べに行ったとき」、たぶんこれ“ファミリー”って一緒に住んでる家族だけじゃなくてなんか外国的なあれなんだろうなと思ったんだけど、たぶんそうだよね?お店の人が「二十歳おめでとうございます、大人になりましたね」ってシャンパンを持ってきてくれたって言ってて、ジョナ家さすがやな・・・、やべえなってなりました( ´Д`lll) お店の人の言葉が花男の世界やんか・・・。聖ちゃんに誕生日は実家に帰った方がいいよって言ってたけど、聖ちゃんそれが普通だと思っちゃだめだよって思いました。ジョナ家やべえ。
あとは聖ちゃんのクレジットカードへの半端ない憧れが感じられました。はたちになってやりたいこと「分割で」って言いたいって言ってて、分割が大人っぽいかっこいいって言ってたけど、ジョナもツッコんでたけど大人ならむしろ一括なんじゃないだろうかと・・・。なにかというとクレジットカードへの憧れを口にしていたけど、ほんと聖ちゃんが悪い大人に騙されやしないかと心配です(´・ω・`)

お祝いVTRはふまたんが可愛かったです!「ケーキを買ってお祝いしようと思ったのですが、ケーキが売ってなかったので、水ようかんを用意しました」って、水ようかん食べながらお祝いコメント言ってて可愛かったです(〃´v`〃) 6人中4人がタピオカの話をしていました。
あと、幼少期の映像も流してくれました!意外と面影なかったです、聖ちゃんって言われてもあんまりピンとこなかったのは私だけ・・・、かな?
あとはなんのお話してくれたかなー。あ、聖ちゃんが昼の部では浴衣だったのですが、「ゆかた」と「ゆたか」がごっちゃになってて、「はかた」と「はたか」とか“かた”が付くとバグりやすいって言ってて、なにを言ってるのか意味がわからなすぎて可愛かったです(〃´ x `〃) とにもかくにも可愛くて、聖ちゃんが可愛いイベントでした。ほっこり。聖ちゃんがセ.カ.オ.ワの「Dragon Night」を歌ってくれたので(知らない)、キョウハジがノンストップで流れています♪

柱は3本欲しい

最近あんまり話題に出してなかった気がするけど、スタマイ続けてます。むしろ生活の中心です∩( ´∀`)∩
先日のジューンブライドのやつはガチャのカードがやばすぎて大層興奮しました(*´Д`*) 90連してやっとの思いで関さんゲットできました。60連したけどイベントカード全然出てくれなくて、ママンに引いてもらった(笑)ら夏目くんを当ててくれました。本当は服部さんも欲しかったけど・・・(´=v=`)

こう見えて先週くらいからよしかさんちょいと弱ってまして。いや言っても、一晩でしらすさま→たつなり→しらすさまという素敵ラインナップの夢を3本見るくらい頭の中はお花畑だったので全然大丈夫だったんですけど。でもちょっとダメで死にたいおばけでした・・・(´≡ω≡`) メンタルやられてるときに元気になるために読もうって思って、スタマイのストーリーは開放条件揃ってもあんまり新しいの読まないように、大事に大事に取っておいたりしてるのですが、イベントストーリーやキズナストーリーを最近ちょくちょく読んでいまして。でもそれでもなんともダメで、滅入る一方だったのでとうとうとっておきの関さん本編第2章に手を出してしまいました。・・・めっちゃ元気になりました\(^O^)/
やあああばかった!なにあれ!もうにやにやが止まらない!関さんの不器用な嫉妬心と、不器用な大切な扱い方と、ああもうとにかくあれやこれやに!初夜のあれやこれやも含めて!大変にやにやしました(*´v`*) でも1番やばかったのは、運転中の渡部さんからの電話ですね!マトリちゃんにも聞こえちゃう、運転中の電話という素敵シチュエーション(´艸` ) 渡部さんの反応もほんと好きだし、関さんの「大事な女ができた」に変な声出ました。もうここ好きすぎて、今日バイトの休憩中にもリプレイした(笑)。ほかのメンバーの本編でも思ったけど、やっぱりマトリならマトリとか、なんかほかのメンバーも加わっての話展開のときが1番好きだなー!ふふ、関さんに愛されて私は幸せであります(〃´v`〃)Vv
ここ最近、メインストーリーとかイベントのキャラじゃない方のストーリーとかで、渡部さんの賢さと優しさと大人らしさに、私結構関さんより渡部さんなのでは・・・?って思ってたけど、こういうの見ちゃうとやっぱり関さんー(ノvヾ*) ってなってしまいます。渡部さんも全力で好きだけど!今渡部さんをリーダーにしてパズルやってるんですけど「そんな顔して見られたら俺もう我慢できなくなっちゃうでしょ」ってセリフに、もう100回くらい聞いてるのに聞くたびにドキドキしてます(*´Д`)

本気夢女なので乙女ゲームにハマったら絶対ずぶずぶになるってわかりきってたからあまり手を出さないようにって思ってきたのですが、もはや心の支えの1柱となっています。

2018年のお手紙まとめ

やっと余裕ができたので、比嘉公演のDVDと卒アルを見ました。ぼろぼろ泣いたけど読み切りました(T_T)
・・・優くん、キレてるんじゃん。あれ、イベントで「俺は絶対怒らん」って言ってたのなんだったんだ( ∵ ) “叱る”と“怒る”が違うのはわかるけれども、ケンカしてたらそれはイコール怒るだよねえ?優くんにとってはケンカは怒ってるに入らないのだろうか。それ以外にももう松村優多重人格すぎて、どの優くんを信じたらいいかわかりません。早くもぐらぐら(´=△=`) しらすさまに支えてもらいます。

さて、テニミュも終わってたぶんもう図画工作のお手紙出すことないと思うので、優くんに出してきたお手紙ちょっと作ったやつをまとめてアップしておくー(・◇・)/

これは今年の優くんのお誕生日に出したやつかな。大石先輩の顔だけ出るように窓切り抜いただけで、特に飛び出しません。開いたらトリオちゃんもいるよー。いつもとちょっと違う系統の絵柄にしてみたんだけど、不二先輩が割とふまたん味出た気がしてて気に入っています(〃´∪`〃)ゞ

これはいつだろ、比嘉公演初日かな?公演はじまったら感想たくさん書きたくなっちゃってカード型じゃおさまらないので、たいてい手作りのやつは初日に出してます。
最近の中では1番図画工作してると思う!これは描いたやつ印刷したんじゃなくて、ちゃんと画用紙を切って貼ってして作りました☆ 大石先輩は作りやすくてありがたいなー(*pq´v`*) 絶対に家にあると思ってた肌色の画用紙がなくて、なんかめっちゃくすんだ肌色っぽいやつで代用しちゃったのを覚えてる・・・。ハートの部分が別になってて、中身がお手紙になってます。あと、上のやつもそうなんだけど、隅っこ角丸にするとそれだけでうんと可愛くなる気がしてて、最後の仕上げでばちん!ってする瞬間が楽しいです。

最後のドリライ千秋楽に出したやつ(;ω;) ドリライ前は割と時間があったので、なんか図画工作するぞーって思ってて、卒業をテーマにしてどういうのを作るかすっごい考えてたんだけど、作ろうと思ってた前日に行った文房具屋さんで見付けたカードを参考に飛び出るやつ作りました。今回もやっぱり絵はドリライのキービジュを参考に。だから大石先輩が隅っこです。そして飛び出るカードなんて普段作らないから、どういう角度でどうやって貼り付けたらちゃんと出てきてくれるのか、何度も何度も何度も繰り返し開け閉め開け閉め開け閉めしていたら、1番外側の大石先輩が1番こすれて、お顔が真っ黒になってしまうという(笑)。いつもいつも手作り感しかないクオリティが低いものを送りつけてごめんってなってる・・・(・_・) でもちゃんと捨てやすいように定形封筒サイズで作ってるから許してほしい。そして捨てられてると思ってるから、誰かの目にも留まってほしくてブログにアップしてるんだお('ε')
しかしこの時めっちゃ机の上汚くて、とりあえず片付けてる暇ないけど写真だけ残しておきたいって撮ったから、ノートパソコンの上で撮ってて、黒い紙なのに黒い画面の前で撮っちゃってるところがね・・・。もうほんと私の撮影センスのなさよ・・・σ(- -;)

あとオマケに今年の年賀状ー☆ ここのところハイキューの年賀状ばっかり描いてた気がするのですが、今年は久しぶりにテニスでした(*゚▽゚) 青学メンバーは前にアップしたドリライ2017のときに描いたやつの使いまわしなんですけど、犬9匹描いてそれぞれの相棒みたいに配置しました。あと何より色味がちょっとお正月っぽくできて気に入ってます(´∪`*人) これも割と気に入ってる割りには2通しか出してないから(笑)、貧乏性祟ってアップしておきます☆

今日はまたバイト帰りに文房具屋さん寄り道して、もうお手紙出す機会そうそうないってわかってるのに(テニミュ終わったら突然年単位で手紙出さなくなるかばさん・・・)、また可愛いレターセットを見付けて2つも買ってしまいました(´-ω-`;)ゞ 可愛い紙物に弱すぎる。先日のシラノの感想送ってないし、映画も見てきたし、しらすさまに出そうかなー。

映画3本

いつも年間通したって何本も映画館で映画見たりしないのに、この4日間で3本も映画を見に行きました(*´・v ・ pq) GWから続いていた怒涛のお祭りラッシュが終わってしまって抜け殻になりそうだったので、いいタイミングでのクールダウンになりました。

まず『娼年』。殿主演だし、らでゅさん出てるし、気になってたものの延び延びになっちゃってたのを。基本的に私、そこそこの規模の映画はテレビで放送されるの待っちゃう派なんですけど(昼顔、待ってた!笑)、これは絶対放送されないやつなんで、映画館行ってきました。
原作読んでたはずなんですが、鳥頭だから全然覚えてなくて。想像していた以上にセックスシーンだらけだったので、これを殿ファンはどういうテンションで見ているんだろう、というのと、もし私の推しがこの役だったら、というのを想像ばかりしてしまって、まったくお話に集中できなかったです(=_=i) また殿はこういう役がすっごく似合うなーと思うと同時に、(それでもやっぱり殿のほうが不器用さがダントツにこの役に似合うなと思いつつも)ざっくりおおまかに括ったらしらすさまもこういうキャラクターが割とハマる人だと思うので、想像できてしまって。その時私はどういうテンションでこの映画を見るんだろう、と、めちゃくちゃに考えてしまいました。答えは出なかったけれど。それでもメグミちゃんが泣きながらセックスしているのが辛すぎて泣いたし、最後の静香さんが見ている中でのセックスは結構どきどきしました。
らでゅさんは思ってたよりは出てこなかったんだけど、色気がバンバンに出ててすごかったです。殿も色気あったんだけど、殿とは180度反対の色気の出方してて、対比になってて素敵だったなー。美しかったー。


そして上映終わってしまう前日に終わるってことに気付いて慌てて駆け込んできた『EVEN 〜君に贈る歌〜』。しらすさまメインキャストじゃないしどれくらい出番あるのかなー、見に行かなくてもいいかなーとか思っていたのですが、これは!見に行ってよかったです!! そもそもしらすさまの作品を見て、見なくても大丈夫だったかーなんて思ったことないのに、・・・ないよね? あったかな、あったかもしれないけど(笑)、でもこれは見なかったら後悔してた!なんなら加えてDVDも欲しいくらい。しらすさまめちゃくちゃ出てました。

めちゃくちゃ出ていたうえに、とても素晴らしかったです。私が個人的に1番好きだったのは、最初のほうで彼女さんに言った「ただいま」。そのずっと後にちゃんと、彼女の存在が芸能人でもアーティストでもない(あ、しらすさまの役は人気歌手です)素の状態でいられる、唯一のリラックスできるところ、的な言葉での説明があったのですけど、それを聞かずとも「ただいま」と言った言葉と表情だけで、それをものの見事に表していて・・・!すごかった!「ただいま」って一言だけで、本当ーにそこが心安らぐ場所なんだなっていうのが本気で伝わってきて、いつもいつもしらすさまの演技力には驚かされているけど、今回もまた驚かされました。すごいなー、ほんとしらすさますごい。
それからサンドウィッチを口いっぱいに含んでもぐもぐするお姿が可愛すぎました(´艸` )Vv しらすさまこういう方向の可愛さここまで似合う人だと思ってなかったので、ちょっとびっくりしたし、可愛かったですVv あと、はじめてのおつかいを見て泣きそうになるのを、手の甲をつねって我慢する姿が可愛すぎて可愛すぎて可愛すぎて×∞。それもこれもほんとしらすさま自分の見せ方がじょうずになったからですよねー。あああ本当に好きだなー。とにかく可愛すぎました(〃´ε`〃)

それから、ほんの少しだけだけどしらすさまのギターとお歌が聴けて嬉しかったです(〃´v`〃)Vv あれ、ギターもちゃんとしらすさまが弾いてるんだよね?以前よりダンチにおじょうずになってて、またイベントとかで聴きたいよおおおお。そんでもって、しらすさま演じるRINが作った歌を、しらすさまが憑依した通たちEVENが歌うというお話だったので、本来はこれRINが歌うはずだった曲なんだよなーと思うと、ますますにしらすさまのお歌が聴きたくなってしまいました。ドラマでのご活躍はもちろん嬉しいんだけど、テレビだとなっかなかそのお歌聴くチャンスないからなーρ(´・ε・` )

ストーリーはおおむね好きでしたが、しらすさま演じるRINが、彼女の存在は隠してるし結婚も事務所に反対されてるけど、生放送で言っちゃえばこっちのもん的なことを言っていて、かばさんはオタクなのでファンをないがしろにした発言が無理すぎました。RIN推せない(笑)。でも、しらすさまの女優さんとのお芝居はおおむね大好物なので、とても幸せでしたVv イチャイチャシーンは絵になりすぎていて、ゼク○ィのCMかなにかかと思いました。
お話も泣けましたが、どっちかっていうと予告編で流れたゴキブリマスクのやつのほうがぼろぼろ泣きました(´ノω;`)


ってところまでを書いて下書き保存したうえで、本日『劇場版 ドルメンX』を見てきたのですが、これ行かなくても大丈夫だったなー(笑)。だってしらすさま撮り下ろしなかったんだもん!っていうか、がっつり地上波でも宣伝してるし、“劇場版”なんて言うからちゃんと新しいのだと思ってたのに、なんかドラマで見たことあるシーンはじまって、まあまあ最初のあらすじ説明しなくちゃだよねって思ってたら、ずーっとそのまま9割5分ドラマで放送したやつなんだもーん!ハイキューなんかは総集編ってわかってたからそういうつもりで見に行ってるけどさあー、って思ったけど公式サイトに「TVで放送された1話〜4話だけでなく、」って書いてあったー(ノд<。`) なんだなんだー。
エンディングでNG集流れたんですけど、そんじゅんがおごたんに向かって「まだまだだね」って言うところを、(サービスなのかと思ったらガチNGで)「もっと跳んでみそ」って言っちゃってるシーンが流れて、それに1,800円払ったなと思いました(◎´后◎)

シラノ・ド・ベルジュラック シラスチャン楽

周りがおてふぇすを楽しまれていらっしゃる中、昨日は1人神戸へ。『シラノ・ド・ベルジュラック』、じんじん千秋楽を見届けてまいりましたーd(d´∀`)
いやーもう本当に、本当に素敵でした。東京のときの繰り返しになっちゃうから、改めての感想ははしょっちゃうけど、本当に本当にしらすさまのこんなお芝居を、こんな素敵な舞台で見られて、見に行ってよかったなーって思う。可愛くてかっこよくて、切なくて苦しくて、美しかったです。
こんなこと書いたら怒られるかもしれないけど、私スタオベっていっつもだいたいめんどくさいなーって思ってやってるんですね(笑)。体力なしBBAだから座ってたいの!笑。でも前の人が立ったら舞台見えなくなっちゃうから、しょうがないなーって立ってる。けど、生まれて初めて心からのスタンディングオベーションをしました(したい!って思いながらもでもそういう空気やそういう舞台じゃないからしない、ってときはある)。本当に本当に、素敵だった。

Wキャストのしらすさまは一足先に千秋楽だったので挨拶をさせてもらって、しらすさま一生懸命涙をこらえてて、目真っ赤にして言葉詰まらせてて、そんな姿に私は泣きました(TнT`) しらすさまのこんな姿見たのいつぶりだろう。たぶんきっと想像でしかないけど2年ぶりの、そしてこんなすごいキャストさん方の中での舞台、きっと大っっっ変な努力をされてここまでやり遂げて、だからこその涙だろうなと思ったら、本当に本当にお疲れさまって思って、そんなしらすさまのお姿を見られてすごく幸せだし、よかったねよかったねって泣けてしまいました(TнT`)
最初に「クリスチャンみたいに、熱い想いを言葉にできないタイプなので、そのつもりの耳で聞いてください」って断ってて(知ってる^^)、実際途中ふわふわもしていたんだけど、でもまさか涙で言葉を詰まらせるなんて思ってなかったから、感動しました。
でもね!「シラノと言い合っている時間が楽しくて、」って言ってて、この人吉田鋼太郎さんとのやり取りを「楽しい」って言うんだな?! ってめちゃくちゃに興奮しました・・・!すごくない?! 緊張するとか、勉強になるとか、誇りとかじゃなくて、いやそういうのを全部ひっくるめてなんだろうけれども、出てくる言葉が「楽しい」なんだよ?! もうなんていうか頼もしすぎません?! 楽しい、って!こんなにも興奮したことないね!いやあるけれども!笑。しらすさまを応援していると、こんな風にアゲてもらうことばかりですけれども!ほんと、しらすさまがこんな風に生き生きとお芝居の仕事をするなんて、想像してました・・・?跡部様のオーディションの途中で飽きちゃった人が(笑)。わたしゃ嬉しいよ・・・(;v;) で、そのまま「ロクサーヌを追い掛けている時間が幸せでした」と続いたので、私はしらすさまを追い掛けている時間が幸せですよと思いました。
あと印象に残ってるのは「この舞台は、僕の役者人生の中で大きな一歩となったと思います」ってお言葉です。そう、しらすさまにとってこんなにも素晴らしい舞台であっても“一歩”なんだよね。大きな、だけど、でもこういう言い方あってるかわからないけどたかが“一歩”なんだよ。まだまだまだまだずーっと先がある。全然ゴールじゃなくて、これからもっともっとすごい俳優さんになるための“一歩”なの。それがもう本当にすごい震えた。すごいかっこいいなって思ったし、もっともっと先へ進むしらすさまをずっと応援したい、見続けたいって思ったし、しらすさまならどんどん進んで行くんだろうなーっていう、もう絶対的な信頼がある。本当に、これ以上応援してて幸せなことってないなって思いました。本当に私にとってしらすさま以上はありません。こんな人を好きになれて幸せです。
「え、どうしよう。どうやって締めよう」ってあたふたしちゃう姿は相変わらず可愛かったけど、最後はクリスチャンの言葉を借りて、「こうして見にきてくださる方のことが僕は、大大大大大好きです!!」って言って締めていました。

しらすさま、約2年ぶりの舞台お疲れさまでした(*>∇<*)!
もう本当ーにファン活動をしている中でこんな推しの姿を見ることができて、ファン冥利に尽きます。改めて大大大大大好きだなーって思ったし、これからもめちゃくちゃ楽しみだなって思いました!
そんなわけで、7月からは『刑事7人』に、7人の中の1人として(大興奮!)ご出演されますので、皆々様どうぞよろしくお願いします_(:D) ̄|_ あー楽しかった!

優くんと納谷くんの劇ジャン

優くんと、高校の同級生の納谷くんがイベントをやるってことで!5月27日の大阪と、6月2日の東京、計4回参加してまいりましたーo(*゚∀゚*)o
私、納谷くんは笛で1回見たことがあるくらいで・・・、ほぼほぼはじめましてかな?納谷くんの人気具合もわからず、チケット取れなかったらどうしよう・・・(ノll゚Д゚llヽ) って思ってたけど、無事に行けてよかったです!めっちゃ!めっちゃ楽しかった(o≧V≦o)!!!! もう、納谷くんめっちゃ大阪人!MCの方(以下ひのけんさん)も大阪の方だったのでお話うまいし、すっごい充実してました。個人的には特に大阪のほうがたっぷりに感じられて、だから大阪まで行ってよかったなー!ってなりました。
大阪の感想を書き終わる前に東京も終わってしまったので、日時ごちゃまぜでざっくばらんに、またレポじゃないけど感想書き残しておきます〆(・u・) あ、私優くんのファンなので・・・、ほとんど優くんの話しかしないと思うけど、ご容赦ください_(:D) ̄|_


まず、まずこれ。まず全力で謝らなくてはならないことが。優くんの、右側の前髪の脇のあたりにある金髪メッシュの部分、あれ優くん染めてるんじゃなくて生まれつきなんですって・・・!特に調べたわけじゃないけど、家族の中では白斑?だろうってことになってるってことで。・・・厨二とか言って全力でごめんなさいm(_ _ )m いや、でもそう思ってしまったのは日頃のあれもあると思ごにょごにょ(=艸= ) でもなんか、いい感じにしゃれた位置にあるよね!だから染めてると思ったんだもん。優くん、自分の好きなところそこのところらしいです。厨二とか言ってごめんなさいm(_ _ )m あとで過去記事も訂正入れておきますね。

さて。今回のイベント、とーっても優くんの印象が変わりました。高校時代からのお友達の納谷くんとってことで、今まで見てきた感じと全然違ってた。優しくて、まじめな印象は変わりないんですよ、全然!むしろ、本当ーーーに優くん優しい人だなーっていう印象はさらに強くなった。ほんと優くん優しすぎて、感動するくらい優しかった(;v;)
でもね、納谷くんがその言葉を使ってたので敢えてそのまま書くけど、ポンコツだった(・。・) ・・・私の人を見る目がなかっただけかな?今までテニミュのイベントとかで見てきて、優くんにポンコツのイメージありました?ドポンコツ言われてて、優くんもそれを受け入れてたけど、ドポンコツの印象ありました?もうめっちゃふわふわしてて、天然で、可愛くて・・・。今まで抱いていたイメージと全然違ってた。だってさ、宇野さん一番優くんがキャラに似てるって言ってたじゃん!いや確かに優しいところとまじめなところはすごく似ていると思うけれども!私は納谷くんが今まで演じられてきたキャラクターの性格を存じ上げないのであれなんですけど、イベントの最初に、お客さんはいろんな作品を見てキャラクターのイメージとかあるかもしれないけど、全然違うから!嫌いにならんでね!(回によっては「イベント見に来た方が悪い!」的な言い方してて笑った)って注意してて、優くんも「キャラ(大石先輩)はね、しっかりしてるんですよ・・・」ってガチ凹みテンションで言ってて、すこぶる可愛かったです。
でね、大阪から帰ってきて翌日にイベントを反芻しながら、でも今までそういう印象じゃなかったってことは、役を演じているときに限らずテニミュの現場やイベントではきっと、副部長でいようって頑張ってくれてたんだな・・・、って思ったら・・・(;ω;) 推せる、って思いました。思って、ああ私優くん推そう、って思いました。前にも書いたんだけど、私の中でテニミュを見ただけで“推し”って言うのはちょっと自分の中では定義と違うなって思ってて、さらにイベントで推すのも違うなって思っててだって彼らの本職はイベントじゃないから。でもさ、演技とかご本人の性格とか見た目とか、そういうの全部ひっくるめて好きになれないと全力で応援できないから私、今回のイベントで知れた優くんの性格の部分が大きすぎました。
だってさ、できる人がポンコツを演じるならできるけど、ポンコツな人がしっかりした人を装うってできないじゃないですか。できないからポンコツなんじゃないですか。でもさ、そうであってくれてたんだよ、優くんは。勝手な想像だけど、すっっっごく頑張ってくれてたんじゃないかなって思って。卒業挨拶のときに、「僕たちは家族だから、相談があったらいつでも僕のところに来てください」って優くん言ってて、絶対優くん相談される側じゃなくてする側でしょって思ってはいたけど(・・・書いてて思ったけど、“ポンコツ”とは思ってなかったけど、改めてそう考えると私も相談される側ではないんだなっていう察しはあったんだなw)(台無し)、青学の中で優くんはそういう副部長ポジション、大石らしい存在であろうってしてくれていた、その表れだよね。そう思ったら、優くんありがとうってなって(;ω;) 今まで抗ってきたけど(笑)、素直に推したいって思いました。だからちゃんと応援していこうって誓いました。

いやーでもほんとふわっふわでした。全部知ってる納谷くんと一緒だったから、たぶんこれが素に近い状態なんだろうなーって思うんだけど、ほんとすごかった。将さんの影に隠れてたけど、よく隠れてたよ(笑)!
夏と冬どっちが好き?って質問(ちなみに優くんは着込めるから冬)から、納谷くんが虫苦手って話になって、去年の夏に納谷くんの家の前でカブトムシが死んでたって話で、優くんが東京でカブトムシとかめっちゃレアやん!ってテンション上がりながら、突然「なんでカブトムシってメスのほうが力強いんかな・・・?」って呟いたり。“得手不得手”を読んだ納谷くんに対して「得意不得意じゃないの?」ってナチュラルに聞いて、客席からの悲鳴(笑)と納谷くんのリアクションに「えてふえて?えてふえてって言うの?どっち?ほんまにどっち?」って自分が騙されて遊ばれているのではないかと心配になり「えてふえて?」を連発したり。「10年後どうなっていると思いますか?」的な質問に、「考えてもみてください、今生まれた子が10歳になるんですよ」とか意味わからないことをドまじめに言ってみたり。終始そんな感じの優くんに、納谷くんが高いテンションでツッコみ続けるので、疲れて「あ゛ーーー!!」ってなるんだけど、そんな納谷くんに「疲れた?」って優しく聞いちゃう姿も、優しさと天然があいまってもう可愛いし(T_T) 納谷くんが客席に向かって「(優くんのこの感じに)みんな疲れたら1回立ってええで」って言ったら、まず先に立ち上がって「お前じゃない!お前が疲れるな!!」ってツッコまれる優くん可愛いし、ほんといいコンビ。「こんなやつと仲良くなったらあかんで、みんなは友だち選びや!」って言う納谷くんに対して、ボケとかじゃなくて本気のトーンで「大変やと思う」って答える優くんも、「(優くんの)しょーもない話で笑ったらあかんよ!これでええんやと思ったらつけあがるから!こいつが成長せん!!」って言う納谷くんに「よう言うた」って言う優くんも本気だし、納谷くんこれは疲れるだろうなーって思った(笑)。けど、その根っこにあるのは優しさなんだよね。優くん本当ーーーに優しいの(T_T) だから好き。
本当に納谷くんと一緒だったからこそこの優くんは出てきたと思うので、今回納谷くんと一緒でよかったなー!ってすごく思ったし、また一緒にイベントやってほしいなーって思ったし、納谷くんは大変だと思うけどこれからも松村優をよろしくお願いしますって思いました(笑)。


さて質問コーナーから印象に残ったやつを書き残しておきます。
まずは、高校の同級生ってことで高校時代のお話が多かったので、そのあたり。初対面のときの印象の質問があって、納谷くんが話してくれた優くんの姿が衝撃的でした。優くんたち行ってたの芸能系の学校なのかな?卒業公演がーとか言ってたから、そうなのかなって思ったんですけど、学科?のクラスが1クラスしかないからこれから3年間よろしくねーアドレス交換しようーってタイミングで、今みたいに身長が高くなかった優くんは(大阪では144cmって言ってて、東京のときに150cmちょいって訂正していたのですが、「さすがに144cmは盛りすぎた、低すぎる」って言ってしまい、当時138cmだった納谷くんに怒られる^^)、ボーダーのパーカー着て、黒縁のだっさいメガネかけて(大阪ではもうちょっと穏やかな表現だったんですけど、東京でオブラートがなくなってて笑った)、スポーツ刈りで1人座っており、それを見た納谷くんは陰キャなのかなって思った、ってまだそこまではいいんですけど!そんな姿の優くん、ドラムスティックでリズム刻んでたんですって!やばくない?! ・・・やばくない(゚д゚`;)))?! 話聞く限り、高校生活初日だよ?! みんながアドレス交換してる中だよ?! 1人で、教室で、ドラムスティック持ってきて叩いてるんだよ?! ヤバい。ヤバすぎる。十万石饅頭みたいになっちゃう。しかも、ドラムやってないんだって!優くん曰く、これからやりたいと思っていたらしくて、「やってんの?」って声を掛けてもらって「やってないねん、これからやるねーん!」って言いたくて、構ってほしくてそんなことしていたらしくて・・・。やばい(゚д゚`;))) 「それがかっこいいと思ってた時期なんですよ!」って言ってたんだけど、松村優想像以上にやばい人だった( ;´Д`) 優くん、未だにちょっとこじらせてると思ってるんだけど(笑)、当時に比べればうーーーんとよくなってるんだなー!って思いました\(^O^)/ きっともうちょっとで完治できるから頑張ってほしいナ!
でもカラオケのときにちょろっとドラムボーカルやったことあるって言ってたから、今は叩けるのかな?! え、それはそれで別の意味でやばいんですけど。優くんドラムできるの?! ダンスも踊れて、歌も歌えて、ドラム叩けるの?! え、見たい・・・。やばい・・・(*´Д`*)

ちなみに優くんと納谷くんはダンス部だったそうです。優くんダンス踊れるのは高校時代にやってたからなのかー。

これどういう質問のときにそういう話の流れになったのか忘れちゃったんですが、ひのけんさんが「どっちが頭よかった?」って聞いたとき、「俺ちゃう?!」って優くんすくって立ち上がったんだけど、いろいろ話した結果納谷くんのほうが頭よかったの笑いました(○´艸`) 納谷くんはYDK(やればできる子)で、テスト前とか必死に勉強すれば下手すれば1位とか取ることもあったって言ってて、優くんは(何人中だかわからないのですが)35位とかで・・・。そのまんまツッコまれてたんですけど、優くんなんで「俺ちゃう?!」って立ち上がったの?可愛い・・・(ノнヾ〃)
一応優くんの言い分としては、納谷くんが文系で、優くんが理系で、理数科目で勝ってた?から、勘違いしたみたいです。で、納谷くんは数学は好きなんだけど、算数で単純に間違えることが多くて足し算とか掛け算とかが苦手、って言ったら、優くんがとっさに「1×1は?」って聞いて、優くんwww ってなりました(*゚艸゚*) 納谷くんは3桁とか、そういうのがダメって意味で言ったみたいなんだけど、九九にしてもせめて7の段とかにしようよ(できないかばさん^^)って思いました。よりにもよって1×1www はー、飽きないなー。
あとさ、割と不思議だったの「一生」って言葉の使い方なんだけど、優くん「俺、古典の先生に一生職員室に呼ばれてました」って言ってたのね。納谷くんもなんかのときに同じようなニュアンスで「一生○○だった」使ってて、これは方言ですか?それとも世代?? おもしろい「一生」の使い方だなーって思った。

学生時代にした1番悪いことは、打ち上げ花火しちゃいけないところで打ち上げ花火したこと。・・・可愛すぎる(ノнヾ〃) いやほんとはもっとあって、言えるやつがこれだったのかもしれないけれども(まあでも恐らくそう悪いことはしていないだろうなと伝わってくる2人の雰囲気)。これがさっと出てくるのなんなの?計算なの?可愛すぎる。


大阪の夜の回で、好きな女性のタイプ教えてくれました(* ´艸`)Vv めもめも〆(゚▽゚*)!
大人の、お姉さんみたいな優しく包み込んでくれるような、お母さん的な優しさのある人。ですって!! 言葉は定かではないですが、お姉さんともお母さんとも言っていた記憶(*´ρ`*) かばさん高校時代にクラスのおばあちゃんぽい人ランキング1位だったんですけど、おばあちゃんじゃだめですか・・・!必死^^ とりあえずこれから、優しく包み込んでくれそうなお姉さん的なファッションを頑張りたいと思います(`・Σ´・ゞ)
で、この質問は、納谷くんから優くんへの質問だったんだけど、優くんが答える前に「俺は知ってるからな!嘘吐いたらバレるぞ!!」と釘を刺されてたんですね。で、優くんの答えを聞いて納谷くんは「違うと思う」って、そう言いながらおもむろに客席を歩きはじめまして、でそのまま、普通ーにチケットを取って見に来てくれていた当時一緒につるんでいたお友だちのところへ突然「どう思いますか?」って聞きにいってました、笑った。そのお友だちは「半々」ってびみょーな答え方されてたんだけど、納谷くんは「真逆やと思う!!」「客層見て、年上多いなー思って、あわせたやろ!!」って言ってんの大層失礼じゃない?めっちゃ笑ったけど(゜艸゜ ) 納谷くん、敵を作りやすいって自分で言ってたの超理解だわ^^ でもあまりに「真逆」を全力で繰り返していたので、きっと今カノか元カノか優くんの好きな子か、とにかく納谷くんの知っている“存在”が、優くんを振り回す系の年下(ないし同い年)のきゃっきゃした元気っ子なんだろうなーと察しました(´=v=`) 納谷くんよ・・・(´=v=`)
一応その話は、優くんの好みが納谷くんが知っているものから変わった、という方向に落ち着かせていました。今は優しさが欲しい時期だそうです可愛い(〃´v`〃) そう言われて、確かに好みというのは変わるのかもしれないなーと私も思いました。私も元来性格が悪い人が好きだったはずじゃないですか・・・!こんな性格のいい、優しい人とかハマらなくなかったです?! 今は優しさが欲しい時期なのかなー疲れてるのかなー(笑)。

人生で1番テンション上がったのはテニミュのオーディションに受かったときだそうです。手ごたえなくて、受かると思ってなくて、だから連絡来たとき道端で1人で飛び跳ねたそうです可愛い(*´v`*) で、その飛び跳ねについてなんかツッコまれたんだったかな、ちょっと流れ忘れちゃったんですけど、それに対して「こんなに出たかったんだから、こうなりますよ」ってさらっと言っててね、それくらいテニミュに出たかったんだなーっていうのが、嬉しかったなー(○´v`○)

あとこれ!これ可愛かった緊張をほぐす方法!まず最初に話してくれたのが、舞台に立ったときのこと、お客さまのことを考えながら、ずーっとぐるぐる歩き回るやつで、これは普通かなって思ったのですが、そのあとドまじめに「あとは、ベタに人って字を3回書いて飲みます。これほんまに聞きますよ!」って本気の本気で言ってて可愛かったです。そのあと納谷くんが、緊張すると視野が狭くなるから、もっと地球規模、世界規模で考えて、こんな小さいことで緊張してる自分小さいなーって考えるっていう、ちゃんとした(笑)やつを言ってくれたんだけど、それにも負けじと「でも人って字を書くのもほんまに効くから・・・」って言ってて、もう本当に可愛かった(ノvヾ*)Vv でもって、その後、なんかその納谷くんのお話の比較対象として?なんか香川県が出てきたんですよね、香川県くらい小さい、みたいな感じで(その後香川の人に謝ってました)。そしたら突然、優くんが生き生きと「香川のうどんってめっちゃうまいよ!」って香川のうどんについて語りはじめて、1人でめちゃくちゃ語りだしました。暴走してました。可愛かった・・・(ノvヾ*)
そう言えば、最後の晩餐変わってた!テニミュのイベントのときはお好み焼きって言ってたけど、豚汁になってた(○^v^○) 1回豚汁って答えて、それから「あ、豚汁じゃない、待って」「優しい味のものがいいな・・・」って言ったら、納谷くんに「優しい味のものがいいから豚汁って言ったんやろ!」ってツッコまれ「あ、そっか。じゃあ豚汁で」って豚汁に落ち着いてました。ぽわぽわしてるよー可愛いよー(*´v`*) ちなみに、その日のなんかの話で優くんの記憶力が乏しいっていう話になってて、その時に昨日の夕飯も覚えてないってことを言ってたんだけど、ここで「昨日も豚汁食べた・・・、あ!覚えてた昨日の夕飯!」ってなって、納谷くんに「あ゛ーーー!!」ってなられてました(笑)。

それから、優くんから納谷くんへの質問ももちろんあって、大阪の昼の部での質問が、「いろいろな役を演じていますが、似たような役を演じているときはどのように切り替えていますか?」っていう、それ裏ですればいいのでは?っていう質問でした(笑)。私この質問を読んだだけだと、納谷くんと似たような役なのか、納谷くんが演じているキャラクターの中で似たキャラクターなのかわからなかったんだけど、納谷くんは後者として回答していました。そのご回答が、まくしたてるような勢いで「甘いねん!まず、似たような役はあるかもしれないけど、その役がたどってきた道は全然違うから、それを作り上げればおのずと全然違う役になる、切り替えとかじゃないわかっとけ!」っていうもので、一応読みやすいように句読点入れたけど、納谷くんは句読点なんてないような勢いでガー!って言ってて、それはこれがイベントだから敢えてのパフォーマンスとして叱るような勢いで優くんに言ったわけなんだけれども、それを受けて優くんがまじめーに「あーーー、なるほど。勉強になりました」って感心してて、もう優くんのまじめさといい人っぽさが存分に出つつも、納谷くん欲しかったのそういうリアクションじゃなくて、「ちょっとは悔しそうな顔せえ!」ってまたキレられてました。これぞ暖簾に腕押しだなーって思いました。

東京のイベントはどっちかって言うとわちゃわちゃしてる2人を愛でるイベントって感じで、そんなに新たに得られた情報ーって感じはなかったんですけど、これ!優くん、長男だった!聞いた瞬間、頭を抱えた(ノнヾ〃) 私、今まで好きになったキャストさんほぼ長男なんですよ・・・。優くんも例に漏れずだった、やっぱりなーっテユー。しらすさまに続き、優くんもザ・長男って感じではないのに。なんでだ・・・。弟2人いるそうです。

あと東京でお互いの似顔絵を描いてくれました!左が優くんが描いた納谷くん、右が納谷くんが描いた優くんです。・・・これまた頭を抱えた(ノнヾ〃) いやまあ、ああいう字を書かれる優くんですからなんとなく想像はしておりましたが、絵もまた味のあるのを描く人だった。SUKI・・・。私、絵と字が汚い(というか、いかにも男子っぽいやつを書く)男子が好きなんですよ。もうほんと優くん好きになる要素しかない(ノнヾ〃) どうなってるの・・・。しかも「ちゃんとしゃべってるんですよ」「ポイントは髪型です。髪型が1番うまくできました」って、納谷くんの隣に絵を並べてちょー嬉しそうに笑うの。可愛すぎません?可愛すぎる。イベント中ずっと、優くんが嬉しそうに笑う笑顔が好きだなーって思ってました。はー可愛い(*´д`*)Vv
納谷くんはちょーうまいね?うまいけど、優くんの似顔絵かって言われると、違うよね(笑)。
そういえば優くんはサインできたんですね。ジョイサウンドのときは『松村優』って漢字で書いてたけど。

あと優くんやばかったの、「あだ名ってなに?」発言かな(笑)。そこからなぜか優くんの名づけの理由の話になったんだけど(笑)、第一に優しい子になってくれるようにで、第二に呼びやすいから、だそうです。ていうか、優しい子になってほしくて“優”って名付けて、ここまでその通り優しい子になるなんてことある?! ご両親、どんな育て方したんですかすごくないです?! でも『松村優の育て方』出してほしいなーとは思わないけど、優くんの場合は(笑)。ドリライかなんかの感想でも書いたけど、私ここまで名が体を表している人に出会ったことないよ。ほんとーにすごいなーって思う。将来子どもが生まれたら(1ミリもそんな予定はないし、そんなつもりはない)(子どもが嫌い)、“優”って名前を付けようって思いました。

それから優しいエピソードだと、「ここは誰にも負けない、ここは弱いというころを教えてください」という質問で、(まず弱いところとして「俺は頭が弱い」って答えてたw)絶対怒らないって言ってました。これもすごい聞きたかったことだから、聞けてすごく嬉しかった!優くんって怒ることあるのかなーってずっと気になってたんですよね、あまりにいい人だから。で、ご回答、今まで1回だけ怒ったことあるそうです。「しょーもないんですけど、」って前置きしてたんだけどね、まあしょーもないと言えばしょーもないけど、でもしょーもなくないんですよ。
小学生、の頃とかの話だったかな、お母さんに買ってもらったシャーペンを、友達に投げて壊されちゃって、その時だけは怒ったそうです。「買ってもらったんやぞ!!」って。自分で買ったやつだったらいいんだって、せっかく買ってもらったのに、それを壊されちゃったから、それだけは許せなくて怒ったんだって。・・・(;ω;) いい子すぎません?やっぱり出してほしい、『松村優の育て方』。しかもさ、学生時代の話じゃないですか、私の感覚がおかしいのかもだけど、その頃って親に文房具買ってもらうの普通じゃないですか?自分で稼いでるわけでもなし、勉強道具普通買ってもらうじゃないですか。もしかしたらすごい優くんが欲しくて欲しくてねだったやつだったのかもしれないけどさ、それにしても。お母さんに買ってもらったものを、そこまでちゃんと“買ってもらった”っていう感謝の気持ち持って使ってて、自分で買ったならいいけどでも違うからお母さんのために怒れる、って(;ω;) 優しすぎる。出木杉くんだよ。優くんってほんと、人の幸せを喜び、人の不幸を悲しめる人だよね。出木杉くんじゃなかった、のび太くんだ。あーなんか今打っててめっちゃしっくりきた、優くんのび太くんだね!そういえばしらすさまも今演ってる役のび太くんって言ってましたね!私の推し2人はのび太くん(謎)!
本当に今回のイベント見て、優くん優しいなーって思った。とにかく優くんの優しさがこれでもか!ってくらい感じられて、優くんすごいなーって思ったし、尊敬した。私、すぐキレるし、怒るし、イライラしちゃうし。で、イベント翌日から、私のテーマは“頭の中に松村優を飼う”になりました。怒りそうになったら、イライラしちゃったら、優くんならどうするかなーって考えるようにしたいなって。たぶん元々がキレやすいから、すぐ持たなくなると思うけど・・・!今のところ、だいじょぶ(まだ3日である)。もう今更優くんみたいな聖人にはなれないけれども、少しでも好きな人を見習って、好きな人に近付きたいって思った。それくらい優くんは素敵な人だなーって思いました。尊敬する(。-人-。)


それから今回、大阪でイベントコラボのスイーツという初めて見るものがあったので、せっかく行ったしーと思って食べてきました( ´艸`) 見ておわかりの通り、生クリームになにかフルーツのシロップ的なあれがかけられていて、私そういうのとってもダメなので極力使わないように気を付けつつも、頑張って完食しました。
イベント中、宣伝として食べてたんだけど、出てきた瞬間ストローを「ネギかと思った」って言ってました優くん。で、納谷くんもひのけんさんも親切心で同意してあげてたのに、優くんがまじに受け取って「そうやろ?!」って嬉しそうにしてて可愛かったです(〃´v`〃)
で、納谷くんが一生懸命どういった趣旨でこのスイーツを作ってもらったか、どういうところにこだわったか説明してくれてたんだけど、まー絶妙ーな(よくない)タイミングで「コーヒー豆!」って叫んだり、「コーヒー豆じゃなくてチョコレートだったwww」って1人ツボってたりして、ほんと優くん自由人でした。まじほんとテニミュのイベントなりで見ていて優くんがこんな人だなんて誰が想像しました?! なんか、突然カブトムシのオスメスの話しちゃうのとか、突然香川のうどんについて語りだしたりとか、こういう「コーヒー豆!」とか、テンションがハイじゃない一慶たん味があるなーって思いました。


と、イベント後半はカラオケコーナーでした♪ 高校時代、多い時は週6で行ってたらしいです。優くんの歌唱力はここで鍛えられたのですねー。歌が終わると、時間がもったいないから演奏停止押して終わりにする感じとか、めちゃくちゃ普通のカラオケぽかったです(笑)。そうそう、普通のD.A.M的なカラオケだったから、納谷くんが歌ったなんかの曲で平牧さんが映ったんですよ!そしたら、優くん特になにも言わなかったけど画面二三度見して、あれ?あれ?? ってリアクションしてて、大石先輩に反応してるの嬉しかったなー(^v^)
そうそう!カラオケコーナーはじまる時に、音楽は歌がじょうずとかじょうずじゃないとかじゃなくてハートなんですよ!ってことで、優くんが「ここです」ってトントンって胸を叩いてたんだけど、ドリライのときに続いてやっぱり右側の胸部分叩いてて、納谷くんに「こっち(左)な」って指摘され、心臓の位置を把握してました/(^O^)\

で、歌ってくれたお歌、めっちゃ曖昧な記憶の歌手名から無理矢理記憶引きずり出したやつなんで、もしかしたら全然間違ってるかもしれないけど(そして優くんのだけでごめんなさい)!
大阪の昼の部が、優くんの尾.崎.豊『I LOVE YOU』からはじまって、その後納谷くんがク.リ.ス・ハ.ー.トの『I LOVE YOU』歌って、これてっきり納谷くんが『I LOVE YOU』被せしたのかと思ったんだけど、東京で納谷くんがキレ気味に、事前にお互いこういう歌を歌おうと思うーってラインナップは送り合ってて、納谷くんはちゃんとそこにク.リ.ス・ハ.ー.トの『I LOVE YOU』を入れてたのに(東京でも歌ってたし十八番なんじゃないかな^^)、じゃんけんに勝った優くんが先にそのラインナップに入れてなかった尾.崎の『I LOVE YOU』歌っちゃって、「俺が被せたと思われるやん!!」って言ってて、まんまとそう思っちゃってたので、納谷くんごめんwww って思いました。あと、f.l.u.m.p.o.o.l(納谷くんがPVの最初の女の子の顔真似してたから、なんか女の子が泣き顔みたいな顔するやつ(雑))、N.i.s.s.yの冬の歌。この回は1番だけでおしまいにしてたので、たくさん歌ってくれました♪
夜の部が、H.Y『366日』。で、その後歌った納谷くんがキ.ン.キの『Anniversary』でちょっと2人の真似みたいな感じで歌ってて、あそういう(モノマネ系)感じ?って優くんが歌ってくれたのがラ.ル.クの『虹』。これがなかなかに似ててびっくりしたー!あと最後に2人でス.キ.マ.ス.イ.ッ.チの『奏』。
東京昼は、中.西.保.志さん『最後の雨』と、2人でク.マ.ム.シ『あ.ったかいんだからぁ』。
夜の部は、b.a.c.k n.u.m.b.e.r『高.嶺の花.子さん』、斉.藤.和.義『歌.う.た.い.の.バ.ラ.ッ.ド』、最後に2人でA.A.Aの『さ.よならの前に』を歌ってくれました。
もーっと全然知らないお歌ばっかりになっちゃうの覚悟してたので、思いのほか聞いたことある歌手の方のお歌が多くて(歌そのものは全然知らなかったけれども)、あとバラードが多めで!それがなにより嬉しかったです(〃´v`〃) すごいじょうずだったーVv 惚れ惚れしましたVv


そして大阪の夜の部では、優くん納谷くんから、お手紙も読んでくれました。これ、大阪だけだったから、大阪のほうが質問回答とか充実していたのもあって、本当ーーーに大阪行ってよかったって思った(;ω;)
で、もちろんファンにはサプライズってことで2人で書こうって話し合って書いてきてくれたのですが、納谷くんはまず最初に優くんへのお手紙をどっきりで読み上げてくれました。細かい内容はあんまりちゃんと覚えてないんだけど、(イベント中納谷くんはずっとそういうイメージだったけど)結構本音で書いてたんじゃないかな。聞いてて泣きそうになっちゃったんだけど、優くんも泣いてました(;v;) 「えーーー、聞いてない」って泣いてる優くん可愛すぎた(;v;)
で、その仕返し(笑)に、東京の夜の部で優くんは納谷くんにお手紙を書いてきてました。ノートを広げた瞬間、「字、汚っ」って口走ってて笑った(゜艸゜ ) (自分の字です)。「これからも、俺のこと褒めて伸ばしてね」って内容で、終わった瞬間「甘ったれた内容やわー」って納谷くんに言われてるのが(絶対照れ隠しだよね!!)、まじ男子!って感じでちょー可愛かったです(o^v^o)
さらにその後に、優くんはMCのひのけんさんにもお手紙を書いてきていたのが、まじいい人でした。でもね、中身は感動なんですよ、感動の雰囲気の中読んでるんです、読んでるんですけど、途中で入る謎の小声での確認。「・・・ひのけんさん、やよな?」2日間に渡るイベントの最後の最後、しかも感謝のお手紙の最中に名前の確認(笑)。その後もふわふわしながら読み進めてたんだけど、途中で不安がぬぐえなくなったのか納谷くんに確認を取って。読み終えたあと納谷くんが暴露してくれたんだけど、ノートには「ひむけんさん」って書いてあったそうです(゜艸゜ ) 台無しがすぎる。いやーもうほんと優くんポンコツだな!って思いました(*^v^*)

で、本題です、本題。優くんのファンの方へのお手紙。優くんが同じ思いでいるかわからないけど、納谷くんはどうぞ広げてくださいってブログに書かれていたので、なんとなくニュアンスで・・・!自分用備忘録としても、まとめておきます。私は聞きながらちょー涙を我慢しました(イベント中泣いちゃうのって恥ずかしいじゃん・・・)。
まず最初に、「この世界に入って、不安なことがいっぱいありました」的な不安の吐露からはじまりました。優くんがあまりご自分に自信がないというのはインタビューとかでも知っていたけど、直接聞くとまたガツンとキて、それだけで泣きそうになりました。ファンができるのか、とか、見にきてくれる人がいるのか、とかそういうのは優くんに限らずほかの俳優さんだって思っていることだと思うけど、やっぱり優くんに言われるのはクる。だって「僕なんかで」とか言うんだよ(;ω;) そんなこと言わないでよって思うけど、だからこそ(もちろんその前に“応援したい”って気持ちがあるからこそだけど)応援しなくちゃって思わされて、これが優くんの作戦だったらすげー策士だなーって思いました(笑)。
でね、「でも応援してくれる人がいてくれて、頑張れています。感謝しています」っていう内容だったんだけど、優くん、ファンの方からのお手紙読んでいつも泣いてるんだって(;ω;) っていうか、優くん前はお手紙読んでいつも笑ってます的なことツイートしてたけど、優くんファンどんなお手紙書いてるの?! 笑って泣けてできるって、どんな感動巨編を書いてるんですか?! そんな中に紛れ込む私の語彙力の死んだ「だいだいだい、だいすきです!」のお手紙破って捨てたいんだけど(lllノ-ω-)ノ 優くんのこと笑えないおばかなかばさんつらい。でも、「一生懸命やってると、見てくれてる人がいるんだなってわかって」って言葉を聞いて、ばかみたいなお手紙しか書いてないけど、お手紙書いて出し続けてきてよかったなって、ちょっと思いました。
締めはとてもよく覚えてるんだけど「応援し甲斐のある、応援してて楽しいなって思ってもらえる人になれるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします」という感じでした。なぜこれを覚えているかって、すごく不謹慎なんだけどしらすさまを思い出したからなんですよね。あー私にとってしらすさまってすごくこれに当てはまるなーって。かっこよくて、お芝居も歌もダンスも大好きで、ちょっとあの不器用な感じもすごく好きで、そういう“好き”も大きな原動力だけど、それ以上に“姿を見て”ではなく“応援して”いてすごく楽しい、応援し甲斐がある。だから7年間も応援し続けられたんだと思う。誰も彼もがしらすさまみたいに着実に階段を上っていける世界じゃないってわかってるし、その階段を上ることこそがイコール応援し甲斐だなんて思ってるわけじゃないけど、でも優くんが優くんのやりたいお仕事をやりたいようにやってくれて、そしてそれがそのまま私にとっても応援し甲斐のあるお仕事だったら、何より嬉しいなー!って思いました(`v´) なかなかそううまくはいかないだろうけど。応援してる!
私の文章だと全然感動しないあれになっちゃってますね(しらすさまの話をしているからである)。優くんの口から語られたお手紙は、優くんの優しさとと感謝の気持ちに溢れていて、もっともっともーっといいお手紙だったんだよ(;ω;)

そしてその回の最後の告知で、優くんが次の舞台の話をしてたときに「おもしろい作品になると思うので、・・・僕がおもしろくするので」って言ってて、胸がぎゅーってしました(ノнヾ〃) ただでさえこういう誓いの発言に私は弱いのに、またついさっき不安がたくさんあったって弱いところをも見せてくれていた、自分に自信のない優くんがこう力強いお言葉を口にしてくれたことが!本当に嬉しかったし、惚れました(〃´ x `〃)Vv
私本当に優くんがWBB出るの嬉しくて!! なんならドリライきっかけに、いつぞやの汰斗さんのように、つっちーさんのお眼鏡に適って優くんpnish呼んでもらえないかな・・・!とか妄想していたんですけど、よもや卒業後一発目がWBBなんてね!優くん、9代目さんの中では次のお仕事の発表が遅かったので、どんなお仕事になるのか本当ーにいろいろ想像してたんですけど、いろいろ妄想していた中での10段階で上から2番目くらいに嬉しいv(>∀<)v!しかもside-Bですよ!本当に本当に嬉しくて楽しみだったんだけど、今回のイベントを終えてますます楽しみになりました(≧∀≦) チケット頑張って取らないとo(-`д´- o)


握手会では、しっかりとテニミュの感謝の気持ちが伝えられたので満足です(*´后*) 私基本的にお金を払うからには「ありがとうございます」以外のお言葉がもらえる、できることなら質問して回答をもらいたい!というケチんぼ精神でやってるんですが、ドリライが終わったときにこれはお手紙だけじゃなくてちゃんと直接お礼を伝えたい!って心の底から思って、なのでこうしてドリライが終わって1週間後というタイミングで、面と向かってきっちりお礼が伝えられたのは、本当に本当に幸せでした(*・v・*) 優くんからなんて返してもらったかはまっっったく覚えてないんだけど(笑)、でもよかった!

めっちゃ雑にざざーっと走り書きしてしまったけれども、こんな感じ!書ききれなかった寸劇とか、あと文字に起こしても然して伝わらないわちゃわちゃ加減とか、もっともっと優くんの優しい表れとかあったんだけども。本当ーに楽しかったし、優くんの新たな一面というかより素に近い姿を見ることができて、改めてこれから応援していこう!って思えるイベントでした(*`v´*) 劇ジャン初体験だったんですけど、ひのけんさんのMCとってもおもしろかったし、納谷くんあっての今回の優くんのお姿だと思うので、また納谷くんとイベントやってほしいなーって思いました(〃∇〃) はー楽しかった!

シラノ・ド・ベルジュラック

ドリライやら、イベントやらの合間を縫って、なんとか3回ほど観劇しました。『シラノ・ド・ベルジュラック』。いやーなんというか、日生劇場で、この錚々たるキャストさん方の中で、カーテンコールでしらすさまが1人真ん中に立ってお辞儀をされている姿に、ぐっっっと来ました。終わり方が終わり方だから、お話見ていて涙腺刺激されてるっていうのが大きいとは思うんだけど!なんならちょっと泣いてしまった(;v;) しらすさますごいなって。すごいなって思う。

お話もおもしろくて、あっという間の3時間でした。でも、しらすさま演じるクリスチャンが気持ちを言葉にできない顔だけがいいおばかな子で、それが嘆かわしいというお話なので、イケメンたちを見ていると「かっこいい」「可愛い」「好き」以外の語彙が死んでしまって気の利いた言葉が出てこないかばさんは、割と見ていてつらい・・・ってなりました(笑)。なんならクリスチャンが言う「だいだいだいだい、だいすき!」というセリフを聞く前に、ドリライ千秋楽で出した優くん宛てのお手紙に「だいだいだいだいすきです!」って書いて出してたからね・・・、どんなシンクロ。語彙力のなさがつらい・・・(xωx;)

しらすさまはトークイベントのときに「ちょっとは変わった姿をお見せできるんじゃないかと思う」って言ってたけど、私は今回はあんまりそう思わなかったかなー。別にディスってるわけじゃなくて・・・!これ今自分のブログ読み返しててそう言ってたかーって思い出しただけなんで話の流れ忘れちゃったんだけど(鳥頭)、(前回の出演舞台である)花男のときとっていう話でしたっけ?成長してないなんて1ミリも思ってないけど、今回はしらすさま変わった!っていうよりも、しらすさまらしい、しらすさまだからこその、しらすさまの魅力たっぷりのお芝居を見せてくれたなー!って思いました(*´后*)
特に後半は、私が大好きなしらすさまの切ない恋愛演技が見られて幸せでしたVv シラノに対して訴えるのもだけど、個人的にはロクサーヌの気持ちが自分じゃなくて自分の奥のシラノに向けられているんだと気付いたときの絶望のお芝居・・・!ロクサーヌが愛を告げてくれればくれるほどに絶望は広がっていって、元に戻りたいって訴える姿がすごく悲しくて。うまく言えないんだけどクリスチャンとしては成長していて、それでも一生懸命立っていようとする、毅然と振る舞おうとするその姿はかっこいいんだけど、このときが1番可愛いなーって思った。どんな時よりも、本当に心からロクサーヌが好きなんだなーっていうのが伝わってきた。そして自然と流れるきれいな涙に、ほんとしらすさまのこんなお芝居を見られて幸せだって思いました(*´v`*人)

でも、見てて結構クリスチャンわからないところあったなー。性格が悪いんだか、ただのおばかで可愛い子なのか、頭が良いんだか悪いんだか、その時々でしらすさまの魅力出てるんだけど、つかみきれなかったです。
暗がりのバルコニーで、シラノがクリスチャンに変わって愛の言葉を口にするのを見つめる姿の切なさに、クリスチャンはシラノの気持ちに気付いたのではないかと思わせるのに、そんなことないんだよね。確かに、しらすさまだったらもっともっと切なさ出せるなって思うくらいの表情なので、全力ではないんだよ。でもなまじ切ないお芝居じょうずだから、そのクリスチャンの視線とあと背中!その背中が、すごい複雑な心情を表しているように見て取れるんです。なのにその後出てくる言葉は「キスさせてください!」だし、2幕の手紙云々のやり取りで“やっぱり”ではなくて、初めて気付いたみたいな様子でシラノもロクサーヌを好きなのではって言う。あの時クリスチャンはどんな気持ちでシラノのことを見ているのか、すごい気になったし、わからなかったなー。
あーでもそのバルコニーのシーンで、シラノのセリフを嬉々として繰り返す姿と、ロクサーヌに鋭い指摘をされたときにロクサーヌとシラノに視線を行ったり来たりさせる姿、可愛くて大好きでした(〃∀〃人)Vv あと可愛かったの、その前のロクサーヌに呆れられちゃって、シラノに助けを求めたときの「(このままじゃ)死んじまうよ・・・」ね!3回繰り返すんだけど、3回目まじ子犬すぎて、可愛すぎてあまりの可愛さにイラっとして、死んじゃえ!って思った(過激派)。
あとキスシーン割とどきどきしました。ドラマとかで全然見てるのに、ベッドシーンも見てるのに・・・!なんかちょっとやっぱり生だと自分が思っていた以上にドキドキして、そのドキドキしている自分をリアルタイムで客観視して、ドキドキしてるじゃん自分!ってなったりしてた(笑)。たぶん実際してないんだけど(3回とも全然違う角度から見たんだけど、全部で見られなかった)。キスした後に近距離で顔を見合わせて笑っている姿があまりに絵になっていて素晴らしかったですVv 黒木さん57歳だって・・・、すごい・・・。

発表されたときも打ち震えたけど、吉田鋼太郎さんと恋敵になり、黒木瞳さんの胸の中で死んでいく・・・、そんなしらすさまのお姿を日生劇場で見られて、本当に本当にファンとして幸せだなって!今振り返ってびっくりしたんだけど、2nd氷帝公演って2011年?なの?そんなに前・・・(°д°;;)?! もうしらすさまを推して7年にもなるんですね、そんなに長く推せると思っていませんでした、私尻軽だから。ドラマでこれ以上ない素晴らしい演技を見せてくださるときもすごく幸せですが、また舞台は格別だなと思いました。本当に本当に、しらすさまを推してて幸せです。

終演後のスイーツお渡し会にも参加してきて、しらすさまとも会話できたのですが(お疲れの中申し訳ないなとは思う・・・)、いつものことながらしらすさまとの会話は死にたさしか生みません・・・_(:D) ̄|_ 接触のときだけは(自分のせいで)幸せを生みません・・・。つらい・・・。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

others

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.